プレスインフォメーションへ
1988年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1988年の目次へ

二輪製品ニュース
1988年3月18日
世界初、マグネシウム製ホイールを標準装備した2サイクル・スーパースポーツバイク「ホンダNSR250R SP」を発売

 本田技研工業(株)は、高度な最新技術を随所に採用し大変好評の2サイクル・スーパースポーツバイク「ホンダNSR250R」に、量産市販の二輪車としては世界初のマグネシウム製ホイールを前・後輪に標準装備した「ホンダNSR250R SP」を3月25日より発売する。
 このNSR250R SPに採用したマグネシウム製ホイールは、素材のもつ軽量さを活かすため、新たに高耐蝕性マグネシウム合金や、高密度を得るダイキャスト製法を(※)開発。さらに塗膜性に優れた表面処理を施すことなどによって実用化したハイクォリティなもので、前・後輪で約1.5kgの軽量化を達成。この結果バネ下重量の軽減による路面追随性の向上にくわえ、慣性マスの集中化が画れ、ベース車の持つ優れた運動性能とあいまって、いっそう軽快な操縦フィーリングを実現している。
 車体色は、世界のモーターサイクル・レースで活躍している「ロスマンズ・ホンダチーム」のカラーリング・デザインをイメージしたセイシェルナイトブルー/ホワイトのツートーン・カラーを採用している。

(※)このマグネシウム製ホイールは、日本軽金属(株)との共同開発により実用化。

ホンダ NSR250R SP
ホンダNSR250R SP

●販売計画(国内・年間)
                 3,000台
●全国標準現金価格
               660,000円
 [北海道・沖縄は、9,000円高。その他一部離島を除く。]
主要諸元
型式
MC18
全長×全幅×全高(m)
1.985×0.640×1.105
軸距(m)
1.355
最低地上高(m)
0.135
シート高(m)
0.770
車両重量/乾燥重量(kg)
144/126
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)50km/h定地走行テスト値
36.0
最小回転半径(m)
2.9
エンジン型式
MC16E(水冷・2サイクル・ケースリードバルブ・90度V型2気筒)
総排気量(cm3)
249
内径×行程(mm)
54.0×54.5
圧縮比
7.3
最高出力(PS/rpm)
45/9,500
最大トルク(kg-m/rpm)
3.8/8,000
キャブレター型式
TA20
始動方式
キック式
点火方式
PGM-CDI
潤滑方式
分離潤滑式(エンジン)圧送飛沫併用式(ミッション)
潤滑油容量(L)
2.1(内ミッション0.9)
燃料タンク容量(L)
16
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比 
1速
2.846
変速比 
2速
1.941
変速比 
3速
1.500
変速比 
4速
1.272
変速比 
5速
1.136
変速比 
6速
1.045
減速比(1次/2次)
2.360/2.733
キャスター(度)/トレール(mm)
24°00′/90
タイヤサイズ
110/70-17 53H
タイヤサイズ 
140/60-R18 64H
ブレーキ形式 
油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式 
油圧式ディスク
懸架方式 前
テレスコピック
懸架方式 後
スイング・アーム
フレーム形式
ダイヤモンド


プレスルームへプレスインフォメーションへ