プレスインフォメーションへ
1991年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1991年の目次へ

二輪製品ニュース
1991年4月26日
高速道路から未舗装路まで幅広く軽快な走行が楽しめる
多目的ランドスポーツバイク「ホンダXLディグリー」を発売


 本田技研工業(株)は、通常の市街地走行はもとより、高速道路から未舗装路までをも楽しく軽快に走れるタイプの多目的ランドスポーツバイク「ホンダXLディグリー」を4月27日より発売する。

 このXLディグリーは、20年にわたり4サイクルランドスポーツの定番として支持されてきたSL/XLシリーズの開発の基本スタンスである「より幅広いライダーに」、「より幅広い走行環境で」、「より楽しく軽快に」走行できる基本性能はどうあるべきかを徹底追求。その結果、 よりライダーが親しみやすいよう始動の容易なセルフスターターの装備や、低いシート高と優れた悪路踏破性の両立を実現。スタイルの面でも新しい走行感覚のイメージを具現化し、軽快さと質感を両立させている。

ホンダXL ディグリー
ホンダXL ディグリー

販売計画台数(国内・年間)   7,000台
メーカー希望小売価格    379,000円
(北海道・沖縄は9,000円高、その他一部離島を除く。)
(速度警告灯装着車は10,000円高。)
(消費税を含まず。)


 エンジンは、軽量・コンパクト設計の水冷方式・4サイクル・DOHC・単気筒・249ccで、始動に容易なセルフスターターを装備。また、日常使用する機会の多い、中・低回転域で扱い易くレスポンス性に優れたトルク特性を発揮させるとともに、高回転域でもスムーズで伸びの良い出力特性とし、ビギナーからベテランまで扱い易く、しかも市街地から高速道路、さらに郊外のワインディングから未舗装路まで軽快なエンジン出力特性としている。
 さらに、シリンダーには、鉄スリーブを使用しない、耐摩耗性に優れたNSシリンダー(内壁にニッケルとシリコンカーバイトをコーティング)を採用し、軽量で優れた放熱性を実現している。
 フレームは、軽量コンパクトなエンジンを無理なく配置でき、より幅広い走行状況で素直な乗り味が得られる高剛性の丸型断面パイプのセミダブルクレードルフレームを採用。また、ボルトオンタイプのアンダーフレームは、スキッドパイプとしての機能をも兼ね備えている。
 足廻りは、低シート高を実現しつつ未舗装路走行での踏破性を高めるために、ロングストローク(前・220mm/後・190mm)のサスペンションを採用。軽量で大径のアルミリム採用の前・後輪(前・21インチ/後・18インチ)のタイヤを組み合わせながら790mmの低シート高をも実現。荒れた路面での優れた操縦性と市街地での軽快な取り廻し性を両立させている。
 ブレーキは、フロントに焼結パッド採用の油圧式ディスクブレーキを採用。リアには、軽量のドラムブレーキを採用し、高速道路から未舗装路まで様々な状況下で充分な制動力を確保している。
 デザインは、バランスのとれた飽きのこないデザインとし、車体色の斬新なツートンカラーや、シュラウドカバーに大胆に配した“XL Degree”のロゴと相まって、明るく躍動感あふれる個性的なオフロードデザインとしている。

その他主な特徴
 ・積載性を考虜したリアシート面と段差の少ないフラットなリアフェンダー形状。
 ・容量9.3Lのフューエルタンク。
 ・樹脂レンズ採用のハロゲンヘッドライト(35W/36.5W)。

※ディグリー(Degree)…英語で経度・緯度・温度計などの「度」の意。


主要諸元
通称名
XL ディグリー
型式
MD 26
全長×全幅×全高(m)
2.100×0.815×1.155
軸距(m)
1.360
最低地上高(m)
0.240
シート高(m)
0.790
車両重量/乾燥重量(kg)
129/119
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)50km/h定地走行テスト値
45.0
最小回転半径(m)
2.0
エンジン型式
MD21E(水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ・単気筒)
総排気量(cm3)
249
内径×行程(mm)
70.0×64.8
圧縮比
10.4
最高出力(PS/rpm)
25/8,000
最大トルク(kgm/rpm)
2.5/6,500
キャブレター型式
VE 39
始動方式
セルフ式
点火装置形式
CDI式バッテリ点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
1.6
燃料タンク容量(L)
9.3
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比 
1速
2.846
2速
1.777
3速
1.333
4速
1.041
5速
0.884
6速
0.785
減速比(1次/2次)
2.727/3.384
キャスター(度)/トレール(mm)
26°05′/94
タイヤサイズ 
2.75-21 45 P
4.60-18 63 P
ブレーキ形式 
油圧式ディスク
機械式ドラム
懸架方式 
テレスコピック式
スイング・アーム式(プロリンク)
フレーム形式
セミダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ