プレスインフォメーションへ
1982年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1982年の目次へ

二輪製品ニュース
1982年9月24日
軽量・コンパクト設計で総合性能を一段と向上させた
モトクロス競技専用2輪車
「ホンダCRシリーズ・80R/125R/250R」と
超軽量、小型2輪車「ホンダQR50」を発売


 本田技研工業(株)は、水冷2サイクルエンジンを搭載したモトクロッサー「CRシリーズ」の徹底した軽量化とコンパクト化を図り、同時に出力特性、走破性、操縦性などを一段と向上させた「CR80R」、「CR125R」、「CR250R」と、超軽量、小型2輪車「QR50」 をそれぞれ10月1日より発売する。

 このCR125R/250Rは、軽量、コンパクト設計で、しかも低速から高速までなめらかでパワフルな出力特性を発揮する、高性能水冷2サイクルエンジンを搭載。(CR125R:最 高出力30.5PS→31.5PS CR250R:最高出力41.0PS→43.0PS)車 体は徹底した軽量化を図るため、サイレンサーやステアリングステムなどアルミ材を多用。
(CR125R:乾燥重量89.0kg→86.5kg CR250R:乾燥重量99.5kg→ 96.5kg)さらに、不整地での理想的な車体バランスを追求するため、燃料タンクやラジ エター、シートなどが低い位置にコンパクトにレイアウト。これらにより、すぐれた操縦性、安定性や走破性を発揮している。

QR50
QR50
CR80R
CR80R
CR125R
CR125R
CR250R
CR250R


 CR80Rは、ミニモトクロスレースなどモトクロス入門レース用の2輪車として開発。軽量、コンパクトな新設計水冷2サイクルエンジンの搭載により、すぐれた出力特性、耐久性を発揮している。(最高出力19PS→21.5PS)
 これらCRシリーズには、国内外のモトクロスレースで実績のあるホンダ独自のプロリンク式リアサスペンションを採用。
 QR50は、限定された場所で使用できる教育用2輪車として開発された本格モトクロッサーイメージの超軽量、小型の2輪車で、乾燥重量35kg、シート高49.5cmのコンパクトな車体に、49cc空冷2サイクルエンジンを搭載している。
 なお、この4機種は、一般公道や公共の用に供する場所等では走行できない。

 販売計画は国内年間  CRシリーズ 3,900台
              QR50 3,000台
 標準現金価格は CR80R 183,000円
          125R 340,000円
          250R 420,000円
          QR50  89,000円

 北海道・沖縄価格は
         CR80R   3,000円高
          125R   5,000円高
          250R   6,000円高
          QR50   3,000円高
                 (一部離島は除く)

◎その他の主な特長
〈CR80R/125R/250R〉
リアダンパーには、路面状況に合わせた巾広いセッティングが可能な押し側/引き側減衰力調整機構を新設。(CR125R/250R)
クラッチは、クラッチディスク径を大きくし、新材質を採用することにより、半クラッチ操作多用時での耐久性を向上。
新ギアシフト機構の採用により、ギアチェンジ感覚を向上。
出力特性に合わせた最適なギアレシオを設定。
軽量かつ耐久性にすぐれたセミダブルクレードル型フレームの採用。

〈QR50〉
扱い易いオートマチック変速を採用。
メンテナンス性、耐久性にすぐれたダブルクレードル型フレームを採用。
スピード/出力制御機構および飛出し防止機構の装備。


主要諸元
諸元/機種
CR80R
CR125R
CR250R
QR50
全長 (mm)
1,780
2,120
2,170
1,225
全幅 (mm)
740
845
845
610
全高 (mm)
1,025
1,190
1,230
725
軸距 (mm)
1,230
1,440
1,485
845
最低地上高 (mm)
270
340
325
115
シート高 (mm)
780
910
935
495
乾燥重量 (kg)
62
86.5
96.5
35
エンジン形式
水冷2サイクル単気筒
空冷2サイクル
排気量 (cm3)
79
122
246
49
内径×行程 (mm)
49.5×41.4
55.5×50.7
66.0×72.0
40×39.3
圧縮比
7.6
8.6
8.4
7.2
最高出力(PS/rpm)
21.5/12,000
31.5/11,000
43.0/8,000
2.7/6,000
最大トルク(kg-m/rpm)
1.29/11,500
2.07/10,500
4.0/7,000
0.38/5,000
始動方式
プライマリーキック
燃料タンク容量 (L)
5
6.5
7.5
2.0
変速比    1速
2.333
2.416
1.800
2速
1.722
2.000
1.470
3速
1.400
1.555
1.210
4速
1.181
1.300
1.000
5速
1.041
1.136
0.833
6速
0.920
1.000
減速比    1次
4.117ギア
3.294ギア
2.909ギア
2次
3.500チェン
3.923チェン
3.857チェン
キャスター (度)
64°20′
62°20′
62°40′
サスペンション
(前・後)
テレスコピックフォーク・プロリンク
テレスコピック・
ユニットスイング
タイヤ
サイズ
フロント
2.75-17-4PR
90/80-21-4PR
90/80-21-4PR
2.50-10
リア
4.10-14-4PR
130/80-18-4PR
140/80-18-4PR
2.50-10
トレール (mm)
69
108
105
フレーム形式
セミダブルクレードル
ダブルグレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ