プレスインフォメーションへ
1981年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1981年の目次へ

二輪製品ニュース
1981年10月29日
世界初の四輪・二輪同時開発
・新感覚のFFニューコンセプトカー ライブビークル「ホンダ シティ」と
・ホンダ シティ搭載用トランクバイク「ホンダ モトコンポ」を同時発売


 本田技研工業(株)は、小さな占有面積で居住性にすぐれた背の高いトールボーイデザインを採用するとともに、このクラストップのすぐれた燃費と動力性能を発揮する新開発コンバックスエンジンを搭載したFFニューコンセプトカー、乗用車「ホンダ シティ」、商用車「ホンダ シティプロ」の2機種4タイプを全国のホンダ店で11月11日より発売する。
 また、このホンダシティ搭載用として同時開発を進めてきたトランクバイク「ホンダ モトコンポ」も全国のホンダの販売店を通じて同時に発売する。(ライブビークルは英語で〈LIVE〉= 生き生きとした、活動的な、の意味があり、この車のコンセプトにマッチしたことばとしてイメージ的に引用したものです。)
 ホンダは、このシティとモトコンポの発売により、従来の四輪と二輪で六輪ライフといった、単に足し算的な範囲での使い勝手だけではなく、四輪に二輪を搭載して行動することにより、バイクの機能とクルマの機能が掛け算的に広がり、アウトドアライフの新しい使い勝手を創りだすことを提唱するものである。これは二輪車、四輪車を持つホンダの強みをフルに発揮した世界で初めての試みでもある。


 ホンダ シティは、既成のクルマ概念にとらわれず、居住性や燃費、動力性能など、クルマの機能を最大に追求(機能最大)しながら、一方でこれらを生みだすエンジン、サスペンションなどの機構は最小(機能最大)にと設計し、都会的な感覚を持つ行動派の若者にターゲットをおいたニューコンセプトカーである。ボディは新鮮なトールボーイデザインを採用、背の高さが室内の広さを生み出し、しかも空力性能にすぐれた設計となっている。エンジンは軽量コンパクトな新開発コンバックスエンジンを搭載。1231cm3、67馬力(Rタイプ)の高出力とこのクラストップの低燃費(10モード19.0km/L・Eタイプ)を合わせて実現。
コンバックス(COMBAX)エンジン=COMPACT(コンパクト) BLAZING(ブレイジング)-COMBUSTION(コンバッション) AXIOM(アクシアム)(高密度速炎燃焼原理)を略した造語。CVCC-IIエンジンを足掛りに高圧縮比化を図り、新ファンネル型燃焼室を採用した超ロングストローク(超スモールボア)で燃焼効率の高いニューコンセプトエンジンである。

 さらに、新設計のリアサスペンション機構を採用してラゲッジスペースの確保を図るなど、いたるところに機能の向上のためのアイディアを採用し、コンパクトなボディに広々とした使い勝手のよい居住空間を創りだしている。
 このホンダ シティは、シビックやアコードがその時代にふさわしいクルマのひとつの基準を世界に示したように、このシティもまた、これからの新しいクルマ社会に新たな基準を提案するものである。
 ホンダ モトコンポは、シティ搭載用として同時開発を進めてきた、まったく新しいカテゴリーのトランクバイクである。超小型で軽量(全長118.5cm、乾燥重量42Kg)のなかに、49cm3、2.5馬力の2サイクルエンジンを搭載し、燃料やオイル、バッテリーなどの液洩れ防止機構や折りたたみ式ハンドルとステップなど、トランクバイクとして使い勝手を配慮した設計としている。また、シティには、モトコンポを搭載する時に利用できるアンカーナットを装備。専用ベルト(オプション)でしっかりと固定できる設計となっている。


CITY CITYPRO
車名 シティ シティプロ
タイプ E R T F
型式 E-AA L-VF
トランスミッション 4速マニュアル




5速マニュアル




OD付ホンダマチック



寸法・重量 全長(m) 3,380 3,380
全幅(m) 1,570 1,570
全高(m) 1,470 1,470
ホイールベース(m) 2,220 2,220
トレッド(m) 1,370 1,370
1,370 1,370
最低地上高(m) 0,160 0,160
車両重量(kg) 655 670 665 675 635 650 660
乗車定員(名) ( )内積載量(kg) 5 2(300) 2(300) 5(0)
室内寸法(m) (荷量寸法) 長さ 1.625 (0.955) (0.970)
1.320 (1.270)
高さ 1.175 (0.960)
エンジン エンジン型式 ER ER
エンジンタイプ CVCC水冷直列4気筒横置OHC(無鉛ガソリン使用) CVCC水冷直列4気筒横置OHC(無鉛ガソリン使用)
燃焼室形式 副燃焼室付ウェッジ型 副燃焼室付ウェッジ型
弁機構 1頭上カム軸3バルブベルト駆動 1頭上カム軸3バルブベルト駆動
総排気量(cm3) 1.231 1.231
内径×行程(mm) 66.0×50.0 66.0×50.0
圧縮比 10.0 9.0
燃料供給装置形式 キャブレター式 キャブレター式
燃料タンク容量(L) 41 41
潤滑方式 圧送式 圧送式
潤滑油容量(L) 4 4
点火方式 ポイントレス・トランジスタ式 ポイント・バッテリー式
性能 最高出力(PS/rpm) 63/5000 61/5500 63/5000 61/5000
最大トルク(kg-m/rpm) 10.0 3000 10.0/3500 10.0/3000 9.8/3000
登坂能力(tanθ) 0.42 0.47 0.39
燃費(km/L) 10モード走行消費率(運輸省審査値) 19.0 15.0 18.0 14.0
60km/h時走行消費率(運輸省届出値) 29.0 25.0 26.5 23.0 25.0 21.0
最小回転半径(m) 4.5(車体4.9) 4.5(車体4.9)
移動停止距離(m) 初遠50km/h時 14.0 14.5
動力伝達装置 クラッチ形式 (マニュアル)乾式単板タイヤフラム(ホンダマチック)トルクコンバータ3要素1段2相形 (マニュアル)乾式単板タイヤフラム(ホンダマチック)トルクコンバータ3要素1段2相形
変速機操作方式 フロアチェンジ式 フロアチェンジ式
変速比 1速 2.916 [L]2.047
[☆]1.285
[OD]0.911
2.916 [L]2.047
[☆]1.370
[OD]0.969
3.181 [L]2.047
[☆]1.370
[OD]0.969
2速 1.764 1.764 1.823
3速 1.181 1.181 1.181
4速 0.846 0.846 0.846
5速 0.714 0.714
後退 2.916 1.954 2.916 1.954 2.916 1.954
減速比 3.875 3.105 4.428 3.105 3.875 3.105
その他 カジ取り形式 ラック&ピニオン式 ラック&ピニオン式
タイヤ 145SR12 165/70SR12 145R12・6PRLT
主ブレーキの種類・形式 油圧真空倍力装置付ディスク ディスク
油圧真空倍力装置付リーディングトレーリング(PCV付) リーディングトレーリング
懸架方式 マクファーソン・ストラット方式独立懸架 マクファーソン・ストラット方式独立懸架
マクファーソン・ストラット方式独立懸架(コイル分離式) マクファーソン・ストラット方式独立懸架(コイル分離式)


○販売計画(国内月販)
 ・ホンダシティ     8,000台
 ・ホンダモトコンポ  10,000台


○販売価格   単位:千円

タイプ 東京 名古屋 大阪 福岡 仙台 札幌
シティ R
5速
780 780 780 800 800 819
E
5速
760 760 760 780 780 799
シティプロ F
4速
638 638 638 658 664 683
T
4速
598 598 598 618 624 643
モトコンポ 80(沖縄価格は83
一部離島は除く)
83
シティ、シティプロの価格は、マニュアルミッション車。
OD付ホンダマチック車はシティ35,000円高、シティプロ55,000円高でTタイプを除く全車に設定。
仙台、札幌地区の価格には、シティ5,000円、シティプロ11,000円の寒冷地仕様価格を含む。
エアコンは用品扱いで138,000円。

MOTOCOMPO
型式 AB12
全長×全幅×全高(m) 1.185×0.535×0.910
車両重量(kg) 45
乾燥重量(kg) 42
燃費(km/L) 70.0(30km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ) 0.19(約11度)
最小回転半径(m) 1.3
エンジン型式及び排気量(cm3) AB12E空冷2サイクル・49
最高出力(馬力/回転数) 2.5/5,000
始動方式 キック
点火方式 CDI
潤滑油容量(L) 1.0
燃料タンク容量(L) 2.2
変速機形式 自動遠心クラッチ
タイヤサイズ前/後 2.50-B-4PR/2.50-8-4PR


プレスルームへプレスインフォメーションへ