プレスインフォメーションへ
1978年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1978年の目次へ

二輪製品ニュース
1978年3月9日
中排気量2輪車
ホンダ ウィング〈GL400〉
ホンダ ホークII〈CB400T〉
2機種を新発売

 本田技研工業(株)は、遠乗りとスポーティ走行の2つの性格をあわせ持つ新しい2輪車 ホ ンダ ウィング〈GL400〉と、軽快なスポーツ車として好評のホンダ ホークII〈CB4 00T〉のタンクデザインを一新して、昭和53年3月10日より発売する。

 このホンダ ウィング〈GL400〉は、昨年12月に発表した新しい2輪車〈GL500〉 の姉妹車で、強力な動力性能と、軽快な操縦性を持つホークII〈CB400T〉とともに、こ のクラスを充実させる個性的なクルマとして開発したものである。


なお、生産計画は月産
  〈GL400〉  8百台(国内のみ)
  〈CB400T〉 6千台(輸出を含む)を予定している。

標準現金価格
  〈GL400〉  438,000円
  〈CB400T〉 319,000円 である。

GL400 ホークII CB400T
GL400 ホークII CB400T


◎ホンダ ウィング〈GL400〉の主な特長

 先に発売した〈GL500〉同様、水冷V型2気筒の高性能エンジンを搭載し、静かで整備性のよいシャフト・ドライブ式駆動方法を採用するなど、俊敏な性能を持ちながら、遠乗りにも快適な中排気量スポーツタイプ・ツーリング車である。
 水冷4サイクルのV型2気筒エンジンは、1気筒あたり4バルブを持ち、396CCの排気量 から40馬力という高出力を得ている。1リッター当り百馬力を越す出力を持ちながら、低中速から高速までスムーズな特性を持ち、FVQダンパーを後輪サスペンションに装備していること とあいまって、振動の少ない快適な乗り心地と、優れた操縦性を得ている。新しい2輪車〈GL 500〉の姉妹車として、広く2輪車ファンの期待に応えるものである。


◎ホンダ ホークII〈CB400T〉の主な特長

 気筒あたり2個の吸気バルブ、2into1タイプのチャンバーを持つ排気システム、CDI 点火装置などを装備したショート・ストロークの40馬力高出力エンジンを搭載している。さらに、従来車に加え〈GL500〉同様、接地性が高くショック吸収性の優れたFVQダンパーを 後輪サスペンションに採用した優れた操縦性とがあいまった、軽快で俊敏なスポーティ車である。


主要諸元
 
GL400
CB400T(スタンダードII)
全長(m) 2.185 2.150
全幅(m) 0.865 0.840
全高(m) 1.175 1.180
軸距(m) 1.455 1.390
最低地上高(m) 0.150 0.165
車両重量(kg) 218 181
燃料タンク容量(L) 17 13
燃料消費率(km/L) (60km/h定地走行テスト値) 30 36
登坂能力(tanθ)

0.46

0.46
最小回転半径(m) 2.4 2.2
エンジン形式 水冷4サイクルOHV V型 2気筒 空冷4サイクルOHC 2気筒
総排気量(cm3) 396 395
内径×行程(mm) 73.0×47.4 70.5×50.6
圧縮比 10.0 9.3
最高出力(PS/rpm)

40/9,500

40/9,500
最大トルク(kg-m/rpm) 3.2/7,500 3.2/8,000
始動方式 セルフ式 キック式・セルフ式併用
一次減速比 2.452 3.125
変速比 1速

2.733

2.733
2速

1.850

1.850
3速

1.416

1.416
4速

1.148

1.148
5速 0.966 0.965
最終減速比 3.090 2.312
フレーム形式

ダイヤモンド式

ダイヤモンド式
キャスター(度) 26°30′ 27°0′
トレール(mm) 100 100
タイアサイズ (前) 3.25S19-4PR 3.60S19-4PR
(後) 3.75S18-4PR 4.10S18-4PR
ブレーキ形式 (前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク
(後)

ロッド式
リーディングトレーリング

ロッド式
リーディングトレーリング



プレスルームへプレスインフォメーションへ