プレスインフォメーションへ
1983年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1983年の目次へ

二輪製品ニュース
1983年5月24日
3輪の安定性とスクーターの軽快性を兼ね備えた
スリーター第4弾「ホンダ・ジャスト」を新発売


 本田技研工業(株)は、3輪の安定性とスクーターの軽快性を兼ね備えたスリーターシリーズ の第4弾として「ホンダ・ジャスト」を5月25日より発売する。

 このジャストは、昭和56年11月に新しいカテゴリーの乗りもの〈スリーター〉の第1弾として「ストリーム」を発売して以来、その新感覚の乗り味が幅広いお客様の支持を受け、年々拡大しているスリーター市場のより拡充を計って発売。これまでのスリーターシリーズと同様、2輪車に比べ、より超低速走行時の直進安全性を発揮する3輪車の特徴を活かし、さらにコーナリング時に、復元力をあたえながら左右にスイングするナイトハルト機構を採用することにより、 3輪の安定性とスクーターの軽快性を兼ね備えた新感覚の乗りものである。
 エンジンは、空冷2サイクル49cc3.7馬力のエンジンを搭載。また、スタンドがけの必要がなく、レバーをあげるだけで駐車できるワンタッチパーキングロック機構や、セルスターターの採用など、使い勝手の良い充実した装備を随所に採用している。
 これにより、ホンダのスリーターシリーズは、乗用車感覚の「ストリーム」、不整地などでの 走行も楽しめる「ジャイロ・X」、軽量・コンパクトな女性向けスリーター「ジョイ」と、この 「ジャスト」をあわせて4機種となり、さらに充実したものとなった。

ホンダ・ジャスト

  ■販売計画(国内・年間)
    120,000台(予定)
  ■全国標準現金価格
    129,000円
   ・ウインドシールド付も用意(15,000円高)。
   ・北海道・沖縄価格は3,000円高。
   ・その他、一部離島を除く。

 スリーターというカテゴリーは、「スリーホイールでスイング機構をもち、2輪車の軽快性と4輪車の快適性をあわせもつ乗りもの」という意味あいで定義した。


◎その他の主な特長
発進から加速までスムーズに変速する2速オートマチック。
充分なクッションストロークをとった前輪ボトムリンクサスペンション。
振動の少ない快適な乗り心地が得られる防振リンク。
電気式燃料計をもつ視認性の良い大型メーターパネル。
小物入れに便利なキー付インナーボックス。
夜間走行に、より有効なハロゲンヘッドライト(30W/30W)。
自己放電の少ない12Vカルシウムバッテリー。


主要諸元表
型式
A-TB09
全長×全幅×全高 (m)
1.520×0.620×0.945
車両重量 (kg)
57
乾燥重量 (kg)
53
燃費 (km/L)
80.0(30km/h 定地走行テスト値)
登坂能力 (tanθ)
0.26(約15度)
最小回転半径 (m)
1.5
エンジン型式
TB08E・空冷2サイクル
排気量 (cm3)
49
最高出力 (PS/rpm)
3.7/6,000
最大トルク (kg-m/rpm)
0.47/5,000
燃料タンク容量 (L)
3.2
始動方式
セル・スターター
点火方式
CDI
変速機形式
2速オートマチック
タイヤサイズ (前/後)
2.75-10-2PR/3.00-8-2PR


プレスルームへプレスインフォメーションへ