プレスインフォメーションへ
1987年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1987年の目次へ

二輪製品ニュース
1987年11月20日
最新技術を随所に採用した2サイクル・スーパースポーツバイク
新型「ホンダ・NSR250R」を発売


 本田技研工業(株)は、ロードレース世界GP250クラスで、1985〜7年度の3年連続メーカーチャンピオンを獲得するなど、国内・外で圧倒的な強さを誇るレースマシン「ホンダ・NSR250」で得た高度な最新技術をもとに開発した2サイクル・スーパースポーツバイク「ホンダ・NSR250R」を63年1月19日より発売する。

 このNSR250Rのエンジンは、水冷・2サイクル・90度V型2気筒で、市販二輪車としては世界初のコンピューター制御によるPGMキャブレターを採用。さらにPGM−CDI点火システムや可変排気孔バルブシステム(RCバルブ−2)、オイルポンプなど、吸気から点火・排気にいたるまで総合的にコンピューター制御するという画期的な2サイクルエンジンとなっている。
 フレームは、極太の異形五角形断面材を使用したホンダ独自のアルミ・ツインチューブ・フレームを採用。また、新デザインのフルフェアリングや大型リアカウルは、より空力特性に優れた形状としている。

NSR250R
NSR250R

販売計画
            18,000台

全国標準現金価格
           579,000円

 (北海道・沖縄・その他一部離島を除く)

 足廻りは、ワイドなリムサイズ(前・300−17/後・400−18)をもつアルミキャストホイール(6本スポークデザイン)に偏平タイヤを装備、リアはラジアルタイヤを採用している。フロントブレーキは、異形4ポットの対向ピストンキャリパーに新デザインの大径(276mm)のディスクプレートを組み合わせるなど、最新技術の数々を投入したスーパースポーツバイクとなっている。

その他の主な特徴
排気脈動効果を高める新デザインのチャンバーと軽量アルミサイレンサー。
摩擦抵抗の低減と耐摩耗性に優れたNSシリンダー(内壁にニッケルとシリコンカーバイトをコーディング)にくわえトリプルコーティングピストンを採用。
整備性の良いカセットタイプミッションには、新たにミッション専用のオイルポンプを装備し、より高回転域での余裕ある給油量を確保。
高い冷却効率を発揮する新設計の大容量シングルコア・ラジェーター。
操作系パーツは、軽量で質感の高いジュラルミンやアルミ合金を多用。
(ステップ・ペダル・リンク・ロッド・ハンドル・レバーなど)


主要諸元
型式
MC18
全長(m)
1.985
全幅(m)
0.640
全高(m)
1.105
軸距(m)
1.355
最低地上高(m)
0.135
シート高(m)
0.770
車両重量(kg)
145
車両重量(kg)
127
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)
36.0(50km/h定行走行テスト値)
最小回転半径(m)
2.9
エンジン形式
MC16E(水冷・2サイクル・ケースリードバルブ・90度V型2気筒)
総排気量(cm3)
249
内径×行程(mm)
54.0×54.5
圧縮比
7.3
最高出力(PS/rpm)
45.0/9,500
最大トルク(kg-m/rpm)
3.8/8,000
始動方式
キック式
点火方式
PGM-CDI
潤滑方式
分離潤滑式(エンジン)圧送飛沫併用式(ミッション)
潤滑油容量(L)
2.1(内ミッション0.9)
燃料タンク容量(L)
16
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比
1速
2.846
2速
1.941
3速
1.500
4速
1.272
5速
1.136
6速
1.045
減速比(1次/2次)
2.360/2.733
キャスター(度)
24°00′
トレール(mm)
90
タイヤサイズ   
110/70-17 53H
140/60-R18 64H
ブレーキ形式
油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式
テレスコピック
スイング・アーム
フレーム形式
ダイヤモンド



プレスルームへプレスインフォメーションへ