プレスインフォメーションへ
1968年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1968年の目次へ


二輪製品ニュース


1968年8月13日
〔新製品〕
ホンダCT50
〔ニュータイプ〕
ホンダスーパーカブC90/C90M


 ホンダではこのたび、新製品「ホンダCT50」、ニュータイプ「ホンダC90」、「同90M」 の3種を発売することになりました。

「ホンダCT50」は、2輪車で初めての副変速機〈スーパートルク〉を採用し、大量積載や登 坂性能にすぐれ、ユニークな車体機構により、釣り、キャンプ、狩猟のレジャーから、河川、森林、ダムなどの工事、山間部の業務用として、我国で初めて登場した個性的な2輪車です。

「スーパーカブC90」、「C90M(セル付き)」は、“カブ一番の力持ち”として、既にご 好評頂いておりますが、〈ポジションライト〉などの新設による安全性、豊富な装備による美用性をさらに追求、装いも豪華なビジネスカブとして新たに登場させました。生産計画は当初CT50月産10,000台、C90、C90M月産6,000台を予定しております。

ホンダCT50
   ¥65,000   発 売 8月20日

ホンダスーパーカブC90
   ¥76,000   発 売 8月20日

ホンダスーパーカブC90M
   ¥83,000   発 売 9月20日

  (価格はいずれも全国標準現金価格)


《新製品ご案内》

安全性・扱いやすさをさらに追求
〈ニュータイプ〉スーパーカブC90/C90M(セルダイ付)

スーパーカブは、昨年総生産台数500万台突破、単機種で世界新記録をうちたてました。持ち まえの親しみやすさで国内はもちろん、世界の人々の足として愛用され、ますます信頼を高めております。
中でも、“一番の力もち”で好評のスーパーカブ90は扱いやすさ、力強さ、走行安定性にすぐ れた安全な車として広く活用されていますが、このほどさらに豊富な装備で実用性を追求、〈ポジションライト〉の新設など、とくに安全面への配慮を加え、装いも豪華なビジネスカブとして登場いたします。
セル始動の〈ニュータイプ〉C90Mも同時発売。これで50、65、90各クラスともセル付 が揃いました。

●ビジネス本位の新装備
衣服をよごさず乗り降りの容易なフロントカバースタイル低床式フレーム。新たにメッキパイプの頑丈な大型キャリヤを装備、また駐車に便利なサイドスタンドも新設、ビジネスの機動性を一段と高めています。フロントカバー内側には手提げカバンや小荷物を吊下げられるフックを2ケ加えました。サイドカバーには商店名記入のスペースを確保するなど、あらゆる点で扱 い易くなっています。
リヤークッションには路面追従性が抜群にすぐれたカルボンタイプを採用、ソフトなクッションで悪路も快適、長時間走行にも疲れません。

●安全性向上!
2輪車初の“ポジションライト”
前面からの位置確認を容易にし、安全性を高める〈ポジションライト〉をフロント中央に新設、カブ独特の親しみ易いフロントビュに新らしい機能が加わりました。前照灯スイッチと連動でき、雨天・薄暮の走行に、交叉点の一時停止に車の位置を知らせ、より安全に運転できます。
音色のさえたうず巻ホーンを採用。大型ウインカーレンズはさらに配光を考慮した新設計で明るさを増し確認も容易です。
大きく明るいウインカーパイロットを新設。ニュートラルパイロットとともに速度計に組込み、見やすく安全、乗用車並みの豪華装備です。しかも走行中のスイッチ操作は、すべてハンドルに集中するなど、細部にわたって安全性の追求を進めています。

●暗がりの始動に便利な〈キーライト〉を特設
停車時のホーンボタンは〈キーライト〉スイッチを兼用します。右側ウインカーとサイドカバーに特設のキーライトが同時に点灯し、ハンドルロックとメインスイッチを明るく照らし出し鍵 の挿入がラク。

●よりたくましく装いも豪華
フロント・ビュー側面のカバー類など各部を豪華なメッキでリ・ファイン、親しみやすいカブのイメージをそのままに、一段と力強く精悍さを加えました。車体色は、軽快な色調のボルドーレッドとラットグレーの2種、ビジネスをはじめ通勤ツーリングにも巾広い用途に映える配色です。
ねばり強さで定評のある4サイクルエンジン
静かで耐久性のある4サイクルOHCエンジンを搭載。最高出力7.5馬力、最高時速95Km、登坂加速とも十分な余ゆうをもち、重量物の運搬や過酷な運転にもつねに高い機動性を発揮します。3段ミッション、自動遠心クラッチつき、カブな らではの乗り易さです。
   外観四面図



プレスルームへプレスインフォメーションへ