プレスインフォメーションへ
1989年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1989年の目次へ

四輪製品ニュース
1989年9月21日
ホンダ独創のVTECエンジンを「シビック・3ドア」と「CR―X」に搭載するなど「シビック&CR―X」シリーズの装備を充実し発売

 本田技研工業(株)は、スタイルに加え俊敏な走りと扱い易さで高い評価を得ている「シビック&CR―X」シリーズの装備を充実、新たに、自然吸気エンジンでリッターあたり100馬力(排気量1.6lで最高出力160馬力)の驚異的なハイパワーを達成、しかも、力強い低・中速性能を高いレベルで両立させた可変バルブタイミング・リフト機構のDOHC VTECエンジンを、シビック・3ドア(SiR・SiRII)とCR―X(SiR)に搭載。
 併せて、新開発のビスカス・カップリング式L.S.D.(リミテッドスリップデフ)を採用するなど、走りの機能をさらに際立たせて9月22日より発売する。
 尚、シビック・3ドア/4ドア・セダン/5ドア・シャトルはプリモ店から、CR―Xはベルノ店からそれぞれ発売する。
  ※(無鉛プレミアムガソリン使用)

CIVIC 3ドア SiR II
CIVIC 3ドア SiR II
CIVIC 4ドア Si
CIVIC 4ドア Si
CIVIC 5ドア RTi
CIVIC 5ドア RTi
CR-X SiR
CR-X SiR


●販売計画台数(国内・月間)
 シビックシリーズ 14,000台
 CR―X      1,500台

今回の装備内容の充実はつぎの通りである。

■シビック・3ドア
外観の変更点として、フロント回りのバンパー、ボンネット、ヘッドライト、 フロントコンビランプを、リア回りは、バンパー、リアコンビ&リアパネルの形状を一新、より洗練されたスタイルとした。
VTECエンジン搭載車SiR・SiRIIをタイプ追加。SiRIIには、 油圧反力感知方式のパワーステアリングやパワーウインドウの装備に加え、新開発のビスカス・カップリング式 L.S.D.とA.L.B.をセットでオプション設定(SiRは、L.S.D.のみの選択可能)。
VTEC搭載車には、高性能タイヤ195/60R14と、フロントには、 14インチ専用大径ベンチレーテッドディスクブレーキを装備。
ハイマウントストップランプ内蔵の大型テールゲートスポイラーと革巻 ステアリングホイールを装着(SiR・SiRII)。

■シビック・4ドアセダン
外観の変更点として、バンパー、ボンネット、ヘッドライト、フロントコンビ、リアコンビ& リアパネル、モール&プロテクター等を一新、ボリューム感あるスタイルとした。
1.6lDOHCエンジンを搭載した新タイプのスポーツセダンSiと、INTRAC・イン トラック(4WD×A.L.B.)に、DOHCエンジンを搭載したスポーツ4WDのRT―Si INTRACもタイプ追加。また、33U・35Mエクストラも新設定。
RT―X・RT―Xエクストラのエンジン排気量1.5lから1.6lにアップ。
■5ドア・シャトル
RT―X・RT―Xエクストラには、エンジンの排気量アップ(1.6l)と、ローホールド 機構付電子制御2WAY4速オートマチックを新たに採用。また、業務用等にお買い求めやすい タイプ53Uをタイプ追加。

■CR―X
新タイプSiRに、VTECエンジンを搭載。このタイプには、新開発ビスカス・カップリン グ式L.S.D.とA.L.B.をセットにしてオプション装着車を設定(L.S.D.のみの 選択も可能)。また、専用のリアスポイラーとハイマウントストップランプを装着。加えて、シー ト部(ヘッドレスト、サイド部前面等)の表皮とステアリングホイールに本革を採用。
高性能タイヤ195/60R14と、フロントには、14インチ専用大径ベンチレーテッドデ ィスクブレーキを装備。

シビック希望小売価格



プレスルームへプレスインフォメーションへ