プレスインフォメーションへ
1987年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1987年の目次へ

二輪製品ニュース
1987年1月28日
水冷4サイクルDOHC4気筒エンジン搭載の
「ホンダ・CBR750スーパーエアロ」を発売


 本田技研工業(株)は、新設計の水冷4サイクルDOHC4気筒エンジンを搭載し、空力特性にすぐれたフルカバード・デザインを採用したスーパースポーツバイク「ホンダ・CBR750スーパーエアロ」2月10日より発売する。

 このCBR750スーパーエアロには、カムギアトレーン機構を採用した水冷4サイクルDOHC16バルブ直列4気筒エンジンを搭載。吸気効率を高めたストレートポートとスラントキャブレターや、高排気効率を生む4−2−1−2配管のエキゾーストパイプなどを採用。これらにより、低回転域から高回転域に至るまで、750ccクラスならではの圧倒的な力強さ(最高出力77PS/9,500rpm、最大トルク7.0kg−m/6,500rpm)を発揮している。
 車体設計は、軽量・高剛性・低重心を実現したツインチューブ・ダイヤモンド式フレームを骨格として、フルカバード・デザインやエアロフェンダー(前・後)などの採用により、空力特性を高めながらも750ccクラスにふさわしい追力あるスタイルとしている。


CBR750スーパーエアロ</font>
				<font size="2">CBR750スーパーエアロ
CBR750スーパーエアロ


●販売計画(国内・年間)
       8,000台
●全国標準現金価格
     789,000円
    (北海道・沖縄、その他一部離島を除く。)

 サスペンションは、前輪がTRAC(アンチダイブ機構)を装備した大径(φ39)のエアアシスト・サスペンション。後輪は、2ウェイバルブ採用のド・カルボン式リアダンパー(油圧プリロードアジャスト機構付)と、アルミスイングアームによるプロリンク式サスペンションを採用。ブレーキは、前・後輪ともにディスクブレーキ(前輪はダブル)を採用。また、偏平タイヤと、軽量・高剛性のS字断面スポークと幅広リムをもつアルミホイールを装備するなど、強力なエンジンに見合った充実した足回りとなっている。

 このようにCBR750スーパーエアロは、エンジン・フレーム・サスペンション・スタイルなどすべての面で、スーパースポーツバイクと呼ぶにふさわしいものとなっている。

その他の主な特長
フューエルメーター付のメーターパネルを装備。
バフ仕上げのハンドルとトップブリッジを採用。
アルミ製のステップとピリオンステップホルダーを採用。
ジュラルミン鍛造のチェンジペダルとブレーキペダルを採用。
軽量樹脂レンズ使用のハロゲンヘッドライトを採用。
新焼結ブレーキパッドを採用。
2人乗車時に便利なグラブレールを装備。
使い易いヒンジ付エアプレーンタイプのフューエルキャップを採用。


主要諸元
車名
ホンダ・CBR750スーパーエアロ
型式
RC27
全長(m)
2.170
全幅(m)
0.720
全高(m)
1.185
軸距(m)
1.480
最低地上高(m)
0.135
シート高(m)
0.770
車両重量(kg)
224
乾燥重量(kg)
199
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)
38.1(60km/h定地走行テスト値)
エンジン型式
RC27E・水冷4サイクルDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量(cm3)
748
内径×行程(mm)
70.0×48.6
圧縮比
10.5
最高出力(PS/rpm)
77/9,500
最大トルク(kg-m/rpm)
7.0/6,500
始動方式
セルフ式
点火方式
フル・トランジスタ式
潤滑油容量(L)
4.3
燃料タンク容量(L)
21
変速機形式
常時噛合式6段リターン
キャスター(度)
26°00′
トレール(mm)
104
タイヤサイズ 前
110/80-17 57H
タイヤサイズ 後
140/70-18 66H
ブレーキ形式 前
油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式 後
油圧式ディスク
懸架方式 前
テレスコピック(円筒空気バネ併用)
懸架方式 後
スイングアーム(プロリンク)
フレーム形式
ダイヤモンド


プレスルームへプレスインフォメーションへ