プレスインフォメーションへ
1989年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1989年の目次へ

四輪製品ニュース
1989年4月19日
NA(自然吸気)エンジンでリッターあたり100馬力を実現した世界初の新型エンジンを搭載
スポーティ・フォルムのホンダ「インテグラ」をフルモデル チェンジして発売


 本田技研工業(株)は、自然吸気エンジンでリッターあたり(※1))100馬力のハイパワー と力強い低・中速性能を高いレベルで両立させた(※2))世界初の可変バルブタイミング・リ フト機構を採用した新開発DOHC (※3))VTECエンジンを搭載(XSi・RSi)、 優美なスポーティ・フォルムと広く快適な居住空間を併せもったホンダ「インテグラ」の3ドア クーペ/4ドアハードトップを全国のベルノ店から発売する。

 このインテグラは、”全域爽快な走り“の実現をめざし
   ・ スポーツを体感させる、圧倒的なパワーの創造
   ・ スポーツ・マインドにあふれた先進のデザインの2つをテーマに開発したものである。
     ※1.)5速車(無鉛プレミアムガソリン使用)
     ※2.)市販自動車用エンジン
     ※3.)VTEC:Variable Valve Timing & Lift Electronic Control System

ホンダ インテグラ


●販売計画台数(国内)
 シリーズ合計 6,000台/月

●発売日
 3ドアクーペ    4月20日
 4ドアハードトップ 5月12日

[エンジン&トランスミッション]
 爽快な走りを実現するために、ホンダ独創の可変バルブタイミング・リフト機構をもった超高 性能のDOHC VTECエンジンと、高性能・高効率ハイパー16バルブエンジンにPGM− FI仕様とデュアルキャブ仕様の3タイプを用意。

エンジン/項目 総排気量(cm3) 最高出力ネット値(PS/rpm) 最大トルクネット値(kgm/rpm) 10モード走行燃料消費率(km/l) 運輸省審査値 タイプ
DOHC VTEC+PGM-FI 1,595 160/7,600 15.5/7,000 12.4〔型式E-DA6 RSi-5速車〕 XSi RSi
ハイパー16バルブ+PGM-FI 1,590 120/6,300 14.5/5,500 14.6〔型式E-DA5 TXi-5速車〕 ZXi RXi TXi
ハイパー16バルブ+DUAL CARB 1,590 105/6,300 13.8/4,500 14.8〔型式E-DA7 RX-5速車〕 ZX RX

DOHC VTECエンジン
 ホンダは、エンジン性能に大きく影響を与える、バルブタイミング(開閉時期)とバルブリフ ト量(開く高さ)に着目。実用エンジンのバルブタイミング・リフトと、レース用エンジンにも 迫るバルブタイミング・リフトを併せ持ち、運転条件に応じて自動的に切り換え、低・中速性能 を犠牲にすることなく、高回転・高出力が引き出せる世界初の可変バルブタイミング・リフト機構を開発。DOHC VTECとしてこのインテグラに初搭載したものである。
 このDOHC VTECは、通常のDOHCエンジンに対し、吸・排気側それぞれにもう1つのカムとロッカーアームを備えていることが大きな特徴であり、吸気側3個、排気側3個のカム駒にそれぞれ異なるプロフィールを持たせ、中央を高速用カム、両脇を低速用カムとして設定。 この2種類のカムは、エンジン回転速度・エンジン負荷・車速などをECU(エレクトロニック ・コントロール・ユニット)でセンシングし刻々の運転状況に応じて油圧ピストンを作動。瞬時 に高速時と低速時、それぞれに最適なバルブタイミングとリフト量を切り換えるものである。
 これにより、ターボチャージャーなどの過給機付にはない自然吸気ならではのシャープなレスポンスを発揮させながら、リッターあたり100馬力、排気量1.6lで最高出力160馬力の 驚異的なハイパワーを達成。しかも、低・中速域でのトルク特性も妥協することなくレッドゾー ン8,000回転まで一気に吹け上がっていく高速性能との両立をきわめて高いレベルで実現。

 なお、このエンジンを成立させるため、レーシングエンジンにも匹敵する超精密鏡面仕上げク ランクシャフト、新高強度・細軸バルブ、ピストン冷却オイルジェットなど、超精度の加工技術 や数々の新素材を投入し高い信頼性を達成。 フル電子制御(PGM)2WAY4速オートマチック〈デュアルモード・ロックアップV=(X Si・RSi)
 俊敏な発進・加速性能を発揮するコンパクト3軸平行式トランスミッションを新開発。加えて、 ロックアップ作動領域を減速時にまで拡大させ、リニアな減速感覚をもたらすデュアルモード・ ロックアップコントロールを採用。また、インテークマニホールド内の負圧を用いた変速制御等 によって変速時のフィーリングも一段と向上。

[サスペンション]
4輪ダブルウイッシュボーンサスペンション
 スポーティな走りと快適な乗り心地を生む4輪ダブルウイッシュボーンサスペンション(リア はマルチリンク式)を全車に採用。
 ホンダ独自のダブルウイッシュボーン・サスペンションをさらに徹底チューニング。アライメ ント特性の変更、ホイールストロークの増加とともにホイールベースを100mm、フロント・ トレッドも60mm(3ドア) 拡大を図り、超ロングホイールベース&ワイドトレッド設計と あいまって高速安定性、コーナリング性能を向上させながら快適な乗り心地をハイレベルで実現。
 また、新設計バルブ採用のガス封入ダンパー(フロント)やリア・サスペンションのロアアー ムのラバー内に金属リングをサンドイッチ状に組み込んだ特殊形状ブッシュを導入。安定感ある 操縦性と快適な乗り心地を実現。

[パワーステアリング]
車速応動型リニアアシスト・パワーステアリング(XSi)
 低速から高速まで車速に対応して、パワーアシスト量を連続的にコントロールする車速応動型 リニアアシスト・パワーステアリングを新採用。常に自然で心地よい操舵フィーリングを確保。

[エクステリア]
安定感あふれるロー&ワイドのウェッジシェイプフォルム
 サッシュレスドアや大型三次曲面ガラス、スリムピラーなどを採用。徹底したフルフラッシュサーフェス化によりスポーティで洗練されたフォルムを主張。

[インテリア]
スポーティさの中にも、乗る人にくつろぎをあたえる余裕の居住空間と、クォリティ豊かな機能 美を追求。  室内は、旧モデルと比較して全高が3ドアクーペで20mm低くしたにもかかわらず、フロア 形状などの見直しにより室内高を5mm、ヘッドクリアランスもフロントで25mm拡大させて 快適な移動空間を確保。  さらに、コントロールパネルはカーブド形状に、大型センターコンソールもドライバー側へ向 けてオフセット。しかも、メーターバイザー一体型のインストルメントパネルは、表皮パッドに ソフトな触感のPCV(ポリ塩化ビニール)を使用したラップラウンド・デザインとし、精密転 写シボ製法により本革シボの高質な風合いを忠実に表現。

 「VTEC」は、本田技研工業株式会社の商標です。

希望小売価格 〈消費税含まず〉(単位:千円)
  東京 名古屋 大阪 福岡 仙台 札幌
3ドアクーペ ハイパー16バルブ+PGM-FI TXi 1,195 1,197 1,201 1,216 1,211 1,229
3ドアクーペハイパー16バルブ+PGM-FI RXi 1,255 1,257 1,261 1,276 1,271 1,289
3ドアクーペハイパー16バルブ+PGM-FI ZXi 1,405 1,407 1,411 1,426 1,421 1,439
3ドアクーペDOHC VTEC+PGM-FI RSi 1,465 1,467 1,471 1,486 1,481 1,499
3ドアクーペDOHC VTEC+PGM-FI XSi 1,615 1,617 1,621 1,636 1,631 1,649
4ドアハードトップハイパー16バルブ+DUAL CARB RX 1,195 1,197 1,201 1,216 1,211 1,229
4ドアハードトップハイパー16バルブ+DUAL CARB ZX 1,270 1,272 1,276 1,291 1,286 1,304
4ドアハードトップハイパー16バルブ+PGM-FI RXi 1,305 1,307 1,311 1,326 1,321 1,339
4ドアハードトップハイパー16バルブ+PGM-FI ZXi 1,455 1,457 1,461 1,476 1,471 1,489
4ドアハードトップDOHC VTEC+PGM-FI XSi 1,665 1,667 1,671 1,686 1,681 1,699
注1.) 価格表はマニュアルミッション車。
注2.) 電子制御(PGM)ロックアップ機構付4速オートマチック車は、 80千円高。フル電子制御(PGM)2WAY4速オートマチック(デュアルモード・ロックアップ)車は、 (RSi・XSi)93千円高。
注3.) 電動スモークドガラス・サンルーフは、71千円高で装着車を設定。
注4.) 3チャンネル・デジタル制御A.L.Bは、132千円高で装着車を設定。
注5.) マニュアルエアコンは158千円高で、オートエアコンは188千円高で装着車を設定。


プレスルームへプレスインフォメーションへ