プレスインフォメーションへ
1991年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1991年の目次へ

二輪製品ニュース
1991年 11月 20日
二輪車感覚でウインターレジャーを楽しめる
雪上走行専用車「ホンダEZSNOW(イージースノー)」を発売


 本田技研工業(株)は、'90年9月に発売し近未来感覚の一体式フルカバードデザインや簡単な操作で初心者からベテラン・ライダーまで楽しめるオフロード走行専用車「ホンダEZ−9(イージーナイン)」をベースにフロントフォークにスキー・ユニット、リアの駆動部にトラックベルト(駆動帯)・ユニットを組み合わせて装備し、雪上を二輪車感覚で走行できる「ホンダEZSNOW(イージースノー)」を12月16日より発売する。

 このEZSNOW(イージースノー)は今年の第29回東京モーターショーに参考出品し注目を集めたモデルで、従来の雪上走行車両では味わえない二輪車感覚の自由度の高い操縦性を実現し、ウインター・レジャーを楽しめるように開発したニュー・ビークルである。

ホンダEZSNOW
ホンダEZSNOW

販売計画台数(国内・年間)           120台
メーカー希望小売価格         350,000円
(北海道・沖縄は5,000円高、その他一部離島を除く。)
(参考価格・消費税を含まず。)


 足廻りは、雪上での性能を最大限に発揮するために、フロントにはエッジ付のアルミスキーに樹脂カバーを装着したスイング式スキーとスキークッションを装備している。
 また、リアにはドライブ・ホイールとガイド・ホイールの間に軽量のアルミ製ガイドローラーを配し、寒さに強いナイロン・ゴム製で290mmの幅の複合円断面 形状のトラックベルト(駆動帯)を装着。優れた直進性と雪面追従性を実現し、車体を傾けて曲る二輪車特有の運動性能を雪上でも可能としている。
 エンジンは、強制空冷・2サイクル・単気筒90ccを搭載し、特に中・低回転域で粘り強い出力特性を発揮。さらに無段変速オートマチック機構を採用し、操作を容易なものとしている。
 始動方法は、初心者でも簡単に始動できるセルフ・スターターとキック・スターター方式(着脱式)の併用で、寒冷地での始動が容易な自動チョークも装備している。
 車体廻りは、エンジンから排気管、燃料タンクやオイルタンクに至るまでのメカニズムをフルカバーし、すっきりとしたデザインとするとともに、フロントフェンダーとリアフェンダーの一部に一体型の樹脂性プロテクターを採用し、軽度の接触によるすり傷への配慮をしている。

(※) このEZSNOWは雪上走行専用車として開発されたものであり、登録してナンバーを取得したり、一般 道路や公共の用に供する場所では走行できません。


主要諸元
通称名
EZSNOW
型式
HE 06
全長×全幅×全高(m)
2.155×0.760×0.925
軸距(m)
1.185
最低地上高(m)
0.145
シート高(m)
0.680
車両重量/乾燥重量(kg)
101/98
エンジン型式
HE06E(強制空冷・2サイクル・単気筒)
総排気量(cm3)
89.7
内径×行程(mm)
48.0×49.6
圧縮比
5.8
最高出力(PS/rpm)
7.58/6,500
最大トルク(kgm/rpm)
0.92/4,500
キャブレター型式
PB 11
始動方式
セルフ式(キック式併用)
点火装置形式
CDI式マグネット点火
潤滑方式
分離潤滑式
潤滑油容量(L)
0.5
燃料タンク容量(L)
3.6
クラッチ形式
乾式多板遠心シュー式
変速機形式
短軸間ベルトコンバータ自動変速(Vマチック)
変速比
2.300〜0.800
減速比(1次/2次)
6.438/2.500
舵取装置
シングル・スキー
キャスター(度)/トレール(mm)
28°00′/-
駆動方式
チェーン/ドライブホイール/トラックベルト
トラックベルト(駆動帯) 幅(mm)
290
トラックベルト(駆動帯) 周長(mm)
1,408
ブレーキ形式 
機械式リーディングトレーリング
懸架方式 
テレスコピック式
スイング・アーム式
フレーム形式
バックボーン


プレスルームへプレスインフォメーションへ