プレスインフォメーションへ
1984年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1984年の目次へ

四輪製品ニュース
1984年7月4日
ホンダ シティシリーズに 国産で唯一のファッショナブルな
フルオープンカー「ホンダ シティ・カブリオレ」を追加し発売


 本田技研工業(株)は、個性的でユニークなホンダ シティシリーズに、本格的なソフトトップ(幌)と、力強いアクセントをもつオーバーヘッド・バーを装備した、国産唯一のファッショ ナブルなフルオープンカー「ホンダ シティ・カブリオレ」を追加し8月1日より発売する。

カブリオレとはフランス語で「一頭立て二輪馬車」を意味し、ヨーロッパで軽快な乗り物の総称とされていた。現在は、2座席あるいは4座席の軽快なオープンカーを指す名称として用いられている。フ ランス、イタリア、ドイツ車に多いが、アメリカではコンバーティブル、イギリスではドロップ ヘッドといわれている。

 このシティ・カブリオレの車体色には専用色を含め12色のカラーリングを採用。また、内装には使い勝手に合わせて選べるシックで高級感のあるファブリックシートと、汚れなどにも強いビ ニールレザーシートの2タイプを用意するなどして、シティ・カブリオレのオーダーメイド感覚をもりあげている。さらに、フルオープンカーのスタイルを強調するソフトトップや オーバーヘッド・バーと、シティ独特のキュートな外観デザインがあいまって、爽快感あふれるシティ・カブリオレの雰囲気をつくりだしている。

ホンダ シティ・カブリオレ
シティ・カブリオレ


 今回、シティ・カブリオレのソフトトップに採用した材質は、ホンダが独自に開発したすぐれた耐候性をもつもので、同時に、高い断熱性、防音性を有している。また、開閉もスムーズで手軽におこなえ、フルオープンにすれば陽ざしの中でのオープンエアモーターリングが楽しめ、閉じれば通常の4輪車同様の走行も可能となって いる。さらに、リアに収納されたソフトトップを汚れやゴミから守ると同時に、走行風によるバタつきを抑えるソフトトップ・カバーを標準装備。また、リアウインドウには傷がつきにくく、後方視界に優れたガラスを採用。さらに、独立したトランクルームや、大切な書類などを入れておくキー付車検証ポケットを設けるなど、シティ・カブリオレの使い勝手を一層向上させる配慮をしている。
  なお、シティ・カブリオレの開発にあたっては、ボディの基本構造、ソフトトップのスタイリング及びレイアウトを、イタリアの著名なスペシャルカーメーカー(カロッツェリア)(※)ピニンファリナ社に依頼し、各種の技術的協力を受けたものである。
ピニンファリナ社(Industrie Pininfarina S.P.A)
所在地:Via Lesna 78/80 Grugliasco Italy
代表者:Sergio Pininfarina(President)
設立:1930年 資本金:111億リラ 従業員数(グループ全体):2,000人
イタリアのカロッツェリア(スペシャルカーメーカー)の老舗として著名。生産ラインや早くからフルスケールの風洞実験室(イタリアで初、ヨーロッパで4番目)も備えた規模の大きい会社 で、研究開発部門(Pininfarina Studi e Ricerche)も有している。同社の代表的な車種としては、フェラーリ308、アルファロメオスパイダー、フィアット ・ピニンファリナ・スパイダーなどがある。


 ホンダ シティシリーズは、国産小型乗用車トップクラスの低燃費車E II(22.5km /l 10モード燃費)、居住空間重視のRタイプハイルーフ仕様車や高性能ターボ車から今回 のシティ・カブリオレまで、乗用6タイプ(E、EII、R、ターボ、ターボII)と商用2 タイプ(T、F)の8タイプと充実、個性的でユニークなシリーズとなっている。

◎その他の特徴
エンジンは、燃焼効率の高いコンバックス(高密度速災燃焼原理)エンジンをベースに、さらに高効率化をはかったニューハンバックスエンジンを搭載。1231cm3、67PS/5, 500rpm(5速マニュアル車)で16.4km/l(10モード燃料消費率・運輸省審査値・5速マニュアル車)の低燃費を実現。
サスペンションは、ハードタイプのプログレッシブコイルスプリングを前後に採用。さらに、フロントには中空スタビライザーを、リアにもフロントの能力にマッチしたスタビライザーを装備。
スムーズに開閉できるソフトトップを採用。ソフトトップは取り扱いが手軽で、ソフトトップ先端の両側にあるロックハンドルを解除し、持ち上げながら後の方へ押してセットすればフルオープンとなり、折りたためばコンパクトに収納が可能。
上下に開けることが可能なレギュレーター式リアクォーターウインドウを採用。
リアシートを前に倒せばトランクと一体になる便利なトランク スルーリアシート。しかもトランク内からしか開けられない安心設計としている。
放熱効果が高い大径の13インチベンチレーテッドディスクブレーキを前輪に採用。
シャープなデザインのオリジナルなボルトオンタイプの樹脂製ホイールキャップを採用。
タイヤは60シリーズタイヤ(175/60R13 76Hスチールラジアル)を標準装備。

●標準現金価格
(単位:千円)

東京 名古屋 大阪 福岡 仙台 札幌
1,380 1,380 1,380 1,400 1,400 1,419

・価格は5速車 ・オートマチック車は4万円高。
・仙台、札幌地区価格には5千円の寒冷地仕様分を含む。


プレスルームへプレスインフォメーションへ