プレスインフォメーションへ
1979年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1979年の目次へ

二輪製品ニュース
1979年7月20日
運動性能にすぐれたロードスポーツ車
ホンダ ホークCB250Nを発売


 本田技研工業(株)は、好評のホンダホークシリーズに、走行性能のすぐれた、新鮮な車体デザインのスポーツ車「ホンダ ホークCB250N」を加え、7月21日より発売する。

 このホンダ ホークCB250Nは、軽快な操縦性で好評のホンダ〈ホークCB250T〉をも とに、6速ミッション、前輪ダブルディスクブレーキを装備するなど、走りに徹したスポーツモ デルの2輪車として開発したものである。
 また、このホンダホークCB250Nには、アップハンドルとセミフラットハンドルを用意し ている。

 なお、生産計画は、年産21,000台(輸出を含む)を予定している。
 標準現金価格は、339,000円(北海道、一部離島を除く)である。

ホークCB250N
ホークCB250N

 ホンダホークシリーズは、このホークCB250Nと、ホークCB250T、ホークIICB400T、ホークII CB400Tホンダマチック付、ホークIIICB400Nで5タ イプがそろい一段と充実、より巾広いユーザーに応えられるものとなった。


◎主な特長

○エンジン
排気量249cc、OHC2気筒6バルブ、26馬力の高性能エンジンを搭載。
適切な駆動力を引きだす6速ミッションを装備、エンジン性能とあいまって、卓越した走りを発揮する。
点火装置には、確実な点火と、メンテナンスフリーのCDI方式を採用。

○車 体
燃料タンク、低くスリムなシート、後方に位置したフートレストなど、軽快で新鮮な車体デザインとしている。
軽量なうえ、適度のしなやかさと剛性をかねそなえた、コムスターホイールを採用。さらに、偏平タイヤ、ショック吸収性のよい前後サスペンションなどとあいまって、路面追従性にすぐれた軽快な走行、俊敏な操縦性を可能としている。
ブレーキは、走行性能の向上にともない、前輪ダブルディスクブレーキを装備、適確な制動能力を得て、余裕のある走行が楽しめる。
ブレーキ液の確認しやすいマスターシリンダータンク、視認性のよい大型インジケーターランプを採用するなど、安全走行への細心の配慮も行っている。


ホーク CB250N 主要諸元
全長 (m)
2.100
全幅 (m)
0.820(0.740)
全高 (m)
1.115(1.085)
軸距 (m)
1.395
車両重量 (kg)
整備:185,乾燥172
最小回転半径 (m)
2.2
燃料タンク容量 (L)
14
燃料消費率 (km/L)(50km/h定地走行テスト値)
40
登坂能力 (tanθ)
0.42
エンジン形式
空冷4サイクルOHC2気筒
総排気量 (cm3)
249
内径×行程 (mm)
62.0×41.4
圧縮比
9.4
最高出力 (PS/rpm)
26/10,000
最大トルク (kg-m/rpm)
2.0/8,500
始動方式
セルフ式キック式併用
潤滑方式
圧送式飛沫式併用
潤滑油容量 (L)
3.0
一次減速比
3.125
変速比 1速
2.733
2速
1.947
3速
1.545
4速
1.280
5速
1.074
6速
0.931
最終減速比
2.733
フレーム形式
ダイヤモンド式
懸架方式 (前)
テレスコピック式
懸架方式 (後)
スイングアーム式
キャスター (度)
27°00′
トレール (mm)
92
タイヤサイズ (前)
3.60S18-4PR
(後)
4.10S18-4PR
ブレーキ形式 (前)
油圧式ダブルディスク
(後)
機械式リーディングトレーリング
( )内はアップハンドル



プレスルームへプレスインフォメーションへ