プレスインフォメーションへ
2001年ニュースインデックスへ

プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2001年の目次へ

四輪製品ニュース
2001年2月20日
新型シビック3ドアをジュネーブモーターショーで発表
本田技研工業(株)の欧州現地法人であるホンダモーター・ヨーロッパ・リミテッド(本社:英国バークシャー州、社長:原田 実)は、2001年2月19日(現地時間)に以下を発表致しましたので、その内容をご案内致します。

<ご参考>
 ホンダモーター・ヨーロッパは、新型シビック3ドアを、2月27日からスイスで開催される2001年ジュネーブモーターショーに展示すると発表した。

 このモデルは、2001年夏よりHondaの英国生産拠点Honda of the U.K. Manufacturing Ltd.(HUM)で生産を開始し、同年秋から欧州にて発売される。この3ドアの追加により、シビックは2ドア、3ドア、4ドア、5ドアの4バリエーションとなり、多様化する顧客ニーズに応えるラインアップとなる。シビック3ドアは、Hondaのグローバル生産戦略の一環としてHUMでのみ生産されるモデルであり、今秋より日本への輸出を計画している。

 発売以来、高い評価を得ている新型シビックの安全性については、この3ドアにおいてもEuro-NCAP衝突安全基準において4スターレベルを達成する高い衝突安全性(社内テスト値)を実現するとともに、Honda独自の歩行者保護技術も採用するなど世界トップレベルを実現している。さらに、クラストップレベルの低燃費やクリーンな排出ガスなどの高い環境性能と高い走行性能を両立している。また、グローバルコンパクトプラットフォームによる低床フルフラットフロアの採用によるゆとりのある室内空間や、力強く存在感のあるエクステリアデザインの採用など、シビックラインアップの中でもっともスポーティーな位置づけとなっている。

 新型シビック3ドアの設定タイプは、200馬力の高出力型2.0L「i-VTEC」エンジン搭載のタイプR、「1.4L SOHC」、「1.6L SOHC VTEC」の3タイプとなる。

ジュネーブモーターショー展示モデル シビック タイプR シビック3ドア 1.6L ES
ジュネーブモーターショー展示モデル
シビック タイプR
シビック3ドア 1.6L ES

関連情報 4輪製品のページへ


プレスルームへプレスインフォメーションへ