プレスインフォメーションへ
1994年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1994年の目次へ

二輪製品ニュース
1994年1月28日
本格的カスタムスタイルのスポーツバイク
「ホンダREBEL」の外観機能部品を変更し発売


 本田技研工業(株)は、'85年4月に発売以来、本格的なカスタムスタイルのデザインや取 扱い易さ、経済性などで好評を得ている「ホンダREBEL」に幅広のハンドル・パイプや右側 2本配置のマフラーを採用するとともに、斬新で質感の高いツートーンカラーを採用するなどイ メージを一新し、2月14日より発売する。

 このREBELは、ゆったりとしたライディングポジションが得られるロング&ローの個性的なフォルムや、各部にクロームメッキを施すなど凝った作り込みに加え、信頼性の高い空冷・4サイクル・OHC・233cm 2気筒エンジンを搭載し、低・中回転域からの力強いパワーとフラットなトルク特性によって扱い易く、経済性にも優れた軽二輪車の本格的なカスタムスポーツモデルである。

ホンダ REBEL
ホンダ REBEL

●販売計画台数(国内・年間) 3,000台
●メーカー希望小売価格418,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は15,000円高、沖縄は9,000円高、
 その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)

 今回、基本性能はそのままに、よりゆったりとしたライディングポジションを確保しながら、ロング&ローのフォルムにふさわしいゆったりとした幅広のハンドル形状とするとともに、迫力のある右側2本出しマフラーを採用するなど、一段とカスタムらしさを強調したフォルムを実現している。
 さらに、切削加工仕上げのトップブリッジにインジケータランプを埋め込むとともに、イグニッションスイッチを燃料タンク左下へ配置。また、ハンドル・グリップ廻りは、手に馴じむソフトタイプのグリップラバーや、フロントブレーキホースにはメタルワイヤーのロールを施している。さらに、大径化したヘッドライトのケース内に配線類を内蔵することによって、すっきりとしたハンドル廻りを実現するなど、細部に至るまでグレード感を高めた装備としている。
 車体色は、落ち着いたイメージの黒を基調に燃料タンク部に深味のある濃い赤を配した「ブラック/キャンパスレッドメタリック」と、明るいイメージのシルバーを基調に燃料タンク部に渋みのある黒を配した「スパークリングシルバーメタリック/ブラック」の2色を設定し、幅広いユーザーのニーズに応えられるものとなっている。


主要諸元
通称名
レブル
車名・型式
ホンダMC13
全長×全幅×全高(m)
2.125×0.860×1.080
軸距(m)
1.460
最低地上高(m)
0.140
シート高(m)
0.660
車両重量/乾燥重量(kg)
154/143
乗車定員(人)
2
燃料消費率(km/L)60km/h定地走行テスト値
43.0
最小回転半径(m)
2.6
エンジン型式
MC06E
総排気量(cm3)
233
内径×行程(mm)
53.0×53.0
圧縮比
9.2
最高出力(PS/rpm)
21/8,000
最大トルク(kgm/rpm)
2.0/7,000
キャブレター型式
VE26
始動方式
セルフ式
点火装置形式
CDI式マグネット点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
1.9
燃料タンク容量(L)
10
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式5段リターン
変速比 
1速
2.846
2速
1.777
3速
1.333
4速
1.083
5速
0.913
減速比(1次/2次)
3.631/2.285
キャスター(度)/トレール(mm)
32°00′/120
タイヤサイズ 
3.00-18 47P
130/90-15M/C 66P
ブレーキ形式 
油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 
テレスコピック式
スイング・アーム式
フレーム形式
セミダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ