プレスインフォメーションへ
1983年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1983年の目次へ

四輪製品ニュース
1983年9月22日
F・F小型乗用車
新型「シビック・バラードシリーズ」を発売


 本田技研工業(株)は、国際車として高い評価を得ているシビック・バラードシリーズのフル モデルチェンジを行い、シビックシリーズ(3ドアハッチバック、4ドアセダン、シャトル5ド ア)およびバラード4ドアセダンとして発売する。

 なお、シビックはホンダ店から、バラードはベルノ店から発売する。
 このシビック・バラードシリーズは、居住性や走りなど、クルマに求められる性能、機能を最 大限に追求しながら、一方これらを生み出すエンジン、サスペンションなどのメカニズム部分は 小型、高密度で高性能な設計にするといったM・M思想(MAN(マン)−MAXIMUM(マ キシマム)・MECHA(メカ)−MINIMUM(ミニマム))をもとに開発。さらに、来る べく新しい時代のF・F小型車として3ドア・4ドア・5ドアそれぞれのタイプを目的別・生活 別に最大限に追求し、それぞれが明快な個性をもつクルマとして、全く新しい考え方のシリーズ 展開のもとに開発したものである。

シビック1500 3D 25i シビック1500 4D 35i
シビック1500 3D 25i シビック1500 4D 35i
シビック1500 5D 55i バラード CR-i
シビック1500 5D 55i バラード CR-i


■販売計画(国内・月間・予定)
  ・シビックシリーズ 12,000台
  ・バラードシリーズ 4,000台
  (バラードスポーツCR−Xを含む)  
■発売日
  ・シビック・3ドアハッチバック 9月23日
  ・シビック・4ドアセダン 10月20日
  ・シビックシャトル・5ドア 10月20日
  ・バラード・4ドアセダン 10月20日


シビック・3ドアハッチバック
(全長3,810mm 全幅1,630mm 全高1,340mm ホイールベース2,380 mm)
 スポーティな走りと低燃費などの基本性能の高さに加えて、新しい時代のFF・2ボックスを追求して開発。ボディは空力フォルムと居住性の追求により、空力性能のすぐれた(CD×A=0.63)斬新なロングルーフデザインを採用。これにより、ロングキャビン化による居住性スペースの大幅な拡大を可能にしている。(CD:空気抗力係数 A:前面投影面積) さらに100mmのスライド量をもつリアスプリット・リクライニングシートの採用や、トータルなスペースデザインで室内との自然な一体感を与えるフルラップラウンド・インストルメントパネル など室内の隅々までスペースの有効活用を追求した設計により、広々とした使い勝手の良い室内空間を創りだしている。

シビック・4ドアセダン/バラード・4ドアセダン
(全長4,145mm(シビック) 4,160mm(バラード) 全幅1,630mm 全高1,385mmホイールベース2,450mmタイプ・シビック35M ・バラードCR−M)
 3ボックスセダンの伝統をいかしながら、エンジンルーム、キャビン・トランクルームそれぞれのスペース効率と同時に空力フォルムを追求して開発。空力性能のすぐれた(CD×A=0.73)広々とした室内空間と、大容量(420l・VDA方式によるホンダ測定値)トランクを実現した新鮮な3ボックスデザインとなっている。さらに、大型のフロントシートや、ハイバックのリアシートの採用など、快適性もあわせて実現した新時代のFF・3ボックスセダンである。

シビックシャトル・5ドア
(全長3,990mm・全幅1,645mm・全高1,490mm ホイールベース2,450mm・タイプ55J)
 セダン本来の良さをいかしながら、しかも一方では従来のセダンの概念にとらわれない楽しい創造空間をもつ、FFニューコンセプトセダンとして開発。室内の広さを高さと幅に求めた新感覚のスタイリングで、しかも空力性能にすぐれた(CD×A=0.79)設計となっている。
  フロントシートとリアシートは、リクライニングとスプリット方式を利用した様々な組合せが可能で、幅広い使い勝手が楽しめるフレックスシートを採用。さらにガラス面積を充分にとり、採光性にすぐれた設計や、スポット送風とワイド送風の2通りに使いわけのできる、ホップアップ機構付ワイドベンチレーションの採用など、新感覚セダンにふさわしいクルマとしている。

エンジン・サスペンション関係
 エンジンは、このシリーズの先駆けとして発売されたバラードスポーツCR−Xで高い評価を 得ている、軽量・コンパクト設計で高性能な12バルブ・クロスフローエンジン。 1,500 はPGM−FI仕様(・最高出力100PS/5,800rpm ・最大トルク13.2kg− m/4,000rpm)とキャブレター仕様(・最高出力90PS ・最大トルク12.8kg −m/6,000rpm /3,500rpm)、1,300はキャブレター仕様(・最高出力 80PS /6,000rpm ・最大トルク11.3kg−m/3,500rpm)の3種類 を3ドア・4ドア・5ドアそれぞれに設定している。
 このエンジンは高い動力性能を発揮すると同時に、すぐれた低燃費(20.0km/lシビッ ク1300 3ドア23Eタイプ5速、18.0km/l シビック1500 3ドア 25M タイプ5速 シビック1500 4ドア 35Mタイプ5速 バラード1500 4ドア CR −Mタイプ5速
いずれも10モード燃料消費率 運輸省審査値)もあわせて実現している。
サスペンションも、CR−Xに採用されたスペース効率を追求した(※)SPORTEC(ス ポルテック)フロント・リアサスペンションを3ドア・4ドア・5ドアの、それぞれの個性に 応じた設定にしている。

スポルテック(SPORTEC)フロントサスペンション
〈SPACE ORIENTED REACTION TUBE TORSION−BAR TECHNOLOGY スペースを考えぬいたリアクションチューブのトーションバーを使ったフロントサスペンション〉

スポルテック(SPORTEC)リアサスペンション
〈SPACE ORIENTED RESPONSIVE TRAILING−LINK TECHNOLOGY スペースを考えぬいた応答性のよいトレーリングリンク式機構のビーム・リアサスペンション〉

 シビックは、昭和47年7月発売以来、国内では、小型車のFF・2ボックスという、それま でになかった新しいカテゴリーを創造。また海外でもその先進性が受け入れられ、世界89ヶ国 で愛用され、生産累計も330万台(昭和58年7月現在、KDセット除く 自工会資料・ホン ダ調べ)に達している。またバラードは昭和55年8月発売以来、英国BL社、南アフリカUC DD社でのライセンス生産をするなど、それぞれが国際車としての高い評価を受けている。

主なタイプの主要諸元


価格表
〈単位:千円〉
機種 ドア 排気量 タイプ 東京 名古屋 大阪 福岡 仙台 札幌
シビック 3 1.3 23U 798 800 804 819 814 832
23E 880 882 886 901 896 914
23L 910 912 916 931 926 944
1.5 25M 998 1,000 1,004 1,019 1,014 1,032
25R 1,028 1,030 1,034 1,049 1,044 1,062
25i 1,189 1,191 1,195 1,210 1,205 1,223
4 1.3 33U 875 877 881 896 891 909
33L 975 977 981 996 991 1,009
1.5 35M 1,048 1,050 1,054 1,069 1,064 1,082
35G 1,160 1,162 1,166 1,181 1,176 1,194
35i 1,260 1,262 1,266 1,281 1,276 1,294
5 1.3 53U 957 959 963 978 973 991
1.5 55M 1,078 1,080 1,084 1,099 1,094 1,112
55J 1,162 1,164 1,168 1,183 1,178 1,196
55G 1,200 1,202 1,206 1,221 1,216 1,234
55i 1,300 1,302 1,306 1,321 1,316 1,334
バラード 4 1.3 CR-U 885 887 891 906 901 919
CR-B 945 947 951 966 961 979
CR-L 1,020 1,022 1,026 1,041 1,036 1,054
1.5 CR-M 1,068 1,070 1,074 1,089 1,084 1,102
CR-M エクストラ 1,180 1,182 1,186 1,201 1,196 1,214
CR-i 1,280 1,282 1,286 1,301 1,296 1,314
※注1. 価格表はマニュアルミッション車
   2. ロックアップ機構付ホンダマチックは4速車に6万円高で、5速車に4万円高で、以下の
      タイプに設定。
      (23L、25R、33L_A35M、35G、55M、55J、55G、バラードは
      CR−iを除く 全タイプ)
   3. ロックアップ機構付ホンダマチック3速フルオートは、5万円高で以下のタイプに設定。
      (25i、35i、55i、CR−i)
   4. スモークドガラスサンルーフは、電動式を8万円高で55iに、4ウェイ式を4万円高で
      25R、25i、35i、CR−iに設定。
   5. カラード液晶デジタルメーターは3万円高で25i、35i、CR−iに設定。
   6. 60タイヤ+アルミホイールは8万円高で25R、25i、35i、CR−iに設定。
   7. フェンダーミラー仕様車は上記価格表より△5千円。





プレスルームへプレスインフォメーションへ