プレスインフォメーションへ
1993年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1993年の目次へ
二輪製品ニュース
1993年3月25日
ロングセラーの原付スクーター「ホンダタクト」の
デザインを一新し使い勝手を一段と向上させ発売


 本田技研工業(株)は、なめらかで調和のとれたスタイルや、スムーズで力強い走りなどで幅 広い年齢層から好評を得ているメットイン(ヘルメット収納型)スクーター「ホンダタクト」の デザインをよりスタイリッシュに一新し、使い勝手を一段と向上させるとともに、タクト/タク ト・S/タクト・スタンドアップの3タイプせ設定し、4月6日より発売する。
 このタクトシリーズは、1980年に発売以来、生活に役立つミニマム・トランスポーターと して好評を得ているもので、このモデルチェンジで6代目となる原付スクーターである。

ホンダタクト
ホンダタクト

●販売計画台数(国内・年間)シリーズ合計50,000台
●メーカー希望小売価格タクト159,000円
 タクト・スタンドアップ175,000円
 タクト・S169,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は8,000円高、沖縄は5,000円高、その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)


 今回、フラッシュサーフェスを基調にシャープで洗練されたデザインとしながらも、充分な収 納スペースをシート下に確保。また燃料タンクはフロアステップ下に配置し、大容量化(5L) 〈スタンドアップを除く〉を実現するとともに、給油の容易なステップサイド給油口を採用し、 デザインと機能性を両立させている。
 さらにフロントパネルの内側に、奥行きのあるキー付きインナーボックスを標準装備し、日常 での使い勝手を向上させながら、ゆったりとしたフロア・スペースをも確保している。また、シー ト高を720mmに抑えながら新形状のシートを採用することによって、足着き性を一段と向上 させている。
 エンジンは、空冷・2サイクル・単気筒・50ccを搭載し、低回転域から常用回転域までな めらかで力強い出力特性を発揮(最高出力6.1PS/7,000rpm)させている。特に高 回転域での振動低減を図るとともに、無段変速機構(Vマチック)との組み合わせによって、よ り上質な走りを実現している。
 足廻りは、前・後輪にチューブレスタイヤ(3.00−10 42J)、また前輪にはボトム・ リンク式サスペンションに、大径95mmの機械式リーディング・トレーリング式(タクト/タ クト・スタンドアップ)ブレーキを組み合わせて装備。また、タクト・Sの前輪には、制動フィー リングに優れた油圧式ディスク・ブレーキにTLAD(アンチダイブ機構付きトレーリング・リ ンク式サスペンション)を装備し、一段と快適で軽快な走りを実現している。
 さらにタクト・スタンドアップには、駐車時のスタンド掛けを、メインスイッチのキーで容易 に行える電動式オートスタンド(スタンドアップ機構)を採用している。この電動式オートスタ ンドは、メインスイッチの操作で専用モーターから歯車を介してスタンドを作動させる方式で、 特に買い物や通勤など狭い場所でのスタンド掛けを容易にすることで、使い勝手の良いものとし ている。
 外観は、フラッシュサーフェスを基調に、シャープで調和のとれたデザインとし、さらに鮮や かなツーコート(2層)塗装を採用することによって、より質感の高いものとしている。また、 フロントカバー先端下部からサイドカバー下部の樹脂製プロテクターを塗装面より外側に張り出 させ、軽度の接触による擦り傷への配慮をしている。
 さらに、新デザインのツインフォーカス・ヘッドライト(クリプトンガス封入バルブ・35/ 30W)や、ボディと一体化したリア・コンビネーションランプを採用し、斬新なスタイルをよ り際立たせている。
 このように新型タクトシリーズは、機能・スタイル・走りをより一層上質なものとし、一段と 親しみやすい優れたベーシックスクーターにするとともに、使い勝手に応じた機能を付加した2 タイプを設定することで合計3タイプとし、より幅広いユーザーの要望にこたえられるものとなっ ている。

●その他主な特徴
◎押すだけで自動的にキャンセルするプッシュ・キャンセル式ウインカー。
◎スタンド掛けに便利なグリップバー兼用の樹脂製キャリア。
◎曲線的な美しさを持つデザインの幅広バックミラー。
◎補水不要のメンテナンスフリー・バッテリー。


主要諸元
通称名
タクト
タクト・スタンドアップ
タクト・S
車名・型式
ホンダA-AF30
ホンダA-AF31
全長×全幅×全高(m)
1.675×0.615×1.025
1.675×0.625×1.025
軸距(m)
1.175
最低地上高(m)
0.100
0.095
0.100
シート高(m)
0.720
車両重量/乾燥重量(kg)
71/66
74/69
73/68
乗車定員(人)
1
燃料消費率(km/L)30km/h定地走行テスト値
49.0
最小回転半径(m)
1.8
エンジン型式
AF24E(空冷・2サイクル・単気筒)
総排気量(cm3)
49.0
内径×行程(mm)
39.0×41.4
圧縮比
7.1
最高出力(PS/rpm)
6.1/7,000
最大トルク(kgm/rpm)
0.65/6,500
キャブレター型式
PB80
始動方式
セルフ式(キック式併設)
点火装置形式
CDI式マグネット点火
潤滑方式
分離潤滑式
潤滑油容量(L)
1.2
燃料タンク容量(L)
5.0
4.5
5.0
クラッチ形式
乾式多板シュー式
変速機形式
無段変速式(Vマチック)
変速比 
1速
2.450〜0.850
キャスター(度)/トレール(mm)
27°00′/74
タイヤサイズ
3.00-10 42J
3.00-10 42J
ブレーキ形式
機械式リーディング・トレーリング
油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式
ボトム・リンク式
ユニット・スイング式
フレーム形式
アンダボーン



プレスルームへプレスインフォメーションへ