プレスインフォメーションへ
1994年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1994年の目次へ

二輪製品ニュース
1994年6月3日
力強く斬新なスタイルのカスタムスポーツバイク
「ホンダ V−ツインマグナ」を発売


 本田技研工業(株)は、高性能な水冷・V型2気筒・250ccエンジンを搭載し、市街地走 行から高速道路までゆったりとした走り味が楽しめ、しかもアメリカン・スタイル特有のロー& ロングの力強く斬新なスタイルのカスタムスポーツバイク「ホンダ V−ツインマグナ」6月 25日より発売する。

 このV−ツインマグナは、昨年の第30回東京モーターショーに参考出品し、軽二輪車の概念を越えた存在感溢れる堂々としたプロポーションや、各部の凝った作り込みなどで大変好評を得た本格的なカスタムスポーツバイクである。

ホンダ V−ツインマグナ
ホンダ V−ツインマグナ

販売計画台数(国内・年間)  8,000台
メーカー希望小売価格 539,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は15,000円高、沖縄は9,000円高、その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)


 外観は、カスタムバイク伝統の普遍的なスタイルを継承しながら、都会的で洗練された流麗なデザインを基調に、なめらかな曲線と面で構成したティアドロップ(涙滴)型のボリューム感のある容量11Lの燃料タンクや、4.4L容量のユーティリティボックスを内蔵したふくらみ感のあるサイドカバー、ゆったりとした幅広のハンドル形状や、馬具の鞍を彷彿させるシート形状など、クロームメックを施した各部の部品とあいまって力強くダイナミックでしかも美しいフォルムとしている。
 さらに、燃料タンクの上面に速度計を配置するとともに、インジケータランプをアルミ切削加工のトップブリッジ部に横一列にレイアウトし、クロームメッキタイプのヘッドライトケースの採用とあいまってハンドルまわりを高質ですっきりとしたものとしている。

 エンジンは、高性能な水冷・4サイクル・DOHC・90度V型2気筒・249cm3を搭載し、特に日常使用する機会の多い低・中回転域でスムーズで扱い易い出力特性としながらも適度な鼓動感を表現し、さらに高速道路などでの走行に必要な高回転域でもゆったりとした走り味を実現している。
 またエンジン外観は、シリンダー側面部分に冷却フィンを設けるとともに、左右のクランクケースカバーやエアクリーナーカバーなどにクロームメッキを施し、さらに迫力のある右側2本出しショートタイプのメガフォンマフラーなどとあいまって力強く高質感溢れるものとしている。

 フレームは、V型2気筒エンジンを無理なく配置でき、靱性(しなやかさ)を活かしながら幅広い走行状況で素直な乗り味が得られる丸型鋼管のダブルクレードル形状とするとともに、ハンドル形状をロー&ロング(シート高:690mm/軸距:1,620mm)の独特なプロポーションにふさわしい幅広タイプとし、ゆったりとしたおおらかなライディングポジションを実現している。

 足廻りは、フロントサスペンションにシンプルな構成のテレスコピック式を採用するとともに、リアには5段階のプリロード調整機構付きサンペンションの角型断面のスイングアームを組み合わせて採用している。また、フロントには制動フィーリングに優れた大径316mmの油圧式シングルディスクブレークにバネ下重量を軽減する軽量の5本スポーク・アルミホイールを、リアには、コントロール性に優れたリーディング・トレーリング式ドラムブレーキに全面切削加工を施した質感の高いアルミ製のディッシュホイールを採用するとともに、幅広の前・後チューブレスタイヤ(前:120/80−17 61S、後:150/80−15M/C 70S)を組み合わせることによって、快適な乗り心地と優れた走行性能を両立させている。

 このように、V−ツインマグナは、堂々とした斬新なスタイルや各部の高質な造り込みと、ゆったりとしたおおらかな走り味を実現し、維持費が安価であるという軽二輪車の特性に加え、所有する満足度を高めることで、従来のユーザーの範囲を大幅に拡げるべく開発したものである。


主要諸元
通称名
V-ツインマグナ
車名・型式
ホンダMC29
全長×全幅×全高(m)
2.315×0.845×1.055
軸距(m)
1.620
最低地上高(m)
0.130
シート高(m)
0.690
車両重量/乾燥重量(kg)
183/171
乗車定員(人)
2
燃料消費率(km/L)60km/h定地走行テスト値
34.0
最小回転半径(m)
3.1
エンジン型式
MC15E(水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ・V型2気筒)
総排気量(cm3)
249
内径×行程(mm)
60.0×44.1
圧縮比
11.0
最高出力(PS/rpm)
27/10,000
最大トルク(kgm/rpm)
2.3/7,500
キャブレター型式
VDD2
始動方式
セルフ式
点火装置形式
フル・トランジスタ式バッテリ点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
2.4
燃料タンク容量(L)
11
クラッチ形式
湿式多板コイル・スプリング
変速機形式
常時噛合式5段リターン
変速比 1速
2.733
2速
1.800
3速
1.375
4速
1.111
5速
0.965
減速比(1次/2次)
2.821/2.714
キャスター(度)/トレール(mm)
35°00′/159
タイヤサイズ 
120/80-17 61S
150/80-15M/C 70S
ブレーキ形式 
油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 
テレスコピック式
スイング・アーム式
フレーム形式
ダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ