プレスインフォメーションへ
1981年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1981年の目次へ

二輪製品ニュース
1981年4月22日
水冷V型2気筒エンジン搭載の
ホンダウイング(GL400)、ホンダウイングカスタム(GL 400/500)
の機能と装備をさらに充実して発売


 本田技研工業(株)は、長距離ツーリング性能と、機敏なスポーツ走行性能を併せもつ水冷V型2気筒の高性能4サイクルエンジンを搭載し、駆動方法に静かで整備性のよいシャフトドライブ方式を採用したスポーツタイプの「ホンダウイング(GL400)」とアメリカンスタイルの「ホンダウイングカスタム(GL400/500)」の機能と装備を一段と充実し、5月1日より発売する。
 これらの3機種は、ブレーキ性能をさらに向上させる軽量孔あきフロントダブルディスクプレートとホンダ独自のデュアルピストンキャリパーを採用、さらに乗り心地と操安性を向上させるためフロントにセミエアサスペンション、夜間走行時に高い光度を発揮するハロゲンヘッドライトなどを装備し、より快適な機能の充実をはかっている。同時に、フルトランジスター点火方式の採用により、燃費の向上(30km/L→33km/L60km/L定地走行テスト値)をはかっている。

ウイング(GL400)
ウイング(GL400)
ウイングカスタム
ウイングカスタム

 「ホンダウイング(GL400)」は、整流効果によりなめらかな高速走行が得られるメーターバイザー、スポーツ走行に適したポジションが得られるハンドルバーなどの採用により、長距離ツーリングからスポーツ走行まで幅広く楽しめるものとなった。さらにブラックの軽量オールアルミ製コムスターホイールが精悍さをさらに強調している。
 また「ホンダウイングカスタム(GL400/500)」は、ゆったりとした長距離ツーリングに適した乗車姿勢が得られる本格的プルバックハンドル、足つき性の良い段付シートと、新感覚のティアドロップ型(涙滴型)タンクデザインが相まって、アメリカンタイプの落ちついた雰囲気をつくりだしている。


 なお、国内販売計画は、年間ウイング(GL400) 4800台
          ウイングカスタム(GL400) 7400台
          ウイングカスタム(GL500) 1200台
 標準現金価格はウイング(GL400)     465000円(471000円)
        ウイングカスタム(GL400) 480000円(486000円)
        ウイングカスタム(GL500) 485000円(492000円)
               ( )は北海道価格。一部離島は除く。


主要諸元
型式(m) ウイング
(G400)
ウイングカスタム(GL400) ウイングカスタム
(GL500)
全長(m) 2.185 2.165
全幅(m) 0.780 0.855
全高(m) 1.205 1.185
軸距(m) 1.455
最低地上高(m) 0.150 0.145
車両重量(kg) 216 214
乾燥重量(kg) 198 200
乗車定員(人) 2
燃費(km/L) 33(60km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ) 0.46(約25°)
最小回転半径(m) 2.4
エンジン型式 GL400E
(水冷4サイクルOHV・V型2気筒)
GL500E
(水冷4サイクルOHV・V型2気筒)
総排気量(cm3) 396 496
内径×行程(mm) 730×47.4 780×52.0
圧縮比 10.0
最高出力(PS/rpm) 40/9,500 48/9,000
最大トルク(kg-m/rpm) 3.2/7,500 4.1/7,000
始動方法 セルフ式
点火方式 トランジスタ式
潤滑方法 圧送式、飛沫式併用
潤滑油容量(L) 3.0
燃料タンク容量(L) 17 12
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式(5段リターン)
変速比 1速 2.733
2速 1.850
3速 1.416
4速 1.148
5速 0.966
タイヤサイズ 3.25S19-4PR 3.50S19-4PR
3.75S18-4PR 130/90-16 67S
ブレーキ形式 油圧式ディスク(ダブル)
ロッド式リーディングトレーリング
懸架方式 テレスコピック
(円筒空気バネ併用〓面装〓)
スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド


プレスルームへプレスインフォメーションへ