プレスインフォメーションへ
1988年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1988年の目次へ

二輪製品ニュース
1988年12月6日
運動性能を高めた4サイクルV型4気筒エンジン搭載の
スーパースポーツバイク「ホンダVFR400R」を発売


 本田技研工業(株)は、全日本選手権ロードレースTTフォーミュラIIIの国際A級クラスで大活躍したレースマシン「RVF400」で得た高度な最新技術をもとに開発し、操縦しやすく高い運動性能を発揮するV型4気筒エンジン搭載のスーパースポーツバイク「ホンダVFR400R」を昭和64年1月6日より発売する。

 このVFR400Rのエンジンは、レースマシン「RVF400」と同型の量産仕様で、カムシャフトをギア(歯車)で駆動するホンダ独創の水冷・4サイクル・DOHC・90度V型4気筒を搭載。量産市販車初の小径点火プラグ(直径8mm)を採用することで吸・排気バルブ(弁)を大径化することが可能となり、吸・排気ポート形状の変更とあいまって充填効率をいっそう向上。V4エンジンの持ち味であるトルク感あふれる出力特性にくわえ、中・低速域での俊敏で力強い応答性をも両立させている。さらに、カムシャフトをバルブ軸線上に配置したダイレクト・ロッカーアーム方式を採用することによって、フリクションロスを低減させると同時にシリンダーヘッドのコンパクト化が可能となり、エンジン搭載位置を35mm前側にレイアウトでき、この結果マスの集中化、ショートホイールベース化、キャスター角設定の自由度向上などいっそう高い運動性能を発揮させる車体設計に貢献。

フレーム・足廻りは、750ccクラスに匹敵(当社比)する極太の「目の字」構造をもつ異形五角断面材を使用したホンダ独自のアルミ・ツインチューブ・フレームを採用し、大幅な高剛性化を実現。また、前輪には、初期荷重調整機構付極太フロントフォーク(直径41mm)に、ワイドなリムサイズ(3.50×17)をもつアルミキャストホイール、偏平(120/60)ラジアルタイヤ、大径(296mm)のフローティング式ダブルディスクブレーキ、異径対向4ポットキャリパーを組み合わせて装備。後輪には、軽量・高剛性でメンテナンス性に優れた片持ち式スイングアーム(プロアーム)に、初期荷重と伸び側減衰力の調整機構付ダンパーユニットを装備したホンダ独自のプロリンク・リアサスペンションを採用。さらに、ホイール着脱が容易なセンターロック方式のアルミキャストホイール(リムサイズ/4.50×18)に幅広偏平(150/60)ラジアルタイヤを組み合わせて装備するなど、走る、曲がる、止まるの基本運動性能を高次元でバランスさせ、操る楽しさを満喫できるスーパースポーツバイクに仕上がっている。

ホンダ VFR400R
ホンダ VFR400R

●その他の主な特徴
〈エンジン〉
360°タイプのクランクシャフトを採用し、高回転時の伸び感はそのままに中・低回転域での力強いトルク・フィーリングを実現。
ステンレス製の左側配置サイレンサー(消音器)や4-2-1集合のエキゾーストパイプを採用し、V4エンジン特有の低く力強い排気音色を造り出している。
バックトルク・リミッター機構内蔵クラッチを採用し、急激な減速時にも、よりスムーズな走行性を発揮。
変速機の各速のギア比を近づけたクロスレシオミッションを採用し、エンジン出力を効率よく後輪に伝達。
2個のアルミ製ラジエーターを上下に配置することによって、大容量化による冷却性向上と同時に前面投影面積を小さく抑えられ、優れた空力特性の実現にも寄与。
〈フレーム・足廻り〉
精悍なフォルムと優れた空力特性を両立させた低くスリムなフル・フェアリング。
軽量・小径(100mm)で大光量のデュアルヘッドライト(35W/60W×2)。
速度計と回転計/水温計を別体式としたスポーティな3連コンビネーションメーター。
ジュラルミン鍛造製のチェンジ&ブレーキペダルを、ステップと同軸式とし優れた操作フィーリングを実現。
7段階の握り幅が調整できる使い易いフロント・ブレーキレバー。

      ●販売計画(国内・年間)
               10,000台
      ●全国標準現金価格
              749,000円
        (速度警告灯装着車は、10,000円高。)
        (北海道・沖縄は、9,000円高、その他一部離島を除く。)

主要諸元
型式 NC30
全長(m) 1.985
全幅(m) 0.705
全高(m) 1.075
軸距(m) 1.345
最低地上高(m) 0.125
シート高(m) 0.755
車両重量(kg) 182
乾燥重量(kg) 164
乗車定員(人) 2
燃費(km/L) 37.0(60km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m) 3.0
エンジン型式 NC13E・水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ・V型4気筒)
総排気量(cm3) 399
内径×行程(mm) 55.0×42.0
圧縮比 11.3
最高出力(PS/rpm) 59/12,500
最大トルク(kg-m/rpm) 4.0/10,000
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) 3.0
燃料タンク容量(L) 15
クラッチ形式 湿式多板ダイヤフラムスプリング(バックトルクリミッター内蔵)
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2速 3速 4速 5速 6速
2.928 2.166 1.800 1.590 1.434 1.318
減速比(1次/2次) 2.117/2.666
キャスター(度) 25°20′
トレール(mm) 96
タイヤサイズ 120/60R17 55H
150/60R18 67H
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク(フローティング)
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック
スイング・アーム(プロアーム)
フレーム形式 バックボーン


プレスルームへプレスインフォメーションへ