プレスインフォメーションへ
1977年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1977年の目次へ

二輪製品ニュース
1977年2月17日
新発売
クイック・スターター付
ロードパルL(NC50L)

 本田技研工業(株)は、ご好評をいただいているロードパルの新しいタイプとして、 《ロードパルL》を発売いたします。

 この《ロードパルL》は、新たにユニークな自動巻き始動機構(クィック・スターター)や大型シートを採用。より使いやすさが向上しました。

 ロードパルは昨年2月発売以来、既に25万台を販売。これまでになかったカテゴリーのファミリーバイクとして2輪車の新しい需要層にご愛用をいただいております。

 
ロードパルL
ロードパルL

発売日  昭和52年2月17日
価 格     64,800円
        (標準現金価格)
生産計画 月産 15,000台
         (輸出を含む)


 この《ロードパルL》は、既に“ラッタッタ”でおなじみのタップ・スターターのほかに、腕時計の自動巻と同様のクィック・スターターを装着したロードパルです。この機構の採用で、走行中に始動機構のゼンマイが巻かれるため、タップ・スターターを踏む始動操作の手間が少なくなっています。


〔製品の概要〕

新しく自動巻機構を採用したことにより、後輪が約30m前進あるいは後退する(約21回転)だけで1回始動分のゼンマイが自動的に巻け、通常の走行ではタップ・スターターは殆んど使用しなくとも始動が可能です。エンジン・スタートは左手でボタンを押しながらブレーキ・レバーを握るだけでOKです。
シートは大型で、ゆったりと余裕のあるすわり心地です。メタリックの車体色と調和するツー・トーンのカラーリングを採用しました。
従来から装着率の高かったフロント・バスケットを標準装備とし、より便利さが増しました。


〔参 考〕
ロードパル・クラスの2輪車の免許証取得は、実地試験が無く、法規関係のペーパー・テストに合格すれば交付されます。免許教室は全国各地の販売店で実施されており、比較的容易に取得することが可能になっています。
ロードパルを含む50ccクラスのバイクは、2輪車国内販売の84%を占めております。


ロードパルL(NC50L)主要諸元
全長 (m) 1.545
全幅 (m) 0.600
全高 (m) 0.985
軸距 (m) 1.050
最低地上高(m) 0.120
車両重量 (kg) 48
燃費 (km/L)(30km/h時定地走行テスト値) 75
登坂能力 (tanθ) 0.17
最小回転半径 (m) 1.5
エンジン形式 空冷2ストローク単気筒
総排気量 (cc) 49
内径×行程 (mm) 40.0×39.6
圧縮比 6.7
最高出力 (PS/rpm) 2.2/5,500
最大トルク(kg-m/rpm) 0.37/3,500
始動方式 蓄力式
潤滑方式 分離潤滑式
潤滑油容量(L) 0.8
燃料タンク容量(L) 2.0
クラッチ形式 湿式自動遠心シュータイプ
1次減速比 2.142
最終減速比 6.636
フレーム形式 低床バックボーン式
懸架方式 前:テレスコピック式 後:スイングアーム式
キャスター(度) 67°00′
トレール (mm) 70
タイアサイズ 前後とも2.00-14-4PR



プレスルームへプレスインフォメーションへ