プレスインフォメーションへ
1988年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1988年の目次へ

二輪製品ニュース
1988年3月24日
ビジネスバイク「ホンダスーパーカブ」30周年記念特別仕様車を発売

 本田技研工業(株)は、経済性、耐久性、静粛性にすぐれた伝統の4サイクルエンジンを搭載、また乗りやすく走りやすいうえ、流行に左右されないデザインの独創性などが評価され、昭和33年の発売以来生産累計1,730万台〔昭和62年末現在。KDを含む。ホンダ調べ。〕を突破し、世界中の人々に愛され続けているホンダスーパーカブシリーズに、今回「ホンダスーパーカブ」50カスタムをベースとした30周年記念特別仕様車を追加し発売する。


発売日4月4日
販売計画(国内・年間予定)5,000台
全国標準現金価格165,000円〔北海道・沖縄は、5,000円高。その他一部離島は除く。〕

 この「スーパーカブ」50カスタム30周年記念特別仕様車の主な特徴は次の通りである。
車体色は、記念車にふさわしい深みのあるパールブルーを採用。
30周年記念エンブレムをサイドカバーに装着。
気品のあるゴールドカラーのフロントトップカバー、記念マーク入り のスペシャルキーを採用。
リアキャリアに、マットを親切装備。


「ホンダ スーパーカブ」30周年記念特別仕様車
「ホンダ スーパーカブ」30周年記念特別仕様車
主要諸元
型式
A-C50
全長×全幅×全高(m)
1.835×0.660×1.030
軸距(m)
1.180
最低地上高(m)
0.130
シート高(m)
0.740
車両重量(kg)〈  〉内は乾燥重量
78〈82〉
燃費(km/L)30km/h定地走行テスト値
180
エンジン型式・総排気量(cm3)
C50E〈空冷4サイクルOHC単気筒〉・49
内径×行程(mm)
39.0×41.4
圧縮比
10.0
最高出力(PS/rpm)
4.5/7,000
最大トルク(kg-m/rpm)
0.52/4,500
キャブレター型式
PB78
始動方式
キック・セル式併用
点火方式
CDI式マグネット点火
潤滑油容量(L)
0.8
燃料タンク容量(L)
4.0
変速機形式
常時噛合式4段リターン
変速比 1速・2速・3速・4速
3.181/1.705/1.238/0.958
減速比 1次/2次
4.058/3.230
タイヤサイズ 前・後共
2.25-17-4PR
懸架方式 前/後
ボトムリンク/スイングアーム


「ホンダスーパーカブ」発売30周年の歩み
昭和33年8月、空冷4サイクル・OHV〔オーバーヘッドバルブ〕49cm3エンジン搭載 の「スーパーカブ」C100を発売。(当時の標準現金価格55,000円。)
昭和36年8月、2人乗りができる排気量54cm3の「スーパーカブ55」C105を発売。
昭和40年12月、より力強い走りをもつ排気量87cm3の「スーパーカブ90」を発売。
昭和41年5月、より高性能で扱い易いOHC〔オーバーヘッドカムシャフト〕エンジン搭載の「スーパーカブ」C50を発売。併せて63cm3の「スーパーカブ65」を発売。
昭和42年4月、生産累計500万台を達成。
昭和49年9月、生産累計1,000万台を達成。
昭和57年4月、燃焼効率の向上と、回転、摺動部の摩擦抵抗低減を徹底追求し、リッター当りの燃料消費量150km(30km/h定地走行テスト値)を実現した「スーパーカブ」 50スーパーデラックスを発売。
昭和58年1月、生産累計1,500万台を達成。
昭和58年2月、リッター当りの燃料消費量180km(30km/h定地走行テスト値)を 実現し、いっそう経済性を高めた「スーパーカブ」50スーパーカスタムを発売。
昭和62年末現在、生産累計1,730万台を突破。


プレスルームへプレスインフォメーションへ