プレスインフォメーションへ
1983年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1983年の目次へ

二輪製品ニュース
1983年1月19日
2サイクル水冷V型3気筒エンジン搭載の高性能スポーツバイク
「ホンダ MVX250F」を 発売


 本田技研工業(株)は、新開発の249cc・2サイクル・水冷・90度V型・3気筒エンジ ンを搭載した斬新なデザインの高性能スポーツバイク「ホンダMVX250F」を2月1日より 発売する。

 このホンダMVX250Fは、昨年、初めてロードレース世界グランプリに出場し、またたく 間に3回の優勝を記録した、2サイクル水冷90度V型3気筒エンジン搭載のグランプリマシン 「ホンダNS500」の高度な最新技術を傾注して開発。高出力と軽量、スリム、コンパクトを 狙って開発されたMVX250Fのエンジンは、クランクケース前方水平に2気筒、その後方に 90度の角度をもって1気筒としたホンダならではのユニークな90度V型3気筒のレイアウト。 これらにより、40馬力の高出力と3気筒でありながら2気筒並みのスリムでコンパクトなエン ジンを実現。
 さらに、後方1気筒の慣性マス重量をコンロッドなどの往復運動部分で前方2気筒とバランス させるなどにより、理論上1次振動“ゼロ”を達成。2サイクルエンジン特有の振動を低減して いる。
 また、高性能なエンジンに合わせてキャブレターも新設計。国産市販車に初めて彩用されたこ のスクエアタイプのフラットバルブ・キャブレターは、吸入抵抗の低減と軽量、コンパクト化の 実現はもとより、エンジン全体へのスリム化、コンパクト化へも大きく寄与している。
 車体設計は、すぐれた操縦性と軽量化による取り廻しのしやすさを追求して開発。軽量、高剛 性のダブルクレードル型フレームや、国内外での豊富なレース経験から生まれたフロント16イ ンチホイールとホンダ独自のプロリンク式リアサスペンションなどの採用により、卓越した操縦 性と軽量設計(138Kg:乾燥重量)を可能としている。

MVX250F
MVX250F

 販売計画は国内年間30,000台を予定している。
 標準現金価格は、428,000円である。
  (・北海道・沖縄価格は6千円高。・一部離島は除く。)

 これによりホンダ250ccスポーツバイクシリーズは、2サイクルエンジンと4サイクルエ ンジン、さらにはロードスポーツバイクとオフロードスポーツバイクなどで9機種13タイプと 充実。より巾広いユーザーに応えられるものとなった。


ホンダMVX250F 主要諸元表
型式
MC09
全長(m)
2.010
全幅(m)
0.735
全高(m)
1.155
軸距(m)
1.370
最低地上高(m)
0.165
シート高(m)
0.780
車両重量(kg)
155
乾燥重量(kg)
138
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)
38(50km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ)
0.46(約25度)
最小回転半径(m)
2.4
エンジン型式
MC09E・2サイクルピストンリードバルブ水冷90度V型3気筒
総排気量(cm3)
249
内径×行程(mm)
47.0×48.0
圧縮比
8.0
最高出力(PS/rpm)
40/9,000
最大トルク(kg-m/rpm)
3.2/8,500
キャブレター型式
TA01
始動方式
プライマリーキック
点火方式
フルトランジスタ
潤滑方式
分離潤滑式
潤滑油容量(L)
1.7
燃量タンク容量(L)
17
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比
1速2.562/2速1.850/3速1.478/4速1.240/5速1.074/6速0.965
減速比
2.666
キャスター(度)
26°30′
トレール(mm)
91
タイヤサイズ
前100/90-16 54S・後110/80-18 58S
ブレーキ形式
前 油圧式ディスク(インボードベンチレーテッド)/後 機械式リーディングトレーリング
懸架方式
前 テレスコピック(円筒空気バネ併用)/後 スイングアーム(プロリンク)
フレーム形式
ダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ