プレスインフォメーションへ
1985年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1985年の目次へ

二輪製品ニュース
1985年9月18日
小荷物の配達に便利なビジネス用スリーター(三輪車)
「ホンダ・ジャイロ・アップ」を発売


 本田技研工業(株)は、小荷物の配達に便利な大型リアデッキ(450m/m×570m/m) 採用のビジネス用スリーター「ホンダ・ジャイロ・アップ」を、10月1日より発売する。

 このジャイロ・アップは、後二輪の上に地面と水平で荷くずれしにくい大型リアデッキを配置 するなど、スリーター独特の機能を最大限に活かしたビジネス車として開発。リアデッキの大きさは、標準的なビールケース(大びん20本用)が楽々積める大型サイズ。さらに、荷物の積み 降しが容易な低床設計(地面から床面まで460m/m)。また、駐車時にスタンド掛けが不要なワンタッチ・パーキング機構(メインスイッチ横でレバー操作)の採用により、積載時や坂道 での駐車操作を容易にしている。
 エンジンは、空冷2サイクル・49cc・エンジン(5.1馬力)を搭載。ベルト駆動方式の無段変速オートマチック(Vマチック)の採用とあいまって、低・中速域での粘り強い走りが可 能となっている。また、左右の後輪の回転差を調整する、四輪車と同様なディファレンシャル・ ギア機構を初めて採用している。
 装備面では、荷物と荷台の傷つきを防止するゴムマット、明るいハロゲンヘッドライト、左右のバックミラーなどを標準装備。近距離の小荷物配達業務などに使い勝手の良いものとなってい る。
※第一種原動機付自転車は、道路交通法で積載物の重量を30kg以下に制限されています。

ホンダ・ジャイロ・アップ

  ●販売計画(国内・年間・予定)
   20,000台
  ●全国標準現金価格
   249,000円
  (北海道・沖縄価格は5,000円高。その他、一部離島を除く。)


主要諸元
型式
A-TA01
全長×全幅×全高(m)
1.760×0.685×1.010
軸距(m)
1.240
輪距(後輪)(m)
0.495
乾燥重量(車両重量)(kg)
94(99)
燃費(km/L)
58(30km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m)
1.8
エンジン型式
TA01E(空冷2サイクル単気筒)
排気量(cm3)
49
最高出力(PS/rpm)
5.1/6,500
最大トルク(kg-m/rpm)
0.60/5,500
燃料タンク容量(L)
5
始動方式
セルフ式・キック式併用
点火方式
CDI
変速機形式
自動遠心無段変速(Vマチック)
タイヤサイズ(前/後)
3.50-10-2PR/5.4-6-4PR


プレスルームへプレスインフォメーションへ