プレスインフォメーションへ
1991年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1991年の目次へ

二輪製品ニュース
1991年3月8日
軽快で素直な走り味とシンプルで機能的なスタイルの
ネイキッド・ロードスポーツバイク「ホンダJADE(ジェイド)」を発売


 本田技研工業(株)は、直列4気筒エンジンのもつスムーズな出力特性を活かし、市街地走行から郊外のワインディングロードまで軽快で素直な走り味が楽しめ、しかもシンプルな中にも味わい深く機能的なスタイルをもつロードスポーツバイク「ホンダJADE(ジェイド)」3月15日より発売する。

 このJADEは、多様化するユーザーのニーズに対応し、「自然体スポーツ」をキーワードに、人間を主体とした操縦感覚の楽しさと、実際の使い勝手やスタイリングの美しさを徹底追求し、ネイキッド・ロードスポーツの新しい定番を目指して開発したモデルである。

ホンダ JADE
ホンダ JADE

販売計画台数(国内・年間)     18,000台
メーカー希望小売価格      479,000円
(北海道・沖縄は9,000円高、その他一部離島を除く。)
(速度警告灯装着車は10,000円高。)
(消費税を含まず。)


エンジンは、ホンダ独自のカムギア・トレーン(カムシャフトを歯車で駆動する方式)機構を採用した定評ある水冷・4サイクル・DOHC直列4気筒・249ccを搭載し、日常使用する機会の多い中・低回転域で扱い易い出力特性にするとともに、スポーツ走行に必要な高回転域で もスムーズで力強く爽快な走り味を実現。
 さらに、シリンダー側面部分に冷却フィンを設け、エンジンの機能美を演出するとともに、エンジン全体のシルバー塗装やバフ仕上げのオールステンレス製マフラーとあいまって力強い外観としている。

フレーム・足廻りは、軽量・コンパクトなエンジンを無理なく配置でき、より幅広い走行状況で素直な乗り味が得られる丸型断面パイプのダブルクレードル・フレームを採用するとともに、 ハンドル切れ角を左右合わせて76度を確保。取り回しを容易なものとし、靱性(しなやかさ) を活かしながら、剛性感のある操縦フィーリングを実現している。
 またリアサスペンションには、スムーズな減衰力特性を発揮する位置依存タイプのダンパーに、下側取付部にニードルローラーベアリングを組み合せて採用し、クッション性能と乗り心地を両立させている。

ブレーキは、前・後輪に制動フィーリングに優れた油圧式ディスクブレーキを採用し、幅広の前・後チューブレスタイヤ(前・100/80−17 52S、後・140/70−17 66S)や、軽量の6本スポーク・アルミホイールを組み合せて装備。バネ下重量を軽減することによって、軽快な走り味を実現している。また、センタースタンドを標準装備し、日常でのメンテナンス性にも配慮をしている。

デザインは、全体にシンプルで滑らかな曲線と面で構成した燃料タンク形状や、サイドカバーからリアエンドへ至るラインもボリューム感を持たせながらも、すっきりとした外観を表現し、2人乗りのし易い大きく厚めのシート形状などとあいまって、乗る程に愛着が湧いてくるような オートバイらしさを大切にしたベーシックなデザインとしている。

※JADE……英語で翡翠(ひすい)の意。


主要諸元
通称名
JADE
型式
MC 23
全長×全幅×全高(m)
2.060×0.710×1.095
軸距(m)
1.420
最低地上高(m)
0.155
シート高(m)
0.780
車両重量/乾燥重量(kg)
161/146
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)50km/h定地走行テスト値
38.0
最小回転半径(m)
2.5
エンジン型式
MC14E(水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ・直列4気筒)
総排気量(cm3)
249
内径×行程(mm)
48.5×33.8
圧縮比
11.5
最高出力(PS/rpm)
40/14,000
最大トルク(kgm/rpm)
2.4/11,000
キャブレター型式
VP21
始動方式
セルフ式
点火装置形式
フルトランジスタ式バッテリ点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
2.7
燃料タンク容量(L)
14
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比 
1速
2.733
2速
2.000
3速
1.590
4速
1.333
5速
1.153
6速
1.035
減速比(1次/2次)
2.966/3.000
キャスター(度)/トレール(mm)
26°10′/100
タイヤサイズ 
100/80-17 52 S
140/70-17 66 S
ブレーキ形式 
油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 
テレスコピック式
スイング・アーム式
フレーム形式
ダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ