プレスインフォメーションへ
1985年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1985年の目次へ

二輪製品ニュース
1985年2月18日
軽量でコンパクトなロードスポーツバイク
「ホンダ・CBX250S」を発売


 本田技研工業(株)は、軽量コンパクト設計の車体に空冷・OHC・4サイクル単気筒エンジ ン(249cc)搭載のロードスポーツバイク「ホンダ・CBX250S」を3月15日より発 売する。
 このCBX250Sのフレームは、軽量コンパクト設計のセミダブルクレードル式を採用。車 体全体の軽量化(乾燥重量115kg)に貢献し、機敏な走りをもたらすとともに、足つき性が よく(シート高=76cm)、女性でも取り扱い易いものとなっている。
 エンジンは、ホンダ独自の放射状4バルブ方式により、燃焼室の理想形とされる半球型を実現。 (RFVC=放射状4バルブ方式燃焼室)高い燃焼効率と優れた吸・排気効率が得られる ものとしている。また、排気効率のよいエキゾーストパイプ、CV型キャブレター、CDI点火 方式などにより、全回転域で扱い易く、応答性の優れたものとし、燃費もこのクラスとしてはトッ プクラスの60km/L(50km/h定地走行テスト値)を実現している。
(RFVC=Radial Four Valve Combustion Chamberの略)
これにより、ホンダの250ccクラスのスポーツバイクは、9機種13タイプとなり、より幅広いお客様の要望に応えられるものとなった。

ホンダ・CBX250S

  ■販売計画(国内・年間)
   9,000台を予定
  ■全国現金標準価格
   329,000円
  (北海道、沖縄価格は9,000円高。その他、一部離島を除く)


◎その他の主な特長
ボディマウントのフェアリングとアンダーカウルを標準装備。
大光量ハロゲンヘッドライト(60W/55W)を装備。
軽量なフラットディスクとデュアルピストンキャリパーを備えたフロントディスクブレーキ。
カムチェーン調整を不要にしたオートカムチェーンテンショナーを採用。


主要諸元
型式
MC12
全長(m)
1.940
全幅(m)
0.690
全高(m)
1.120
軸距(m)
1.290
最低地上高(m)
0.155
シート高(m)
0.760
車輌重量(kg)
127
乾燥重量(kg)
115
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)
60(50km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m)
2.3
エンジン   
型式
MC12E
種類
空冷4サイクルOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm3)
249
内径×行程(mm)
75×56.5
圧縮比
9.8
最高出力(PS/rpm)
28/8.500
最大トルク(kg-m/rpm)
2.6/7.000
キャブレター型式
VE07
始動方式
セルフ
点火方式
無接点式CDI
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
1.6
燃料タンク容量(L)
12
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
6速リターン
変速比   
1速
2.769
2速
1.722
3速
1.272
4速
1.041
5速
0.884
6速
0.785
タイヤサイズ 
前輪
80/100-16 45P
後輪
90/90-18 51P
制動装置形式 
油圧ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 
前輪
テレスコピック式
後輪
スイングアーム式
フレーム形式
セミダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ