プレスインフォメーションへ
1985年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1985年の目次へ

二輪製品ニュース
1985年10月29日
水冷・2サイクルエンジン搭載のロードスポーツバイク「ホンダMBX50F」を発売

 本田技研工業(株)は、入門用から一般ロードツーリング用まで幅広く利用できる、ホンダMBX50の出力向上(5.6PS/6500rpm→7.2PS/8500rpm)とカラーリングを一新し、50ccロードスポーツバイク「ホンダMBX50F」として11月1日より発売する。
 このMBX50Fに搭載したエンジンは、インレットポート(吸気孔)にスムーズな吸気をもたらす整流板付四葉式リードバルブや、燃焼効率にすぐれた半球型燃焼室を採用、大型エキゾーストチャンバーとあいまって低速から中速まで力強いトルク特性を可能としている。
 ミッションは、走行条件に応じて幅広く適切なギアが選定できる6段ミッションを採用。
 車体設計は、ゆったりとした乗車姿勢がとれるボディサイズ(ホイールベース・1255mm)とし、フレームは、軽量・高剛性のセミダブルクレードルフレームを採用。
リアサスペンションには、すぐれた路面追従性で好評のプロリンク式を、また前輪ブレーキには、ホンダ独自のデュアルピストンキャリパー装着の油圧式ディスクブレーキを採用。装備面でも、カラーリングを一新し、また、ミエカウルやアンダーカウルを装着したことにより、精悍なイメージとし、さらに前・後輪に軽量のブーメラン型アルミコムスターホイールを採用するなど、ロードスポーツバイクにふさわしい充実した装備となっている。
リードバルブとは、クランクケースの混合気吸入孔にある舌状弁のことで、気圧差により自動開閉する。整流板を上下各2枚の四葉式にすることにより、混合気の流速を高め、吸気効率を向上させている。

ホンダ MBX50F
ホンダ MBX50F

販売計画〈国内・年間予定〉15,000台
全国標準現金価格198,000円
(北海道・沖縄価格は5,000円高。その他、一部離島を除く。)

主要諸元
型式 A-AC08
全長(m) 1.920
全幅(m) 0.675
全高(m) 1.105
軸距(m) 1.255
最低地上高(m) 0.170
シート高(m) 0.770
車両重量(kg) 94
乾燥重量(kg) 82
乗車定員(人) 1
燃費(km/L) 65(30km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m) 2.0
エンジン型式 AC08E(水冷2サイクル単気筒)
総排気量(cm3) 49
内径×行程(mm) 39.0×41.4
圧縮比 7.3
最高出力(PS/rpm) 7.2/8,500
最大トルク(kg-m/rpm) 0.65/7,500
キャブレター型式 PF16
始動方式 キック式
点火方式 CDI式マグネット点火
潤滑方式 分離潤滑式
潤滑油容量(L) 1.2
燃料タンク容量(L) 11
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.545
2速 2.333
3速 1.722
4速 1.380
5速 1.173
6速 1.041
減速比1次/2次 4.117/3.071
キャスター(度) 26゜30′
トレール(mm) 72
タイヤサイズ 2.50-18-4PR
2.75-18-4PR
ブレーキ形式 油圧式ディスク
機械式リーディングトレーリンク
懸架方式 テレスコピック
スイングアーム(プロリンク)
フレーム形式 セミダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ