プレスインフォメーションへ
2001年ニュースインデックスへ

プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2001年の目次へ

四輪製品ニュース
2001年9月18日
「CR−V」をフルモデルチェンジし発売

 Hondaは、1995年の発売以来世界累計100万台以上※1を販売し、乗用車の快適性をもつ独自のコンセプトで既存のSUVとは異なる新しい市場を開拓した「CR-V」※2をフルモデルチェンジし、9月20日(木)より全国のホンダベルノ店から発売する。

 コンセプトは「アクティブ・ユーティリティ‘More’CR-V」。新型CR-Vは、前モデルのコンセプトを継承しながらも各部を徹底的に進化させ、「乗用車のような乗り心地のよさとあらゆる路面状況に対応する力強い走り」、「広さと機能を追求した空間設計」、「どのようなシーンにも似合う洗練されたスタイリング」の3つの要件を満たすよう開発された。

 エンジンは「2.0L DOHC i-VTEC」を搭載、力強い走行性能と全タイプ13.0km/L※3以上の低燃費を実現し平成22年燃費基準に適合。全タイプ国土交通省「優−低排出ガス」認定を取得するなど、高い環境性能も実現している。

 グローバル・コンパクトプラットフォームの採用により、前モデルとほぼ同じボディサイズながら、室内長、室内高を拡大し、ユーティリティを大幅に向上。広々とした室内空間とクラストップレベルの荷室容量527L※4を可能にした。

 サイドフレームを低い位置に配置。セダンなどの乗用車との正面衝突時に相手車両への乗り上げを防止することで加害性を低減している。また、歩行者傷害軽減ボディを採用するなど、Gコントロール技術による世界最高水準の衝突安全性能を実現している。

 テールゲートにスペアタイヤを装着したアクティブなイメージの「パフォーマ」と、ボディ同色のバンパーを採用した都会的なイメージの「フルマーク」の2タイプを設定し、お客様の嗜好に合わせた選択が可能となっている。
※1 1995年10月から2001年7月まで(Honda調べ)
※2 Comfortable Runabout Vehicleの頭文字を組み合わせた車名
※3 10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)
※4 VDA方式によるHonda測定値

CR-V フルマーク iL(4WD)オプション装着車 CR-V パフォーマ iG
CR-V フルマーク iL(4WD)オプション装着車 CR-V パフォーマ iG

販売計画台数(国内・月間)3,000台
全国メーカー希望小売価格(消費税含まず、単位:千円)
タイプ エンジン 駆動 トランスミッション 価格  
パフォーマ iG 2.0L DOHC
i-VTEC
4WD 5MT 1,903
4AT 1,998  
パフォーマ iL 5MT 2,053  
4AT 2,148  
フルマーク iG FF 4AT 1,878  
4WD 2,058  
フルマーク iL FF 2,018  
4WD 2,198
★印は写真掲載タイプ
○ボディカラー
  新色3色を含め、全7色を設定。
キャンティレッド・パール(新色)、モハベミスト・メタリック(新色)、ジルコンブルー・メタリック(新色)、プレミアムホワイト・パール、サテンシルバー・メタリック、ナイトホークブラック・パール、クローバーグリーン・パール
外装色プレミアムホワイト・パールは30千円高。
○主なメーカーオプション
  前席用i-サイドエアバッグシステム(助手席乗員姿勢検知機能付)は、45千円高。
4WD用VSA(ABS+TCS+横すべり抑制)は90千円高(フルマーク4WD車、パフォーマAT車に設定)。
リアカメラ付ホンダ・ナビゲーションシステム(MD/CDプレーヤー&AM/FM/TVチューナー+4スピーカー、AV入力端子付)は、220千円高。
MDプレーヤー&AM/FMチューナー+4スピーカーは55千円高。
MDプレーヤー&6連奏CDチェンジャー&AM/FM/TVチューナー+6スピーカーは、100千円高(iLに設定)。
コーナーセンサーは30千円高(iLに設定)。
薄型電動スモークドガラス・サンルーフ(チルトアップ機構付)は、90千円高(iLに設定)。
本革シート(フロントシートヒーター付)は130千円高(フルマークiL、パフォーマiL(AT車)に設定)。
ディスチャージヘッドライト(ハイ/ロービーム)は50千円高。
15インチアルミホイール(4本セット)は、50千円高(フルマークiGに設定)。
15インチアルミホイール(5本セット)は、60千円高(パフォーマiGに設定)。
Dパッケージ(ボディ同色バンパー、ボディ同色電動格納式リモコンドアミラー、ボディ同色ドアハンドル、ボディ同色サイドプロテクター、ボディ同色大型テールゲートガーニッシュ、ボディ同色ハードタイプ・スペアタイヤカバー)は75千円高(パフォーマに設定)。
  メーカーオプションは組み合わせによって同時装着できない場合がある。また、他の複数のメーカーオプションとのセット装着になる場合がある。

新型CR-Vの主な特長

<エクステリア>
シャープ&タフネスをテーマに、プロテクトモチーフをボディ全周に採用し、力強いイメージでありながらあらゆるシーンに似合う洗練されたデザインとした。
テールゲートにスペアタイヤを装着し、ブラックのバンパーやテールゲートガーニッシュを採用した力強くアクティブなイメージの「パフォーマ」と、荷室床下にスペアタイヤを収納しボディ同色のバンパーを採用した都会的なイメージの「フルマーク」の2タイプのエクステリアデザインを設定し、お客様の嗜好に合わせた選択を可能とした。

<インテリア>
アクティブ&ファンクションを追求、日常での使い勝手のよさとレジャーの楽しさを広げる多彩な機能を進化させながらシンプルかつ力強いデザインとした。
新デザインのインパネシフト(AT車)とインパネ配置パーキングブレーキは、手が届きやすく、さらにスムーズなウォークスルーも可能にした。

<パッケージング/ユーティリティ>
グローバル・コンパクトプラットフォームの採用により低床、ショートノーズ化を実現。外寸は前モデルとほぼ同じサイズにしながらも、前モデル比で室内長を65mm、室内高を20mm、室内幅を35mm拡大、ゆったりした室内空間を実現している。
後席は6:4分割シートを採用。45°のリクライニング角度と前後170mm、5段階のシートスライドが左右独立で可能。簡単で使い勝手のよいシートアレンジを可能にした。
後席はヘッドレストを装着したまま左右独立でダブルフォールディング収納が可能。後席収納時容量952L(前モデル比+284L)※5のカーゴスペースを実現。
カーゴスペースは後席使用時でも、後席を前後にスライドさせることで527L〜628L※6の容量を確保。
大きく横に開くテールゲートと、小さく上に開き狭い場所での開閉や小さな荷物などを入れるのに便利なガラスハッチを持つ2WAYテールゲートを採用。
インストルメントパネル部にはインパネ・マルチボックスを設定、大きくて奥行きのあるボックス内には500mLのペットボトルを2本収納することができ、エアコンの風をボックス内に取り入れ飲み物を保冷することも可能。また、前席中央には折りたたみ収納が可能なセンターテーブル(2カップホルダー付)を、配置するなど、室内には豊富な収納を実現。
アウトドアなどでの楽しさを広げる大型のビルトイン・テイクアウトテーブルはカーゴフロアにすっきりと収納することが可能。
リアカメラ付ホンダ・ナビゲーションシステム※7を採用。充実したナビゲーション機能に加え、カラーリアカメラにより十分な後方視界を確保するとともに車幅や距離の目安になるガイドラインも表示している。セット装着のAV入力端子は接続が便利なインパネ内に設置。
リアワイパーにライズアップ機構を採用。通常時はワイパーがガラスハッチの見切り線より下のテールゲートに位置し、リアワイパー使用時には一段持ち上がってリアガラスを払拭。これにより良好な後方視界を確保するとともに、ガラスハッチを軽くすることで開閉の操作性を高めている。
※5、※6 VDA方式によるHonda測定値
※7 全タイプにメーカーオプション

<動的性能>
2.0L DOHC i-VTECエンジン
ホンダ独創のVTEC(可変バルブタイミング機構)にVTC(連続可変位相機構)を組み合わせた、高知能化機構の新世代エンジン2.0L DOHC i-VTECを全タイプに採用。
可変管長インテークマニホールド、後方デュアル排気システムなどの採用により116kW(158PS)※8の高出力、13.0q/L※9の低燃費、国内「優−低排出ガス」レベルの排出ガスのクリーン化を高い次元で達成。
※8 ネット値
※9 4WD AT車10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)

4速オートマチックトランスミッション
リニアソレノイドによるクラッチ圧直接制御と新制御ロジックの採用により、運転環境の変化に対応する高精度かつ最適な変速制御を可能とした。
2速から4速の広範囲でロックアップ制御をおこなうアクティブ・ロックアップIIを採用。低燃費でなめらかな走りに寄与している。

4WD
通常はほぼFF状態で走り、滑りやすい路面など走行状況に応じて後輪にも適切な駆動力を配分するリアルタイム4WDを採用。軽量、コンパクトなデュアルポンプシステムは、最適なチューニングによって高い制御精度と応答性を確保している。

サスペンション
フロントにはショートノーズに対応したトーコントロールリンク・ストラットサスペンションを採用し、高いロール剛性、高速安定性、リニアなハンドリングを確保。スペース効率の高い構造とエンジンのコンパクト化により、最小回転半径5.2mというクラストップレベルの取り回し性を実現。
リアには、スプリングとダンパーを床下に配置することで低床化と荷室のスペース効率化に有効な、リアクティブリンク・ダブルウイッシュボーン式を採用。各部品の高剛性化により優れた安定性と車体収束性を実現している。

ボディ
コンピュータシミュレーションや実車による検証によりフレーム全体のねじり剛性を大幅に向上。フロントダンパーベースガセットとストラットバーの配置により、ダンパー入力を効果的に分散。また、フロント周辺のアッパーメンバーの構造を大断面化し、高荷重部位の板厚をアップするとともに、リア周辺へホイールハウスガセットとリアフレームバーを配置するなど、高剛性化を実現。乗用車らしい高い操縦安定性を確保している。

<安全性能>
Honda独自のGコントロール技術に基づく、前面フルラップ衝突55km/h、前面オフセット衝突64km/h、側面衝突55km/h、後面衝突50km/hの衝突に対応した世界最高水準の新・衝突安全設計ボディ。
さらに現実の事故実態を見つめ、Honda独自の目標を設定したクルマ対クルマの衝突実験※10を実施。従来の固定バリアへの衝突に比べてより厳しい対応が要求されるこの衝突実験においても目標値をクリアする高い安全性能を確保している。
サイドフレームを低い位置に配置。車高の低いセダンなどの乗用車との衝突時に相手車両への乗り上げを防止することで加害性を低減している。
歩行者傷害軽減ボディの対策部位を拡大。ラジエーターを固定しているブラケットが衝突時に奥に倒れ衝撃を吸収する、衝撃吸収ラジエーターブラケット折れ構造を採用。
乗員頭部衝撃保護インテリアに加え、前席には頚部衝撃緩和シートを採用。
運転席用&助手席用SRSエアバッグシステムの全タイプ標準装備に加え、1列目シート用i-サイドエアバッグシステム(助手席乗員姿勢検知機能付)もメーカーオプションで設定。
ISO FIX対応チャイルドシート固定専用バー(後席左右)に加え、テザーアンカーを標準装備。
※10 相手重量2トンクラスまでの乗用車、双方の衝突速度50km/h、50%前面オフセットの衝突実験

<環境性能>
排出ガス中の大気汚染物質(HC、NOx)を大幅に低減。平成12年排出ガス規制値の50%以下まで低減したクリーン性能を実現し、全タイプ、国土交通省「優−低排出ガス」認定を取得。
13.0km/L※11というクラストップレベルの低燃費を達成、全タイプ平成22年燃費基準適合。
生産段階からリサイクルを考慮し、室内成形部品のほとんどにリサイクル性に優れたオレフィン材を使用。クルマ全体で90%以上※12のリサイクル可能率を達成している。
※11 4WD AT車 10・15モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)
※12 Honda独自の算出方法による

優遇税制について
CR-Vは、「グリーン税制」による減税措置が適応される。
自動車取得税の減税措置
課税標準額から定額30万円を控除→自家用車の場合は定額15,000円の減額
自動車税の減税措置
「低排出ガス」認定のランクに応じて登録の次年度より2年間減税
CR-Vの場合:「優−低排出ガス」認定車=25%軽減(税額の端数は500円単位で切り上げ)9,500円の減額(2年間で19,000円減額)
 
環境にやさしい自動車の開発・普及を促進する、自動車税のグリーン化、「グリーン税制」が平成13年4月より施行された。
この制度により、国土交通省の「低−排出ガス」認定車で、かつ平成22年燃費基準に適合する自動車は、自動車取得税、および自動車税の減税措置を受けることができる。

関連情報 4輪製品のページへ

FACT BOOKのページへ



プレスルームへプレスインフォメーションへ