プレスインフォメーションへ
1978年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1978年の目次へ

二輪製品ニュース
1978年8月2日
個性派レジャーバイク
ホンダ ゴリラを新発売
ホンダ モンキーも一部改良して発売


 本田技研工業(株)は、レジャーや遠乗りなど、巾広い用途に適したユニークなスタイルの5 0CCバイク〈ホンダ ゴリラ〉を、8月3日より発売する。  また、〈ホンダ モンキー〉もシートなど一部改良し、同日より発売する。

 これらのレジャーバイクは、2輪車の新しい分野としてホンダが開発。特にホンダ モンキー は、その先鞭をつけたバイクで、個性的スタイルや使い勝手のよさが好評を得ている。
 今回のホンダ ゴリラの発売で、ホンダのレジャーバイクシリーズは5機種9タイプとなり、 より一層充実することになった。

 なお、生産台数は2タイプで月産7,500台(うち国内5,000台)を予定している。

 標準現金価格は、
ホンダ ゴリラ   108,000円
ホンダ モンキー  100,000円である。

ゴリラ モンキー
ゴリラ モンキー

◎ホンダ ゴリラの主な特長
信頼性の高い4サイクルOHCエンジンを搭載。マニュアル クラッチ、4速ミッション、好みのペインティングなども可能な大容量9L燃料タンクを装備するなど、遠乗りもできる設計としている。
車体前後に荷物や遊び道具を積めるキャリアを備え、行き先で第2の目的を味える要素をもたせ、レジャーの巾を広げている。
明るく大きなヘッドライト、視認性にすぐれた大きなウインカーランプ、手元にまとめた操作のしやすいスイッチ類、坐り心地のよいシートなどを採用。


◎ホンダ モンキーの主な特長
従来からのユニークさはそのままに、新設計の車体デザインを採用。ハンドルを折りたためば、小型乗用車などで目的地まで運ぶことも可能な小型、軽量の設計である。


主要諸元
 
モンキー
ゴリラ
全長 (m)
1.340
1.365
全幅 (m)
0.600
0.625
全高 (m)
0.845
0.875
軸距 (m)

0.895

最低地上高 (m)

0.150

車輌重量 (kg)
63(装備) 58(乾燥)
67(装備) 59(乾燥)
燃料タンク容量(L)
5.0
9.0
燃料消費率(km/L)(30km/h定地走行テスト値)
65
70
登坂能力(tanθ)

0.32

最小回転半径(m)

1.4

エンジン形式

空冷4サイクルC・H・C単気筒

総排気量(cm3)

49

内径×行程(mm)

39.0×41.4

圧縮比

8.8

最高出力(PS/rpm)

2.6/7,000

最大トルク(kg-m/rpm)

0.3/5,000

始動方式
キック
キック
クラッチ形式
湿式多板自動遠心式
湿式単板コイルスプリング
変速機形式

常時噛合式

変速比 1速
3.181
2.692
2速

1.823

3速
1.190
1.300
4速
0.958
一次減速比
3.722
4.312
最終減速比
3.083
2.583
フレーム形式

バックボーン式

タイアサイズ(前・後とも)

3.50-8-2PR

ブレーキ形式 (前)

ワイヤ式リーディングトレーリング

(後)

ロッド式リーディングトレーリング



プレスルームへプレスインフォメーションへ