プレスインフォメーションへ
1990年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1990年の目次へ

二輪製品ニュース
1990年8月7日
操作が簡単なオートマチックを搭載した新しいスタイルのオフロード走行専用車「ホンダEZ−9(イーズィーナイン)」を発売

 本田技研工業(株)は、オートマチック機構を搭載し、簡単な操作で初心者からベテラン・ライダーまで不整地走行が楽しめる、近未来感覚の一体式フルカバードデサインのオフロード走行専用車「ホンダEZ−9(イーズィーナイン)」を9月28日より発売する。

 このEZ−9は、昨年の東京モーターショーに「EZ−90」として参考出品し、注目を集めたモデルで、オフロード走行やアウトドアライフをもっと楽しみたいと考える家族や若者向けに開発した、スポーツ・グッズ感覚のオフロード走行専用車である。

 エンジンは、新設計の強制空冷・2サイクル・単気筒を搭載。90ccならではのゆとりある出力で、特に低速域から中速域までスムーズで粘り強い出力特性を発揮。さらに高回転域ではオートマチック変速の利点をいかした伸び感のある高速性能も両立させている。
 始動方法は、初心者でも簡単に始動できるセルフ・スターターとキック・スターター方式(着脱式)の併用で、さらに自動チョークも装備している。またクラッチ操作不要の無段変速オートマチック機構を採用しながらもオフロードでの下り坂などでエンジンブレーキ効果が得られるよう、後輪からの逆駆動力を自動的にエンジンに伝えるための専用クラッチをVベルト式オートマチック車として初めて採用している。


ホンダEZ-9
ホンダ EZ-9

販売計画(国内・年間) 500台
メーカー希望小売価格 249,000円
(北海道・沖縄は、5,000円高、その他一部離島を除く。)
(消費税を含まず。)


 車体廻りは、エンジンから排気管、チェーン、燃料タンクやオイルタンクに至るまでのメカニズムをフルカバードし、すっきりとコンパクトなデザインとするとともに、オフロード走行で、小枝などを巻き込みにくい形状としている。さらに、フロントフェンダーとリアフェンダーの一部に一体型の樹脂性プロテクターを採用し、軽度の接触によるすり傷への配慮をしている。またシートは、余裕のある乗車姿勢がとれるよう、シート高を750mmとするとともに、体重移動のしやすい形状としている。 足廻りは、悪路でもなめらかな乗り心地を得るため、フロントサスペンションとリアサスペンションの作動量をそれぞれ100mm、110mmとし、前・後輪共新しい溝模様の専用小径・極太チューブレスタイヤを採用。後輪ブレーキはハンドブレーキとフットブレーキの2系統式を採用し、自転車に慣れた人でも、クラッチ付のバイクに慣れた人でも異和感なく扱えるようにしている。
 このようにこのEZ−9は、初心者からベテランライダーの積極的な走りまで、オフロード走行の醍醐味を満喫できるものとなっている。

●その他の主な特徴 ・フロント・カバー内に使い勝手のよい小物入れを装備。
・小枝や小石などから手を守るナックルガードを装備。
・オイル切れとサイドスタンドの収納忘れを表示する警告ランプを装備。
・道具を使わずに着脱の可能なエア・クリーナー。
・補水不要のメンテナンス・フリー・バッテリー。
・運搬時に便利な搬送用ロープ・フックを装備。

(※)このEZ−9はオフロード走行専用車として開発されたものであり、登録してナンバーを取得したり、一般道路や公共の用に供する場所では走行できません。


主要諸元表
通称名
EZ-9
型式
HE06
全長×全幅×全高(m)
1.680×0.755×0.990
軸距(m)
1.200
最低地上高(m)
0.210
シート高(m)
0.750
車輌重量/乾燥重量(kg)
85/82
最小回転半径(m)
1.75
エンジン型式
HE06E(強制空冷・2サイクル・単気筒)
総排気量(cm3)
89.7
内径×行程(mm)
48.0×49.6
圧縮比
5.8:1
最高出力(PS/rpm)
7.8/6,250
最大トルク(kgm/rpm)
0.92/5,500
キャブレーター型式
PB11
始動方式
セルフ式(キック式併用)
点火装置形式
CDI式マグネット点火
潤滑方式
分離潤滑式
潤滑油容量(L)
0.5
燃料タンク容量(L)
3.6
クラッチ形式
乾式多板遠心シュー式
変速機形式
短軸間ベルトコトバータ自動変速(Vマチック)
変速比
2.300〜0.800
減速比(1次/2次)
6.438/2.500
キャスター(度)/トレール(mm)
26°00′/60
タイヤサイズ 前
100/90-12 48T
タイヤサイズ 後
130/90-10 59T
ブレーキ形式 前
機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式 後
機械式リーディングトレーリング
懸架方式 前
テレスコピック式
懸架方式 後
スイングアーム式
フレーム形式
バックボーン


プレスルームへプレスインフォメーションへ