プレスインフォメーションへ
2001年ニュースインデックスへ

プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2001年の目次へ

二輪製品ニュース
2001年2月20日
大型スポーツバイク「ファイアーストーム」をマイナーチェンジし
盗難抑止システムの採用など装備の充実を図り発売


 Hondaは、高性能な水冷・4ストローク・V型2気筒1000ccエンジンを搭載した大型スポーツバイク「ファイアーストーム」に、盗難抑止に効果的な「H・I・S・S」を採用するなど、装備を充実させ2月21日より発売する。

 このファイアーストームは、’97年3月に発売以来、市街地から郊外のワインディングロードまで、力強く素直な走り味が楽しめるスポーツバイクとして、ベテランライダーを中心に支持されているモデルである。
 今回、国内モデルで初採用したHonda独自の盗難抑止システム「H・I・S・S」は、強化タイプのコンビネーションロックに加え、オリジナルキーに内蔵されたチップがエンジンコントロールユニットからの信号を認識し、信号が合致しない限りエンジンが始動できないシステムで、盗難抑止に優れた効果を発揮するものとなっている。
装備面では、燃料タンク容量を従来モデルの16Lから18Lに増量させている。
また、リアサスペンションは、国内モデル専用仕様とし、新たにサブタンク付きフルアジャスタブル機構を採用する事で、様々な路面で追従性に優れたものとしている。

※Honda Ignition Security System

ファイアーストーム
ファイアーストーム

販売計画台数(国内・年間) 1,000台
メーカー希望小売価格 920,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は30,000円高、沖縄は10,000円高、その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)

=ファイアーストームの主な変更点=

盗難抑止に優れた効果を発揮する「H・I・S・S」を国内モデルで初採用
欧州仕様車で採用し好評を得ているHonda独自の盗難抑止システムH・I・S・Sを採用。駐車時のシステム作動時には、一定時間メーター内のインジケーターランプが点滅し、盗難を未然に抑止する効果を併せ持たせている。
 
国内排出ガス規制に適合したエンジン
排出ガス浄化システムとして、エアインジェクションシステム(二次空気導入装置)を採用している。
 
充実した装備
燃料タンク容量を、従来モデルに比べ2L増量の18Lとする事で、航続距離をアップさせ給油の頻度を少なくしている。
ハンドルのグリップ位置を従来モデルに比べ、16mmアップさせている。
新デザインの多機能デジタルメーターを採用。燃料計と時計機能を新たに設けている。
フロントとリアのウインカーランプの形状をよりシャープなデザインとしている。
サブタンク付フルアジャスタブル機構のリアサスペンションを採用。(国内専用)
ハザードランプを新たに採用。(国内専用)
ハンドルグリップエンドにメッキを施し質感を向上。(国内専用)
フロントフォーク部のアジャスターナットをブルーのアルマイト塗装とし質感を向上。(国内専用)
 
車体色
鮮烈なイメージのイタリアンレッド1色の設定。

主 要 諸 元

通称名 ファイアーストーム
車名・型式 ホンダ・BC-SC36
全長×全幅×全高(m) 2.050×0.720×1.155
軸距(m) 1.430
最低地上高(m) 0.135
シート高(m) 0.810
車両重量(kg) 218
乾燥重量(kg) 193
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.9
エンジン型式 SC36E(水冷・4ストロークDOHC・V型2気筒)
総排気量(cm3) 995
内径×行程(mm) 98.0×66.0
圧縮比 9.4
最高出力(kW[PS]/rpm) 68[93]/8,500
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 85[8.7]/7,000
燃料消費率(km/L) 25.1(60km/h定地走行テスト値)
キャブレター型式 VPT3D
始動方式 セルフ式
点火装置形式 CDI式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) 4.5
燃料タンク容量(L) 18
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 2.733
2 速 1.812
3 速 1.428
4 速 1.206
5 速 1.080
6 速 0.961
減速比(1次/2次) 1.681/2.562
キャスター(度)/トレール(mm) 24°50´/97
タイヤサイズ 120/70 ZR17 (58W)
180/55 ZR17 (73W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド

関連情報 2輪製品のページへ


プレスルームへプレスインフォメーションへ