プレスインフォメーションへ
1979年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1979年の目次へ

二輪製品ニュース
1979年4月10日
斬新なスタイルの中型2輪車
「ホンダ ウイング GL−400カスタム」と
「同 GL−500カスタム」の2機種を発売


 本田技研工業(株)は、ホンダ ウイングGLシリーズに、ゆったりした乗り味が楽しめる ファッショナブルなスタイルの中型2輪車「ホンダウイング GL−400カスタム」、「同  GL−500カスタム」の2機種を新たに加え発売する。(54年騒音規制適合)  発売日は、「GL−400カスタム」が4月20日から、「GL−500カスタム」は5月1 日からである。

 この両機種は、水冷V型2気筒エンジン、シャフトドライブ機構など数多くのユニークなメカ ニズムで好評のホンダ ウイングGLシリーズをベースに、ティアドロップ(涙滴型)タンク、 スポーティなマフラー、より低い段付シートなどを装備した、市街地で、郊外で、ゆったりと乗 れるアメリカンスタイルの2輪車である。
 また、従来のホンダ ウイング「GL−400」「GL−500」も54年騒音規制に適合さ せた。

ウイング GL500カスタム ウイング GL400カスタム
ウイング GL500カスタム ウイング GL400カスタム

  なお、生産計画は月産
  「GL−400カスタム」   400台(国内向けのみ)
  「GL−500カスタム」 1,300台(輸出を含む)を予定している。

 標準現金価格は、(北海道・一部離島を除く)
  「GL−400カスタム」 438000円
  「GL−500カスタム」 458000円、である。


◎両機種の主な特長
低く、座り心地の良い段付シートとアップハンドルの採用により、足がつきやすくゆったりとしたライディングポジションが得られる。
細身のティアドロップ(涙滴型)タンク。軽快でスポーティなデザインのマフラー。高級感あるアルミニウム合金のラジエターカバー。セパレートタイプの速度計と回転計、などがあいまって斬新でファッショナブルなスタイルとなった。
「GL−500カスタム」には、オールアルミ製の精稈なニュー ブラックコムスター、路面接地性が高く快適な乗り心地の16インチワイド リヤタイヤを装着した。


主要諸元
 
GL 400 カスタム
GL 500 カスタム
全長(m)
2.165
2.170
全幅(m)

0.875

全高(m)
1.165
1.170
軸距(m)

1.455

最低地上高(m)
0.150
0.145
車両重量(kg)装備/乾燥
216/204
214/202
燃料タンク容量(L)

11

燃料消費率(km/L)(60km/h定地走行テスト値)

30

登坂能力(tanθ)

0.46

最小回転半径(m)

2.4

エンジン形式

V型水冷4サイクルOHV

総排気量(cm3)
396
496
内径×行程(mm)
73.0×47.4
78.0×52.0
圧縮比

10.0

最高出力(PS/rpm)
40/9,500
48/9,000
最大トルク(kg-m/rpm)
3.2/7,500
4.1/7,000
始動方式

セルフ式

変速比 1速

2.733

2速

1.850

3速

1.416

4速

1.148

5速
0.966
0.931
一次減速比
2.452
2.242
最終減速比

3.090

フレーム形式

ダイヤモンド式

キャスター(度)
26°30′
27°00′
トレール(mm)

100

タイヤサイズ (前)
3.25S19-4PR
3.50S19-4PR
(後)
3.75S18-4PR
130/90-16-67S
ブレーキ形式 (前)

油圧式ディスク

(後)

ロッド式リーディングトレーリング



プレスルームへプレスインフォメーションへ