プレスインフォメーションへ
1978年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1978年の目次へ

二輪製品ニュース
1978年1月25日
手軽で楽しい2輪車
ホンダ ベンリイ〈CM125T〉
新発売

 本田技研工業(株)は、ゆったりと乗れるユーモラスなスタイルの2輪車ホンダ ベンリイ 〈CM125T〉を、昭和53年1月25日より発売する。

 このCM125Tは、ユニークなハンドル形状、両足が容易に地面につく低いシートや、低回 転でも使いやすいエンジンとがあいまって、のびのびとした走行が楽しめる。スポーティに走る、荷物を運ぶために乗る、といった今までの用途とは別の、気軽な使い勝手の楽しめる2輪車であ る。
 なお、生産計画は輸出を含み月産2千台を予定している。
 標準現金価格は219,000円である。

ベンリイ CM125T
ベンリイ CM125T

◎ホンダ ベンリイ〈CM125T〉の主な特長
 気軽に乗れるよう、低速トルクを重視した124CCセル・スターター付2気筒エンジンを使 用。
 安定感あふれるティアドロップ(涙型)タンクと、ライダー着座部が一段と低い(725mm) シートなど、個性豊かなデザイン。乗り心地の良い小径で巾の広いタイアで、小まわりもきく軽やかな操縦性。新しいレジャーをもたらす楽しいバイクである。
 特徴的なハンドル形状と、端をテーパー状(すそ広がりの円錐状)に太くしたすべりにくいグ リップで、腕と手首の疲れも少ない乗車姿勢が得られている。


CM125T 主要諸元
全長(m) 2.040
全幅(m) 0.830
全高(m) 1.130
軸距(m) 1.280
最低地上高(m) 0.145
車両重量(kg) 137
燃料タンク容量(L) 11
燃料消費率(km/L)(50km/h定地走行テスト値) 60
登坂能力(tanθ) 0.28
最小回転半径(m) 2.0
エンジン形式 空冷4サイクルOHC 2気筒
総排気量(cc) 124
内径×行程(mm) 44.0×41.0
圧縮比 9.4
最高出力(PS/rpm) 12/9,500
最大トルク(kg-m/rpm) 0.96/7,000
始動方式 キック式・セルフ式併用
一次減速比 3.833
変速比 1速 2.769
2速 1.722
3速 1.272
4速 1.000
最終減速比 2.600
フレーム形式 ダイアモンド式
キャスター(度) 28°0′
トレール(mm) 92
タイアサイズ (前) 3.00-17-4PR
(後) 3.50-16-4PR



プレスルームへプレスインフォメーションへ