プレスインフォメーションへ
1988年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1988年の目次へ

二輪製品ニュース
1988年1月21日
力強く軽快な走り味が楽しめるスポーティな50ccスクーター「ホンダ・DJ・1RR(ダブルアール)」を発売

 本田技研工業(株)は、スポーティな走りとスタイルで若者に好評の50ccスクーター、ホンダ・DJ・1Rの出力を向上させるとともに装備をより充実させ「ホンダ・DJ・1RR(ダブルアール)」として2月1日より発売する。
 このDJ・1RRは、新設計のシリンダーを採用し掃気効率の改善をはかり出力を向上(6.0PS/6,500rpm→6.8PS/7,000rpm)させた空冷・2サイクル・エンジンを搭載。またロングストローク化と細部の徹底した改良によりトルク特性も向上させ、従来のワイドレシオのオートマチック(Vマチック)とあいまっていっそう俊敏で力強い走りを実現している。
 足廻りには、減衰特性の優れた本格的な油圧式ダンパーを左側に内蔵したテレスコピック・フロント・サスペンションを新たに採用し、優れた路面追随性を発揮させている。これらにあわせ前輪ブレーキには、フィン付の大径(95mm)サイズを採用している。
 また装備面でも、精悍なイメージのレンズ一体式・デュアルヘッドライトや新デザインのスピードメーター、サイドカバー後部にエアダクトを新たに採用するなど、スポーティな走りを表現したスタイルとなっている。

ホンダ・DJ・1RR(ダブルアール)
ホンダ・DJ・1RR

        ●販売計画(国内・年間予定)
                30,000台
        ●全国標準現金価格(一部離島を除く。)
               136,000円
         *北海道・沖縄は、3,000円高。
主要諸元
型式
A-AF19
全長(m)
1.630
全幅(m)
0.625
全高(m)
1.015
軸距(m)
1.160
最低地上高(m)
0.100
シート高(m)
0.710
車両重量(kg)
60
乾燥重量(kg)
56
乗車定員(人)
1
燃費(km/L)30km/h定地走行テスト値
64.3
最小回転半径(m)
1.8
エンジン型式
AF18E(空冷・2サイクル・単気筒)
総排気量(cm3)
49
内径×行程(mm)
39.0×41.4
圧縮比
7.3
最高出力(PS/rpm)
6.8/7,000
最大トルク(kg-m/rpm)
0.73/6,500
キャブレター型式
PA31
始動方式
セルフ式(キック式併用)
点火方式
CDIマグネット
潤滑方式
分離潤滑式
潤滑油容量(L)
0.8
燃料タンク容量(L)
3.0
クラッチ形式
乾式多板シュー式
変速機形式
無断変速式(Vマチック)
キャスター(度)
26°50′
トレール(mm)
77
タイヤサイズ 前・後
80/90-10 34J
ブレーキ形式 前・後
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式   
テレスコピック
ユニット・スイング
フレーム形式
アンダボーン
プレスルームへプレスインフォメーションへ