プレスインフォメーションへ
1981年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1981年の目次へ

二輪製品ニュース
1981年10月1日
機能的で扱い易い110ccのトレッキングバイク
ホンダ CT110を発表


 本田技研工業(株)は、野や山など、雄大な自然の周辺をゆったりとツーリングするトレッキングバイクの第3弾として機能的で扱い易い「ホンダ CT110」を10月2日より発売する。

 このCT110は、トレッキングバイクの入門モデルとして開発、自然の雰囲気を楽しみながらゆったりと走行することはもとより、ツーリングや市街地走行など、幅広い用途に応えられる 機能美を持つ新感覚の、レジャーバイクである。
 エンジンは、105cc4サイクル単気筒7.6馬力の実績ある水平型エンジンを搭載。さらに、小型軽量な車体や自動遠心クラッチなどにより扱い易い設計としている。また、スキッドプ レート、アップマフラー、大型リアキャリア、そして大型タンクなどトレッキングバイクとしての充分な装備が施され、使い易さの向上を図っている。

 なお、販売価格は国内で年間6,000台を予定している。
    標準現金価格は159,000円
    (・北海道と沖縄価格は5,000円高 ・一部離島を除く。)
である。

 これにより、トレッキングバイクは、先のシルクロード(250cc)とイーハトーブ(125cc)に続き、今回のCT110(110cc)と合わせて3機種と充実、ヤングからアダル トまでより幅広いユーザーに応えられるものとなった。


[トレッキングバイク]
 TREKKING(英語)、「牛車でゆっくりと旅をする、骨の折れる旅行をする」の意味であり、現在国民スポーツ用語として、「山歩き、スキーの平地滑走など、主として健康とレクリ エーションのために行う徒歩運動」「自然のふところめぐり」といった風に使われている。
 ホンダはこうした意味をさらに発展させ、2輪車によって雄大な自然の周辺をゆったりとツーリングする新しい楽しみを提唱するものです。


◎主な特長
4サイクル、105cc、7.6馬力で信頼性、耐久性、経済性にすぐれた単気筒エンジンを搭載。中・低速域での力強い出力特性と自動遠心クラッチ付4速ミッションが相まって、悪路から整地にいたる広範囲の走行を可能としている。
大型燃量タンク(5.5L)、悪路でも快適な乗り心地を生み出す大型シングルシート、そしてアウトドア用具が豊富に積める大型リアキャリアの装着などにより、長距離ツーリングにも 応えられる設計としている。
岩場の多いところや起伏地などでも安心して走行できるスキッドプレートを装備、さらに、不整地にある水たまりや浅い水辺などのゆっくりした走行のために配慮されたアップタイプのマ フラー。


主要諸元
型式 JD01
全長×全幅×全高(m) 1.905×0.755×1.060
軸距 (m) 1.220
最低地上高 (m) 0.175
車両重量 (kg) 92
乾燥重量 (kg) 87
乗車定員 (人) 1
燃費 (km/L) 60(50km/h定地走行テスト値)
登坂能力 (tanθ) 0.36(約20度)
最小回転半径 (m) 1.8
エンジン型式 JD01E・空冷4サイクルOHC単気筒
排気量 (cm3) 105
内径×行程 (mm) 52.0×49.5
圧縮比 8.5
最高出力 (PS/rpm) 7.6/7,500
最大トルク(kg-m/rpm) 0.85/6,000
キャブレター型式 PB21
点火方式 マグネット式
始動方式 キック式
潤滑方式 圧送式飛沫式併用
潤滑油容量 (L) 1.1
燃料タンク容量 (L) 5.5
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング(自動遠心)
変速機段数及び操作方式 4段リターン変速
変速比 1速/2.538、2速/1.611、3速/1.190、4速/0.958
ブレーキ形式 前・後 機械式リーディングトレーリング
懸架方式 (前)テレスコピック (後)スイングアーム
フレーム形式 低床バックボーン式
キャスター (度) 27°00′
トレール (mm) 85
タイヤサイズ (前)2.75-17-4PR (後)2.75-17-4PR


プレスルームへプレスインフォメーションへ