プレスインフォメーションへ
1983年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1983年の目次へ

二輪製品ニュース
1983年3月17日
大容量タンクなど充実した装備をもつ
ランドスポーツ車「ホンダ・XL125Rパリダカール」を発売


 本田技研工業(株)は、空冷4サイクルOHC単気筒エンジンを搭載、市街地から山野の未舗 装路まですぐれた走破性で好評のランドスポーツ車「ホンダXL125R」に、大容量タンクなど充実した装備をもつ「ホンダ・XL125Rパリダカール」タイプを新たに加え、3月18日 より発売する。

 このXL125Rパリダカールは、世界で最も苛酷なラリーと言われるパリ・ダカールラリー 出場車ホンダ・XL500R改をモデルに開発したもので、赤白紺のトリコロールカラーを大胆にデザインした大容量燃料タンクやシート、フロントオーバーフェンダーなど、各部にそのイメー ジを反映させたものである。
 とくに、今回採用の17L入り大容量燃料タンクは、燃料経済性にすぐれた4サイクル単気筒 エンジン(60Km/L・50Km/h 定地走行テスト値)と相まって、少ない燃料補給回数で、より長距離のツーリングを楽しむことができる。また、幅広いライディングポジションが得 られるシート、泥はね防止に効果的なオーバーフェンダー、小物入れに便利なタンクバック、長距離ツーリングに適した大型リアキャリア、12V・3AHの小型高性能バッテリー、豊かな光 量の35W/35Wのヘッドライトなど、ランドスポーツ車にふさわしい充実した装備を備えて いる。
 なお、パリダカールタイプは、昨年7月発売の「XL250Rパリダカール」とあわせ2機種 となった。

ホンダ・XL125Rパリダカール

 ■販売計画〈国内・年間〉
   3,000台(予定)
 ■全国標準現金価格
   268,000円
   (北海道、沖縄価格は5,000円高その他一部離島は除く)

 パリ・ダカールラリーは、2輪から4輪まであらゆる車種の参加が認められており、毎年1月 1日パリを出発、地中海を渡りサハラ砂漠を縦断してアフリカ東海岸セネガル共和国の首都ダカールに到る全行程20日間、走行距離9,500Kmを走破する壮大なもので、世界で最も苛酷な ラリーと言われている。


主要諸元表
型式
JD04
全長×全幅×全高 (m)
2.065×0.840×1.175
軸距 (m)
1.355
最低地上高 (m)
0.265
シート高 (m)
0.840
車両重量 (kg)
123
乾燥重量 (kg)
109
乗車定員 (人)
2
燃費 (km/l)
60.0(50km/h定地走行テスト値)
登坂能力 (tanθ)
0.40(約22度)
最小回転半径 (m)
2.1
エンジン形式
L125SE・空冷4サイクルOHC単気筒
排気量 (cm3)
124
内径×行程 (mm)
56.5×49.5
圧縮比
9.4
最高出力
12/9,000
最大トルク
1.0/7,500
点火方式
無接点式CDI
始動方式
プライマリーキック
燃料タンク容量 (L)
17
潤滑油容量 (L)
1.1
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機
6段リターン変速
変速比    
1速
3.083
2速
1.941
3速
1.400
4速
1.130
5速
0.923
6速
0.785
減速比
3.533
ブレーキ形式 (前・後)
機械式リーディングトレーリング
懸架方式     
テレスコピック(円筒空気ばね併用)
プロリンク
フレーム形式
ダイヤモンド
キャスター (度)
27°50′
トレール (mm)
118
タイヤサイズ   
2.75-21-4PR
4.10-18-4PR


プレスルームへプレスインフォメーションへ