プレスインフォメーションへ
2000年ニュースインデックスへ

プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2000年の目次へ

四輪製品ニュース
2000年6月22日
介護車仕様「オデッセイ・アルマス」を新発売

 本田技研工業(株)は、高性能な走りと快適な居住空間を両立し好評の「オデッセイ」に、助手席が電動で回転、昇降するリフトアップシートの介護車仕様「オデッセイ・アルマス」を新設定、7月17日(月)より全国のホンダ四輪全ディーラーから発売する。

 この「オデッセイ・アルマス」は、2.3L「オデッセイ」の快適な居住空間はそのままに、機能的で使い勝手の良い介護車仕様として開発したものである。
 電動回転助手席リフトアップシートは簡単な操作で外側に回転・昇降し、座面地上高を車いすの座面と同じ高さに設定したことにより、車いすからの乗り移りをしやすくしている。
 リア収納スペースには折りたたみ式車いすを立てて収納でき、専用装備の車いす固定用カバーやネットにより、機能的でスマートな収納を実現している。
 このクルマはベース車同様、全車平成12年排出ガス規制に適合し、さらに運輸省低排出ガス車「優−低排出ガス」(50%低減レベル)に認定されている。なお、架装業務はホンダ特装(株)が行う。

介護車仕様「オデッセイ・アルマス」Mタイプ(7人乗り)
介護車仕様「オデッセイ・アルマス」Mタイプ(7人乗り)

販売計画台数(国内・年間) 250台

●「オデッセイ・アルマス」の主な特長
  多彩なシートアレンジが可能な「オデッセイ」2.3L車 全タイプ(S、M、L)のベンチシート仕様をベースに、機能的で操作性の良い電動回転助手席リフトアップシートと折りたたみ式車いすの固定用カバーやネットを標準装備した7人乗りタイプの介護車。
助手席はスイッチひとつでスムーズに回転昇降する電動油圧式の回転昇降装置を採用。
(最大昇降能力100kg)
助手席の座面地上高を車いすの座面と同じ高さに設定、さらに自在な高さ調整により、助手席と車いす間の乗り移りが楽になり、介護者の負担も軽減。
 *助手席 座面最低地上高:435mm(FF車)/450mm(4WD車)
車いすと助手席を近づけ乗り移りがしやすいように、回転角度の大きい助手席とドア開口角度が広い専用設計の助手席左側ドア。
介護を必要とする方の身体をやさしく安全に保持するための充実した装備類(標準装備)。
 ・助手席右側アームレスト ・フットプレート ・胸部/脚部固定用ベルト
車いすの収納や積み下ろしの際、リアゲート開口部のキズ付きや汚れを防止する専用カバーと車いすをしっかり固定する専用ネットを標準装備している。
三列目シートは、車いすのサイズに合わせて背もたれを4段階に角度調整が可能である

希望小売価格(消費税は非課税対象。単位:千円) ★印:写真掲載タイプ
タイプ エンジン 駆動 東京 名古屋 大阪 福岡 仙台 札幌 沖縄  
S 直列4気筒
2.3L VTEC
FF 2,635 2,637 2,639 2,664 2,651 2,680 2,714  
M 2,785 2,787 2,789 2,814 2,801 2,830 2,864
L 3,155 3,157 3,159 3,184 3,171 3,200 3,234  

※1 全車平成12年排出ガス規制適合。さらに運輸省低排出ガス車「優−低排出ガス」(50%低減レベル)認定車。
※2 価格は電子制御4速オートマチック(Sマチック)車。
※3 4WD車は Sタイプ、Mタイプに250千円高、Lタイプに220千円高で設定。
※4 プレミアムホワイトパール車は30千円高(Mタイプ、Lタイプに設定)
※5 メーカーオプション
ホンダナビゲーションシステム(7インチワイドディスプレイ/TVチューナー、付) 230千円高
(Sタイプ、Mタイプに設定。Lタイプは標準装備)
フロント電動ガラス・サンルーフ 80千円高(Mタイプ、Lタイプに設定)
アルミホイール 60千円高(Mタイプに設定。Lタイプは標準装備)
ディスチャージヘッドライト(ロービーム) 50千円高(Sタイプ、Mタイプに設定。Lタイプは標準装備)
コーナーセンサー&バックソナー 40千円高

<アルマス ALMAS>
  スペイン語の「心=ALMA」からの造語。ホンダとして心を込めて開発した気持ちを表現している。




プレスルームへプレスインフォメーションへ