プレスインフォメーションへ
1980年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1980年の目次へ

二輪製品ニュース


1980年5月20日
風格あるアメリカンスタイルの大型2輪車
「ホンダ750カスタムエクスクルーシブ」を発売
「ホンダCB750K/F」両タイプも一部装備を変更して発売


 本田技研工業(株)は、ゆったりした乗り心地と、堂々たる風格をもつアメリカンスタイルの 大型2輪車「ホンダ750カスタムエクスクルーシブ」を新設定、同時に「ホンダCB750K /F」両タイプの一部装備を充実して6月2日より発売する。

 この「ホンダ750カスタムエクスクルーシブ」は、重厚感あふれる4本マフラー、大型ハン ドル、足がつきやすい低いシート、洗練されたボディカラー(ツートーンカラー仕上げ)、前輪 2後輪1の計3個(トリプル)のディスクブレーキなどを採用して、市街地や高速道路でも余裕 ある走りが楽しめるアメリカンスタイルの最上級大型2輪車である。
 また、「CB750K」タイプは、前輪をダブルディスクブレーキとしたほか、ボディのスト ライプデザインを変更した。「CB750F」タイプは、ハロゲンヘッドライトの採用や、リヤ ブレーキパッドの厚みを増してより耐久性を高めるなど、装備の充実を図った。
 なお、国内販売計画は「750カスタムエクスクルーシブ」を1,200台の限定販売予定。「CB750K/F」両タイプは年間9,800台を予定。

CB750カスタムエクスクルーシブ
CB750カスタムエクスクルーシブ

◎ホンダ750カスタムエクスクルーシブの主な特長
○エンジン
総排気量748CC、最高出力65馬力/9,000回転のDOHC・4気筒・16バルブエン ジンを搭載。低中速域でのトルクを高め、低速から高速までスムーズな運転性能を発揮する。

○車 体
低いシート高を可能にした新設計の軽量で剛性の高いダブルクレードルフレーム。

○ブレーキ
高速時にも安定した制動力を発揮する前輪ダブル、後輪シングルのトリプルディスクブレーキ。

○サスペンション
路面状況、荷重、スピードなどに応じて最適な調整ができる減衰力調整機構付FVQダンパーをリヤに採用。

○デザイン
大型ハンドル、足がつきやすく乗り心地のよい茶色地表皮の低い段付シートを採用。美しい曲線 の涙滴型タンク、重厚感あふれる4本マフラー、黒塗りでスポーク部が銀色の総アルミ製コムスターホイールなどにより重厚なサイドビューを構成。また、タンク、サイドカバー、フェンダー をツートンカラーで統一し落ち着きあるボディカラーとしたほか、各部にクロームメッキを施すなど全体を風格ある車体デザインとした。

○各種装備
グリップを握ったままで操作できる機能的な手元チョークの採用。
チェンジレバー、ステップ、リヤブレーキペダルに軽量で堅牢なジュラルミン鍛造品を採用。
ハロゲンヘッドライトを装備。
しなやかさと剛性をあわせもつ軽量の総アルミ製コムスターホイールに、より安全性の高いチューブレスタイヤを装着。


価 格
タイプ 750カスタム
エクスクルーシブ
CB750K CB750F
標準現金価格 638,000 538,000 548,000
※北海道価格は各タイプとも7千円高。


主要諸元表
機種
項目
750カスタム
エクスクルーシブ
CB750K
CB750F
全長×全幅×全高(m)
2.290×0.880×1.195
2.225×0.885×1.150
2.190×0.795×1.125
軸距 (m)
1.540
1.515
最低地上高 (m)
0.135
0.145
0.150
車両重量〈〉乾燥(kg)
252〈236〉
253〈234〉
247〈228〉
燃料タンク容量 (L)
16
20
燃料焼費率(km/L)
32(60km/h定地走行テスト値)
エンジン
空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量 (cm3)
748
内径×行程 (mm)
62×62
最高出力(ps/rpm)
65/9000
68/9000
最大トルク(kg-m/rpm)
5.9/7000
5.9/8000
変速機形式
常時噛合式5段リターン
フレーム形式
ダブルクレードル
タイヤサイズ (前)
110/90-19 62H
3.25H19-4PR
(後)
130/90-16 67H
4.00H18-4PR
ブレーキ形式   (前)
油圧ダブルディスク
油圧ダブルディスク
油圧ダブルディスク
(後)
油圧ディスク
リーディングトレーリング
油圧ディスク



プレスルームへプレスインフォメーションへ