プレスインフォメーションへ
1991年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1991年の目次へ

二輪製品ニュース
1991年1月18日
前輪にディスクブレーキを採用した
スポーティなメットインスクーター「ホンダディオSR」を発売


 本田技研工業(株)は、よりスタイリッシュなメットイン(ヘルメット収納型)スクーターとしてフルモデルチェンジし、若者を中心に大好評の「ホンダディオ」のスポーティバージョンと して、前輪ディスクブレーキや、外観をフラッシュサーフェスを基調に力強く精悍なイメージを強調したニューカラーを新たに採用した「ホンダディオSR」をタイプ追加し、1月19日より発売する。

ホンダディオSR
ホンダディオSR

販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計 300,000台
メーカー希望小売価格           145,000円
(北海道・沖縄は5,000円高、その他一部離島を除く。)
(消費税を含まず。)


 このディオSRは、フルフェイス・ヘルメット(※)はもとより、小物の収納に便利なセンタートランクをシート下に内蔵。トランク収納スペースを充分に確保しながらも、大容量の燃料タンクやオイルタンクを装備。さらに、フロントパネルの内側にはインナーラックを標準装備するとともに、広いフロアステップを確保するなど使い勝手の良さにくわえ、低速域から常用回転域までなめらかで力強い出力特性(6.8PS/7,000rpm)のエンジンや、新採用の前輪ディ スクブレーキやスポーティなパターンの前・後チューブレスタイヤなどとあいまって、より軽快な走りを実現している。
 外観は、新たにイエローレンズをヘッドライトに採用しウインカーレンズと一体デザインとするなど、フロント廻りもより引き締まったものとしている。また、フロントフォークやホイールをボディと同色にするとともに、フロントバーやボディ左右に軽快なイメージのロゴタイプ・ストライプをあしらうなど力強く精悍なイメージを強調し、よりスポーティなイメージを求めるヤングユーザーの要望に応えたものとなっている。

(※) センタートランクには、オフロードタイプなど特殊な形状のヘルメットは一部入らない場合がある。


主要諸元
通称名
ディオSR
型式
A-AF28
全長×全幅×全高(m)
1.640×0.625×0.995
軸距(m)
1.145
最低地上高(m)
0.100
シート高(m)
0.700
車両重量/乾燥重量(kg)
70/65
乗車定員(人)
1
燃費(km/L)30km/h定地走行テスト値
48.5
最小回転半径(m)
1.8
エンジン型式
AF18E(空冷・2サイクル・単気筒)
総排気量(cm3)
49
内径×行程(mm)
39.0×41.4
圧縮比
7.1
最高出力(PS/rpm)
6.8/7,000
最大トルク(kgm/rpm)
0.73/6,500
キャブレター型式
PB80
始動方式
セルフ式(キック式併用)
点火装置形式
CDI式マグネット点火
潤滑方式
分離潤滑式
潤滑油容量(L)
1.2
燃料タンク容量(L)
5.0
クラッチ形式
乾式多板シュー式
変速機形式
無段変速式(Vマチック)
変速比 1速
2.450〜0.850
キャスター(度)/トレール(mm)
26°30′/73
タイヤサイズ
3.00-10 42J
3.00-10 42J
ブレーキ形式 
油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 
テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式
アンダボーン



プレスルームへプレスインフォメーションへ