プレスインフォメーションへ
1995年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1995年の目次へ

二輪製品ニュース
1995年1月18日
定評の50cc4サイクルエンジンを搭載した個性的なスタイリングの
原付レジャーバイク「ホンダ ダックス」を発売


 本田技研工業(株)は、定評のある扱い易い4サイクル・単気筒・50ccエンジンを搭載し、手ごろなサイズで愛嬌のある個性的なスタイリングの原付レジャーバイク「ホンダ ダックス」2月14日より発売する。

 このダックスは、'69年から'81年まで国内で販売され、愛嬌のある特徴的なスタイリングやゆったりとしたライディングポジションが得られる手ごろなサイズにくわえ、経済的で信頼性の高いエンジンを搭載することで好評を得ていたモデルで、昨今のアウトドア志向のたかまりやレジャーの多様化にあわせ、国内向けとして復活させ販売するものである。

ホンダ ダックス
ホンダ ダックス

販売計画台数(国内・年間) 4,200台
メーカー希望小売価格 198,000円
(地域希望小売価格の一倒:北海道は8,000円高、沖縄は5,000円高、その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)
 

 エンジンは、低・中回転域で扱い易い出力特性としながらも、高回転域ではスムーズな出力特性とし、クラッチ操作のいらない自動遠心式3段リターン変速機を組み合わせて装備することで、より扱い易いものとしている。また、カムチェーンの調整が不要のオートカムチェーンテンショナーや、補水不要の軽量・コンパクトなMFバッテリーを採用するなど、メンテナンス・フリー化にも配慮するとともに、始動が容易な12VのCDI式マグネット点火とすることで使い勝手の良いものとしている。

 車体・足廻りは,スマートで強靱なプレス・バックボーン・フレームに、フロントサスペンションには、シンプルな構造のテレスコピック式とし、前・後に太めのブロックパターンタイヤ(3.50−10 51J)を装着することで、快適な乗り心地としている。また、折りたたみが可能なアップハンドルや、着座位置にゆとりのあるロングシート(シート高:735mm)の採用などとあいまって、ゆったりとしたライディングポジションを実現している。
 さらに、フロントフェンダーやマフラープロテクターなど各部に質感の高いメッキ部品を採用し、アルミ製立体エンブレムや深みのあるメタリックレッドの車体色とあいまって個性を一段と際だたせている。


主要諸元
通称名
ダックス
車名・型式
ホンダ・A-AB26
全長×全幅×全高(m)
1.510×0.590×0.980
軸距(m)
1.045
最低地上高(m)
0.130
シート高(m)
0.735
車両重量/乾燥重量(kg)
75/72.3
乗車定員(人)
1
燃料消費率(km/L)30km/h定地走行テスト値
80.0
最小回転半径(m)
1.6
エンジン型式
AB26E(空冷・4サイクル・OHC・単気筒)
総排気量(cm3)
49
内径×行程(mm)
39.0×41.4
圧縮比
10.0
最高出力(PS/rpm)
2.6/7,000
最大トルク(kgm/rpm)
0.29/4,500
キャブレター型式
PB12
始動方式
キック式
点火装置形式
CDI式マグネット点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
0.8
燃料タンク容量(L)
2.5
クラッチ形式
自動遠心式
変速機形式
常時噛合式3段リターン
変速比 
1速
3.272
2速
1.823
3速
1.190
減速比(1次/2次)
4.058/2.857
キャスター(度)/トレール(mm)
27°00′/66
タイヤサイズ 
3.50-10 51J
3.50-10 51J
ブレーキ形式 
機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 
テレスコピック式
スイング・アーム式
フレーム形式
バックボーン


プレスルームへプレスインフォメーションへ