プレスインフォメーションへ
1977年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1977年の目次へ

二輪製品ニュース
1977年5月12日
新発売
ホンダHAWK(ホーク)−II(CB 400T)


 本田技研工業(株)は、長年つちかってきた高度のエンジン技術をもとに、新しい魅力を持つ中排気量2輪車を開発《ホンダ HAWK−II》として新発売いたします。
 この〈ホンダ HAWK−II〉は、従来、このクラスでは満たせなかった、ハイウェイからラフロードまでの走行を余裕のある性能でこなす軽快な2輪車で、俊敏でワイドなスポーティさを兼ね備えた2輪車です。

HAWK-II (CB 400T) HAWK-II (CB 400T)
HAWK-II (CB 400T)

発売日  昭和52年5月25日
価 格    319,000円
        (標準現金価格)
生産計画     6,000台
       (輸出を含む月産)


〔製品の概要〕

 高度な燃焼技術を駆使して、これまで量産車には採用されなかった、超ショート・ストロークの40馬力高出力エンジンを実用化。
(1) 吸排気効率の良い3バルブ
(2) 2into1チャンバー、2マフラーの排気システム
(3) 確実な点火のためにCDI点火装置を採用 など、いろいろの新機構を取り入れ、リッター当り100馬力の強力なパワーを得ています。さらに、最適の走行バランスを得るために、重量の大きい部分を車体中央部に集め、オンロードからラフロードまで、あらゆる道路状況でも優れたハンドリング性能を備えています。

 ●余裕のあるハイウェイ走行
 ●軽快な都市内走行
 ●俊敏なラフロードの走破性  
〈ホンダ HAWK−II〉は、これらを同時に兼ね備えたスポーティ車です。


〔特徴の詳細〕

《性能・機能関係》

〈エンジン〉

1.40馬力/9,500回転の高回転高出力エンジンです。
(1) 内径は70.5mmと大きく、吸気効率のよいバルブ配列が得られ、高回転域(レッドゾーン10,000回転)までスムーズな吹き上がりが可能です。
(2) 吸気ポートは2個。750ccバイクなみの大口径(32φ相当)強制開閉式2連CVキャブレターから、パワー・チャンバーのついた集合タイプの2into1チャンバー、2マフラーの排気システムまで、優れた脈動効果で鋭いレスポンスと、低中速域にも高いトルクが得られています。
(3) 3バルブの採用などで慣性質量が少なく、フリクション(メカニカル・ロス)を減少させることにより、高回転にも追従できる超ショートストローク・シリンダーです。

2.2気筒特有の振動をバランサーで吸収し、騒音もおさえたサイレント・エンジンです。
(1) クランク軸に平行して左右対称位置にチェン駆動のバランサー・ウェイトを2個設置。クランク・シャフト、ピストンの往復運動慣性力に対し、反対方向に慣性力が作用するため、4気筒なみの振動です。
(2) 駆動騒音の低減効果が大きいサイレント・カムチェーンを採用。2into1チャンバー、2マフラーの排気システム、大型 (5L)エアクリーナー・ケースなどの組み合わせで、吸排気音も減少しています。

3. 始動性が良くメインテナンスの容易なエンジンです。 始動時にも、バッテリーの状態が気にならないCDI点火システムを採用。ポイントとカムを使い、遠心式ガバナーで進角させるのではなく、電気進角式CDIにより点火時期が狂わないうえ、常に強力な火花が得られ、高圧縮比に対して充分な着火能力を与えています。ACG(交流発電機)の発電容量も14.5Aと大きく、バッテリー上りの心配は殆んどありません。


〈フレーム〉

1. パワー・ユニットなどの重量物を車体中心部にまとめた、集中レイアウトによるライダーとの一体化で安定感ある操縦性です。
2. 高い最低地上高(165mm)と、路面変化に対する応答性が良い新パターンの太く大きいタイア(前輪:3.60−19/後輪:4.10−18)で、ハイウェイばかりでなくラフロードも気軽に走れます。
3. 剛性が高く、適度の柔軟性を持つため操安性が良く、メインテナンス・フリーのコムスター・ホイールをCB750FOUR−IIについて採用。
4. ハイウェイからラフロードまでを走る特性に合わせ、大型巾広のゆったりしたシートは、リラックスしたライディング・ポジションが得られています。


《取り扱い性と安全への配慮》

1. ハンドル中央部に設けたコンビネーション・スイッチは、使い易い両面タイプのキイです。
2. 上級クラスなみ(50/40W 150φ)の明かるいヘッド・ライトを採用。


CB400T 主要諸元
全長(m) 2.150
全幅(m) 0.840
全高(m) 1.180
軸距(m) 1.390
最低地上高(m) 0.165
車両重量(kg) 181
燃費(km/L)(60km/h定地走行テスト値) 36
登坂能力(tanθ) 0.46
最小回転半径(m) 2.2
エンジン形式 空冷4ストロークOHC 2気筒
総排気量(cc) 395
内径×行程(mm) 70.5×50.6
圧縮比 9.3
最高出力(PS/rpm) 40/9,500
最大トルク(kg-m/rpm) 3.2/8,000
キャブレター 強制開閉CV式2連
始動方式 キック式・セルフ式併用
潤滑方式 圧送式・飛沫式併用
潤滑油容量(L) 3.0
燃料タンク容量(L) 14
クラッチ形式 湿式多板、コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速機操作方式 左足動式
一次減速比 3.125
変速比 1速 2.733
2速 1.850
3速 1.416
4速 1.148
5速 0.965
最終減速比 2.312
フレーム形式 ダイアモンド式
懸架方式(前) テレスコピック式
懸架方式(後) スイングアーム式
キャスター(度) 27°0′
トレール(mm) 100
タイアサイズ (前) 3.60S19-4PR
(後) 4.10S18-4PR
ブレーキ形式 (前) 油圧式ディスク
(後) ロッド式リーディングトレーリング


プレスルームへプレスインフォメーションへ