プレスインフォメーションへ
1999年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1999年の目次へ

四輪製品ニュース
1999年12月2日
ホンダ、「オデッセイ」をフルモデルチェンジし発売

 本田技研工業(株)は、1994年10月の発売以来、国内販売累計42万台*1を超えるベストセラーカーのオデッセイをフルモデルチェンジし、直列4気筒エンジン搭載車を12月3日より、V型6気筒エンジン搭載車を、2000年1月21日よりホンダ四輪全ディーラーから発売する。

 2代目となる新型オデッセイは、上級セダンに匹敵する高性能な走りを具現化しつつ、さらなる快適性と使い勝手の向上を目標に開発された。特にインテリアではスペアタイヤの床下収納への変更や、3列目シートもシートピローを取り外すことなく一体での床下収納を可能にするなど、使い勝手の一層の向上を図っている。

 Sタイプおよび最量販モデルであるMタイプ(FF車)については、安全・環境性能の向上とともに、各種装備の充実を図りながらも価格を据え置きとし、さらに、上級モデルであるLタイプ(FF車)についても、7インチワイドディスプレイ/TVチューナー付のホンダ・ナビゲーションシステムをはじめ、3列目ヒーターアウトレットなどを標準装備としながらも、従来モデルに対し、7万円高に押さえるなど、大変お買い得感のある価格設定としている。

*11999年10月現在(ホンダ調べ)

オデッセイ Mタイプ(6人乗り)
オデッセイ Mタイプ(6人乗り)

販売計画台数(国内・月間) 6,000台

希望小売価格(消費税含まず、単位:千円、
7人乗りベンチシート仕様、6人乗りキャプテンシート仕様とも)
タイプ エンジン 駆動 東京 名古屋 大阪 福岡 仙台 札幌 沖縄
S 直列
4気筒
2.3L
VTEC
LEV
FF 2,125 2,127 2,129 2,154 2,141 2,170 2,204
M 2,275 2,277 2,279 2,304 2,291 2,320 2,354
L 2,595 2,597 2,599 2,624 2,611 2,640 2,674
S 4WD 2,375 2,377 2,379 2,404 2,391 2,420 2,454
M 2,525 2,527 2,529 2,554 2,541 2,570 2,604
L 2,815 2,817 2,819 2,844 2,831 2,860 2,894
VG V型
6気筒
3.0L
VTEC LEV
FF 2,675 2,677 2,679 2,704 2,691 2,720 2,754
VZ 3,125 3,127 3,129 3,154 3,141 3,170 3,204
VG 4WD 2,925 2,927 2,929 2,954 2,941 2,970 3,004
VZ 3,345 3,347 3,349 3,374 3,361 3,390 3,424
注1) 印が写真掲載モデル。
注2) プレミアムホワイトパール車は30千円高(Sタイプを除いて設定)。
注3) 主なメーカーオプションは以下。
ホンダ・ナビゲーションシステム(7インチワイドディスプレイ/TVチューナー付)は、S、Mタイプに装着する場合は230千円高。VGタイプに装着する場合は220千円高(L、VZタイプには標準装備)。
本革内装は200千円高(L、VG、VZタイプに設定)。
オイスターインテリアは220千円高(L、VZタイプに設定)。
BOSEサウンドシステムは70千円高(L、VGタイプに設定。VZタイプには標準装備)。
フロント電動ガラス・サンルーフは80千円高(Sタイプを除いて設定)。
アルミホイールは60千円高(M、VGタイプに設定。L、VZタイプには標準装備)。
ディスチャージヘッドライト(ロービーム)は50千円高(S、M、Lタイプに設定。VG、VZタイプには標準装備)。
コーナーセンサー&バックソナーは40千円高(全タイプに設定)。


新型オデッセイの主な特長

エクステリア

 オデッセイのアイデンティティを継承しながら、低重心&ワイドスタンスを基本テーマに、確かな存在感のある力強さとともに空力性能を徹底追求し、上質感と安定感を併せ持つフォルムとした。

インテリア

 全タイプ、7人乗りベンチシート仕様と6人乗りキャプテンシート仕様を設定し、前・中・後席の3列それぞれの快適性を追求。また、前・後に380mmスライドが可能な2列目シート、ビルトインタイプのエアコンの採用、スペアタイヤの床下収納で快適さを増した3列目シートなどに加え、インテリアの素材・デザイン・仕上げにもこだわり、機能的で上質な深い安らぎを持てる快適な空間を創出した。

乗員一人ひとりの心地良さを高めるエアコンディショナーを装備。
デュアルフルオートエアコンディショナーを標準装備(S、M、VGタイプについては、FF車リア席にマニュアルクーラーを標準装備)。リア席は室内天井部へのビルトインタイプを採用し、専用のコントロールスイッチと独立した4つの吹き出し口の設置により、さらに快適性を追求。
上質感を醸し出すオフホワイト系のオイスターカラー本革と、明るいイエロー系の木目調パネルとの調和が美しいオイスターインテリアを設定(L、VZタイプにメーカーオプション)。
さらに広がりを持った室内と多彩になったシートアレンジ。
1列目シートから3列目シートへの居住スペースを25mm拡大したゆとりの室内。
2列目シートに6:4分割スライドも可能な座面跳ね上げ機構を採用。最大380mmのロングスライド(折り畳み時)が可能なウォークイン機能で、3列目シートへの乗降性を向上させた2列目シート(7人乗りベンチシート)。
スペアタイヤを床下収納することにより、さらに快適性を増した3列目シート。
シートピローを取り外すことなく収納可能な3列目シートの採用により、さらに高めた利便性。
乗降性に優れる低いサイドシルと低床フラットフロア。
ウォークスルーに便利なフットパーキングブレーキを新たに採用。
室内高の拡大により、さらにゆとりを増した室内空間と快適なヘッドクリアランス。
より充実したホンダ・ナビゲーションシステム
7インチワイドディスプレイ採用のホンダ・ナビゲーションシステム(L、VZに標準装備。S、M、VGにメーカーオプション)。

動的性能

 低速域から高速域に至るまで、「安心」をキーワードに高性能セダンと同等の滑らかな走りと快適な乗り心地を実現している。


エンジン
 直列4気筒2.3L VTECエンジン(S、M、Lタイプ)、V型6気筒3.0L VTECエンジン(VG、VZタイプ)の2種類を用意。環境に配慮し、高出力と低燃費の両立とともに、徹底した静粛性をも実現している。

直列4気筒2.3L VTECエンジン
低・中速域でのトルクの向上とともに発進時から高速走行までスムーズな加速性能を実現。また、燃焼効率の向上などにより、出力やトルクを犠牲にすることなく、11.0km/L*2の優れた低燃費を達成している。
V型6気筒3.0L VTECエンジン
点火時期の最適設定による高圧縮比化、電動EGRバルブの採用などにより154kW(210PS)/5,800rpmの高出力と9.2km/L*3の優れた燃費性能を実現している。
 
*2、*3 10・15モード(運輸省審査値)

トランスミッション
 シフトレバーをセンターパネル内にレイアウトしたインパネシフトを採用。また、エンジン特性に合わせ、5速と4速の、2つの電子制御式オートマチックトランスミッションを用意。どちらもSマチック機構付とし、操る楽しさと軽快な操作性を実現している。

S、M、Lタイプには、きめ細やかな制御により変速ショックを低減し、直列4気筒2.3L VTECエンジンのスムーズな走りを実現するダイレクト制御4速オートマチックを採用。また、アクティブ・ロックアップ機構とともにプロスマテックの採用により、登・降板時の走行性能や燃費の向上も実現している。
VG、VZタイプには、V型6気筒3.0L VTECエンジンの余裕ある走りを最大限に引き出す新開発のダイレクト制御5速オートマチックを採用し、変速中のロックアップ制御を可能にするなど、走りと燃費を高次元でバランスしながら高品位なシフトクオリティを実現している。

ボディ
フロントのストラット・タワーバーの採用、リアサスペンションの取付部のクロスメンバーの強化などにより、曲げ剛性、捻り剛性を向上。しっかりとした「安心感」のある走りを生み出す高剛性ボディを実現している。

低重心&ワイドスタンス設計
基本から低重心設計としたことで、高速走行時でも安定感のある走りを実現。ワイドスタンスのサスペンションの最適なセッティングにより、高速直進性やトレース性などの向上を実現している。

ブレーキ
四輪ディスクブレーキにEBD(電子制御制動力配分システム)付ABSを採用。フロントは16インチの大径ベンチレーテッドディスクとし、放熱性を高めるとともに高い制動能力を発揮している。
ブレーキアシストシステムの採用によりドライバーのペダル踏力も補助。

サスペンション
ホンダ独創の四輪ダブルウイッシュボーン・サスペンションを採用。安定感と上質感のある走りを実現している。

静粛性
フロアのほぼ全域、ドア周辺部、ダッシュボードなどに遮音材・吸音材を隙間なく敷き詰めることで、ロードノイズやエンジン透過音の進入を防いでいる。
停車中のエンジンの振動や加速中の吸・排気音、風切り音についても配慮。電子制御式液封エンジンマウントの採用や、ドアミラーやワイパー形状などへの細部にわたる見直しにより、停車中から高速走行時まで高い静粛性を実現している。

安全性能

 ホンダ独自のGコントロール技術に基づく、前面フルラップ衝突55km/h、前面オフセット衝突64km/h、側面衝突55km/h、後面衝突50km/hの衝撃に対応した世界最高水準の新・衝突安全設計ボディとするとともに、歩行者傷害軽減ボディ、および乗員頭部保護技術も採用。

環境性能

 全タイプ「HONDA LEV」とし、排出ガス中の有害物質(CO、HC、NOx)を大幅に低減。平成12年排出ガス規制値を50%以上下回るクリーン性能を実現するとともに、直列4気筒2.3L VTECエンジン搭載車は、全タイプ、平成22年燃費基準にも適合するなど、優れた燃費性能も達成している。



プレスルームへプレスインフォメーションへ