プレスインフォメーションへ
1995年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1995年の目次へ

二輪製品ニュース
1995年8月4日
粘り強く扱い易い4サイクルエンジン搭載の高級感あふれる
メットインスクーター「ホンダスペイシー125」を発売


 本田技研工業(株)は、なめらかで粘り強い出力特性の4サイクルエンジンを搭載し、高級感あふれるスタイルで好評のスクーター「ホンダスペイシー125」をフルモデルチェンジし、8月22日より発売する。

 このスペイシー125は、1983年に発売以来、4サイクルエンジンならではの使い勝手と 経済性に優れたスクーターとして、男性アダルトユーザーを中心に好評を得ているモデルで、今 回、ボディとエンジンを一新するとともに、フルフェイスヘルメットや小物の収納に便利なメッ トイントランク(容量20L(※))をシートに新たに設けるなど、装備面、機能面の充実を図っ ている。また、新設計のフレームの採用によって、125ccスクータークラスで最も低いシー ト高(745mm)を実現するとともに、フロアーの幅を絞り込んだフラットフロアーの採用に よって、足着き性を一段と向上させた取り回しに優れたサイズのスクーターとしている。
 メーカー希望小売価格は、装備、機能面での大幅な充実を図りながら、従来のモデルと同価格 の314,000円とし、お求め易い価格設定としている。
ホンダスペイシー125
ホンダスペイシー125

販売計画台数(国内・年間) 6,000台
メーカー希望小売価格 314,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は12,000円高、沖縄は8,000円高、その他  一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)

   

 エンジンは、新設計の空冷・4サイクル・水平単気筒・124cm3を搭載し、ワイドレシオ のVマチック(無段変速)機構とあいまって、低・中速域で粘り強くなめらかな走り味を発揮さ せるとともに高い静粛性と耐久性をも実現している。

 足回りは、フロントにブレーキング時の沈み込みを押さえるアンチノーズダイブ機構を搭載し た油圧ダンパー装備のボトム・リンク式サスペンションを採用。リアは、2人乗りの際にも安定 した性能を発揮する油圧式ダンパー装備のユニット・スイング式としている。また、前・後のホ イールには、新たに軽量・高剛性のアルミホイールを採用するとともにチューブレスタイヤを組 み合わせて装備している。

 ブレーキは、フロントに制動フィーリングに優れた油圧式の大径シングルディスク(φ190 mm)を新たに採用。リア・ブレーキは、ドラム径を従来モデルに比べ20mm大径化した φ130mmとすることで制動フィーリングを一層高めている。

 これらに加え、2人乗りにも十分なサイズの座り心地の良い大型シートによって、快適な乗り 心地と優れた走行安定性を両立させている。

 外観は、フロントからリアまで流れるような曲面で構成されたエアロ・フォルムで、スタイリッ シュなものとしている。また、プロテクションモールをボディ全周にわたって配しボディを傷か ら守るとともに、スタイリングを引き締めるアクセントとしている。

 カラーリングは、軽快なパールシーシェルホワイトと落ち着いた深みのあるキャンディグレイ スフルパープルの2色を設定し、ユーザーニーズに応えられるものとしている。

(※)当社測定値


主要諸元
通称名
スペイシー125
型式
ホンダ・JF04
全長×全幅×全高(m)
1.790×0.685×1.095
軸距(m)
1.215
最低地上高(m)
0.120
シート高(m)
0.745
車両重量/乾燥重量(kg)
111/105
乗車定員(人)
2
燃料消費率(km/L)60km/h定地走行テスト値
43.0
最小回転半径(m)
1.9
エンジン型式
JF04E(空冷・4サイクル・OHC・単気筒)
総排気量(cm3)
124
内径×行程(mm)
52.4×57.8
圧縮比
9.5
最高出力(PS/rpm)
11/7,500
最大トルク(kgm/rpm)
1.1/6,500
キャブレター型式
VE44
始動方式
セルフ式
点火装置形式
CDI式バッテリー点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
1.0
燃料タンク容量(L)
6.5
クラッチ形式
乾式多板シュー式
変速機形式
無段変速式(Vマチック)
変速比  1速
2.640〜0.860
減速比(1次/2次)
2.800/3.076
キャスター(度)/トレール(mm)
27°/80
タイヤサイズ 
90/100-10 53J
90/100-10 53J
ブレーキ形式 
油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 
ボトム・リンク式
ユニット・スイング式
フレーム形式
アンダーボーン


プレスルームへプレスインフォメーションへ