プレスインフォメーションへ
1999年ニュースインデックスへ

プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■1999年の目次へ

二輪製品ニュース
1999年9月13日
原付メットインスクーター「Dio(ディオ)」シリーズをマイナーチェンジし発売


 本田技研工業(株)は、初心者はもとより幅広い層に愛用されている50ccのメットインスクーター「Dio」「Dio ZX」をマイナーチェンジするとともに、お求めやすい価格の「Dio・J」をタイプ追加し、それぞれ国内の新排出ガス規制に適合させ9月14日より発売する。
このDioは、'88年に初代モデルを発売以来、取り回しの良い車体サイズや力強い出力特性のエンジンなどで、国内においてシリーズの累計販売台数が280万台を突破するなど、幅広い層に好評を得ているモデルである。
 今回、3車種ともに、キャブレターのセッティングを変更するとともに、マフラー内部に酸化触媒(キャタライザー)を採用することで、国内の新排出ガス規制に適合させている。
 ※1999年8月末現在。(ホンダ調べ。)

Dio Dio ZX
Dio
Dio ZX

●販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計 120,000台

●メーカー希望小売価格 Dio・J 144,000円
Dio 157,000円
Dio ZX 179,000円
 (地域希望小売価格の一例:北海道は8,000円高、沖縄は5,000円高。その他一部地域を除く。)
 (参考価格。消費税を含まず。)


=今回のモデルの変更点(シリーズ共通)=
キャブレターのセッティングを変更し、マフラーの内部に酸化触媒(キャタライザー)を採用することでCO、HCの削減を図り、国内の新排出ガス規制に適合させている。
マフラーの構造を変更することで、国内の新騒音規制に適合させている。

=各モデルの主な変更点=
◎Dio
 ・リアキャリアの大型化。
 ・フロントフォークのボトムケース部のカラー変更。
 ・マフラープロテクターの形状変更。
◎Dio ZX
 ・マフラープロテクターの形状変更。
 ・スケルトンタイプのリアスポイラーの採用。

今回新たにタイプ設定したDio・Jは、Dioをベースに、フロントブレーキをドラムに変更している。

=従来からの主な特長=
 ・フルフェイスヘルメットなどが収納できるメットインスペース。
 ・盗難の抑止に効果的なセンタースタンドをロックできる「ロックイン機構」。
 ・大容量6.0Lの燃料タンク。
 ・前・後チューブレスタイヤ
 ・簡便な操作で効果的な制動力が得られる前・後輪連動ブレーキ「コンビ・ブレーキ」
  システム。(Dioのみの装着)

=カラーバリエーション=
タイプ ボディカラー
Dio・J シャスタホワイト ブラック
   
Dio ポーセリンシルバーメタリック キャンディグローリーレッド
べガブラックメタリック  
Dio ZX ピュアブラック ブーンシルバーメタリック
パールシーシェルホワイト  

主要諸元

通称名

Dio Dio J Dio ZX

車名・型式

ホンダ・BB-AF35 ホンダ・BB-AF34 ホンダ・BB-AF35

全長×全幅×全高(m)

1.675×0.625×
0.995
1.675×0.615×
0.995
1.675×0.630×
0.995

軸距(m)

1.145

最低地上高(m)

0.105

シート高(m)

0.700

車両重量/乾燥重量(kg)

75/69 73/67 75/69

乗車定員(人)

1

燃料消費率(km/L)
(30km/h定地走行テスト値)

49.0

最小回転半径(m)

1.80

エンジン型式

AF34E 空冷2ストローク単気筒

総排気量(cm3)

49

内径×行程(mm)

40.0×39.3

圧縮比

7.1

最高出力(PS/rpm)

5.6/6,500 6.3/7,000

最大トルク(kgm/rpm)

0.64/6,000 0.66/6,500

キャブレター型式

APBC

始動方式

セルフ式(キック式併設)

点火方式

CDI式マグネット点火

潤滑方式

分離潤滑式

潤滑油容量(L)

1.3

燃料タンク容量(L)

6.0

クラッチ形式

乾式多板シュー式

変速機形式

無段変速式(Vマチック)

変速比

1速

2.450〜0.850 2.850〜0.860

キャスター(度)/トレール(mm)

25°40′/72

タイヤサイズ

3.00-10 42J 90/90-10 50J

3.00-10 42J 90/90-10 50J

ブレーキ形式

油圧式ディスク
機械式リーディング・
トレーリング
油圧式ディスク

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式

テレスコピック式

ユニット・スイング式

フレーム形式

アンダーボーン


プレスルームへプレスインフォメーションへ