プレスインフォメーションへ
1990年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1990年の目次へ

二輪製品ニュース
1990年11月19日
長距離走行での快適性と機能性を追求した個性あふれるエアロフォルムデザインの大型ツーリングバイク「ホンダ パシフィックコースト」を発売

 本田技研工業(株)は、空力特性を徹底追求した個性的でダイナミックなエアロフォルムデザインの一体式フルカバーボディ をもち、長距離走行での快適性と機能性を兼ね備えた水冷V型2気筒エンジン搭載の大型ツーリングバイク「ホンダパシフィックコース ト」11月21日より発売する。

 このパシフィックコーストは、北米及び欧州を中心に輸出し好評を得ているモデルで、新しいライフスタイルを求める人達や従来のモーターサイクルに飽き足りない人達のために、二輪車の本来持っているスポーティさや爽快さなどを味わいながら、より楽しく快適にツーリング出来ることを目指して開発した長距離ツーリングバイクである。

ホンダパシフィックコースト
ホンダ パシフィックコースト

販売計画(国内・年間) 400台
メーカー希望小売価格 899,000円
(北海道・沖縄は10,000円高、その他一部離島を除く。)
(速度警告灯装着車は10,000円高。)
(消費税を含まず。)


 エンジンは、スリムでシンプルな水冷・4サイクル・V型2気筒・800ccを搭載。優れた燃焼効率を誇るペントルーフ型燃焼室に、1気筒あたり3バルブ・2プラグ方式の採用によって低・中速域から高速域までスムーズで力強い走りを実現している。同時に、自動調整式テンショナーを備えたサイレントチェーンによるカムシャフト駆動や、油圧式オートバルブクリアランス・アジャスター(弁隙間自動調整機構)、さらにエンジン本体のラバーマウント化とシャフトドライブ方式の採用など、メンテナンスフリー化を図るとともに優れた静粛性をも実現している。

 フレーム・足廻りは、ダブルクレードル方式の低重心・角型ツインチューブフレームにテレスコピック式フロント・サスペンションとスイングアーム式リア・サスペンションを組み合わせて装備。さらに質感の高い新デザインの軽量5本スポーク・アルミホイールの採用とあいまって、高い剛性感と軽快な運動性を実現している。 ボディ後部には、ヘルメット2個が収納できる大容量のリアトランク(※)を装備。節度感のあるスムーズな開閉をもたらすガスダンパー付開閉機構や、センターカバー上部に設けたキー付リッド内の操作レバーによって、使い勝手を一段と向上させている。また、二人乗車時にもゆったりと座れる大型の前・後シートは、天然皮革のシボを再現したソフトな手触りの表皮を縫製タイプとすることによって、ゴージャスさと快適な乗り心地に貢献させている。
 ウインカーは、ハンドル切れ角、車速、距離を検知・演算し作動するオートキャンセル機構を装備。さらにフロントウインカー内蔵式バックミラーは、外力が加わった場合に抜け外れる締付方法によって衝撃を緩和し、さらに地上への落下を防ぐワイヤ補助連結構造としている。

 外観は、前輪側のディスクカバーからフロントフェアリング、サイドカバー、リアトランクへと続く流麗な美しさの中にもダイナミックなラインで構成したインテグレーテッド(一体化)フルカバードデザインを採用。フロントスクリーン下部には、走行風導入口(ラムエアダクト)を設け、風切り音を低減するとともに、フェアリング左右の排出ダクトの形状を工夫し、ラジエーター周辺からの熱によるライダーへの影響を軽減するなど、ゆとりある快適なクルージングを可能としている。

 車体色は、渋味のあるアダルトなイメージのなかにも質感を高めた「ヘイジーグレイ・メタリック」を設定。ボディ下部に濃いグレイを組み合わせることによって、シックな上品さを強調したモノトーンイメージのカラーリングとしている。

その他の主な特徴
  ◎ シート下部に配置した低重心設計の16l燃料タンク。
  ◎ フェアリングとリアトランク部それぞれの左右に、軽度の転倒などでのダメージを軽減するガードを装備。
  ◎ フロントカウルの左内側に、小物入れスペースを設定。
  ◎ 長時間のライディングでもしっくり手になじむソフトな極太グリップを採用。
  ◎ 冬季に厚手のグローブをしていても操作が容易な大型化したスイッチ類。
  ◎ 夜間走行時にも快適にクルージングできる60/55Wの大型ヘッドライト。
  ◎ 補水不要のメンテナンスフリー・バッテリー。

(※)リアトランクには、一部ヘルメットの形状によっては収納出来ないものもあります。

主要諸元
通称名
パシフィックコースト
型式
RC34
全長×全幅×全高(m)
2.285×0.910×1.360
軸距(m)
1.550
最低地上高(m)
0.135
シート高(m)
0.760
車両重量/乾燥重量(kg)
286/265
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)60km/h定地走行テスト値
26.0
最小回転半径(m)
2.8
エンジン型式
RC34E(水冷・4サイクル・OHC・3バルブV型2気筒)
総排気量(cm3)
800
内径×行程(mm)
79.5×80.6
圧縮比
9.0
最高出力(PS/rpm)
56/6,500
最大トルク(kgm/rpm)
6.7/5,500
キャブレター型式
VDG7
始動方式
セルフ式
点火装置形式
フルトランジスタ式バッテリ点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
3.5
燃料タンク容量(L)
16
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式5段リターン
変速比 1速
2.600
変速比 2速
1.700
変速比 3速
1.250
変速比 4速
0.964
変速比 5速
0.800
減速比(1次/2次)
1.810/0.882×1.058×3.400
キャスター(度)/トレール(mm)
28°00′/101
タイヤサイズ 前
120/80-17 61H
タイヤサイズ 後
140/80-15M/C 67H
ブレーキ形式 前
油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式 後
機械式リーディングトレーリング
懸架方式 前
テレスコピック式
懸架方式 後
スイングアーム式
フレーム形式
ダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ