プレスインフォメーションへ
1982年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1982年の目次へ

二輪製品ニュース
1982年5月31日
中排気量単気筒エンジン搭載の軽くスリムなロードスポーツ車
「ホンダ FT400/500」 を発売


 本田技研工業(株)は、軽量、コンパクトながら、強力なトルクを生み出す4サイクル単気筒エンジンを搭載し、力強い走りが楽しめる個性的なスタイリングのロードスポーツ車「ホンダ FT400」を6月1日より「同500」を6月10日より発売する。

 このホンダFTシリーズは、定評のあるXL系エンジンをベースにした新設計398cc (FT500は497cc)セルフスターター装備の単気筒エンジンを搭載。このエンジンは、吸・排気に各々2個のバルブを配した4バルブ機構によって、高い燃焼効率を実現。更に、単気筒エンジンながら、2本のエキゾーストパイプを採用し、排気効率をより向上させるなど、一層力強いトルクを生み出している。
 また、エンジン振動を低減させる2軸式バランサーの採用により、単気筒独特の振動が大幅に減少し、軽量・スリムで高剛性の専用ダイヤモンドフレームが可能となった。
 スタイリングは、単気筒ロードスポーツ車の力強さを一段と強調しているスリムで新感覚のデザインである。更に、アルミキャストホイール、黒・クロームメッキのマフラー、巾広なチューブレスタイヤなど中排気量クラスでは、充実した装備をそなえている。
 これによりホンダの400シリーズは、このFT400を含め10機種10タイプとなり、幅広いお客様の要望に応えられる充実したシリーズとなった。


販売計画 年間・国内・
シリーズ 合計
 8,000台
標準現金価格
 ・北海道・沖縄価格は
   FT400は、6,000円高
    500は、7,000円高
 ・一部離島は除く
FT 400 423,000円
FT 500 428,000円


◎その他の特長
●エンジン関係
  専用カートリッジタイプのオイルフィルターを内蔵した大容量オイルパン(容量2.4l)の 採用により、冷却効果の向上を図っている。
  低速域でも粘り強さを発揮するVBキャブレターを装備。
  無接点式CDIをはじめ、オートカムチェーン・テンショナー、オイルシールド・ドライブチェーンの採用など、メンテナンスフリーへの配慮もなされている。
  ハンドル、ステップのラバーマウントにより、快適な乗り心地を実現。
  新開発の2モーション始動機構により、スムーズなエンジン始動を実現。
  中・低速域に重点をおいたギアレシオの5速ミッション。

●車体関係
  強力な制動効果を発揮するデュアル・ピストン・キャリバーを装着した大径フラットディスクブレーキを前、後輪に装備(前296φ・後276φ)
  サスペンションは、フロントはセミエア式、リアにはホンダ独自のF・V・Q・ダンパーを採用。
  フロント部分のねじれ剛性を高めるスタビライザーの装備。
  豊かな光量が得られるハロゲン・ヘッドランプ(60/55W)。


主要諸元表 〈 〉内はFT500
型式
NC09〈PC07〉
全長(m)
2.225
全幅(m)
0.775
全高(m)
1.190
軸距(m)
1.425〈1.435〉
最低地上高(m)
0.160
シート高(m)
0.790
車両重量(kg)
170〈171〉
乾燥重量(kg)
158〈159〉
乗車定員(人)
2
燃費 (km/L)
41.0〈38.0〉(60km/h定地走行テスト値)
登坂能力 (tanθ)
0.46(約25度)
最小回転半径(m)
2.6
エンジン型式
ND01E〈PD01E〉(4サイクルOHC4バルブ単気筒
排気量(cm3)
398〈497〉
内径×行程(mm)
89.0×64.0〈89.0×80.0〉
圧縮比
8.6
最高出力 (PS/rpm)
27/6,500〈33/6,500〉
最大トルク(kg-m/rpm)
3.2/5,000〈4.0/5,000〉
キャブレター形式
VB13 〈VB11〉
始動方式
セルフ式
点火方式
無接点式CDI
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
2.4
燃料タンク容量(L)
13
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式5段リターン
変速比     
1速
2.461
2速
1.647
3速
1.250
4速
1.000
5速
0.840
キャスター(度)
29°30′
トレール(mm)
124
タイヤサイズ 
3.50S19-4PR
4.25S18-4PR
ブレーキ形式 
油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式    
テレスコピック(円筒空気ばね併用)
スイングアーム
フレーム形式
ダイヤモンド


プレスルームへプレスインフォメーションへ