モーターサイクル・グラフィティ 時代を駈け抜けたバイクたち
TOP > Super Cub C100

(注): 写真は掲載当時のもので、バイク乗車時のヘルメット着用が義務づけられていない 時代でした。
現在は安全運転のため、ヘルメットの着用が法的に義務づけられています。

瞬く間に世間に受け入れられたバイク。

1958年(昭和33年)、一台のエポックメイキングなバイクが誕生した。その名は、スーパーカブC100。低床バックボーン式フレームに大型レッグシールド、自動遠心クラッチの3速ミッション、そして空冷4ストロークOHVエンジンを搭載した、スーパーカブの初代モデルである。
50ccの小排気量ながら素晴らしい高性能を発揮するうえ、使い勝手にも優れ、しかも低価格…。それまでのバイクにはなかった魅力を数多く備えた乗り物だっただけに、バイク好きはもちろん、瞬く間に一般庶民にも受け入れられ、仕事や遊びの足として大いに活用されることとなった。

1958年 Super Cub C100
1958年 Super Cub C100


ヨーロッパ視察で議論を重ねる。

スーパーカブ誕生の2年前となる1956年(昭和31年)、創業者の本田宗一郎と専務の藤澤武夫は、ヨーロッパ視察へと向かう。今後のHondaの新基軸となる二輪車のアイデアやヒントを得るために、スクーターや小型バイクの本場であり、モペット(自転車のペダルが付いたモーターバイク)が大ブームであったヨーロッパの様子をその目で確かめようとしたのだ。
二人は約2ヶ月の間、これからの時代の乗り物はどんなものであるべきかを議論しながらヨーロッパ各国を巡り、ひとつの結論に達した。「小型で強力なエンジンを備え、実用的で安く、維持費も少なく、軽くて操縦性に優れた乗り物。しかも女性にも乗りやすく、出前持ちが片手でも楽に運転できる、そんな乗り物をつくろう」。 さらに藤澤武夫は、敗戦から10年ほどしかたっていない日本の事情や当時のHondaの規模からすれば無理難題ともいえる「世界へ向けて自信を持って輸出できる商品の大量生産」も実現させようと考えていた。
そして二人が帰国するやいなや、本田宗一郎とHondaの若き技術者たちにより、スーパーカブの設計・試作が開始された。

1959年 カタログ
1959年 カタログ
1959年 カタログ
1959年 カタログ (注)

小排気量4ストロークエンジンに挑戦。

当時、小排気量の乗り物は2ストロークエンジンが主流だったが、本田宗一郎は量産が困難とされていた排気量50cc の4ストロークエンジンの開発にあえて挑戦する。そして、小さなボアに大きなバルブが配置できるようプラグサイズにまでこだわるなど、さまざまな創意工夫と試行錯誤を重ねた結果、出力や燃費、静粛性に優れた50cc空冷4ストロークOHVエンジンの開発に成功した。
エンジンと同時に試作を進めたクラッチ機構では、手を使わずに変速できる画期的な自動遠心クラッチを開発。ほかにも、タフな走りと快適な乗り心地のためにフロントサスペンションはボトムリンク式を採用。前後のタイヤは操縦安定性や未舗装路での走破性、停めた時の足つき性なども考慮して、それまで量産されていなかった17インチタイヤを装備した。
また車体デザインにも力を注ぎ、女性でも気軽に乗れるステップスルーの低床バックボーン式フレーム、それまでに例のない樹脂素材を使ったレッグシールドやフロントフェンダーを採用し、機能的かつ親しみやすいデザインを実現。もちろん本田宗一郎は開発全般に関わり、ぬかるんだ道を自らテスト走行し、泥はねのかかり具合などを入念にチェックするなど、そのこだわりは並々ならぬものがあった。
そして開発着手から約1年8ヶ月後の1958年(昭和33年)8月、ついにスーパーカブC100は誕生する。エンジン、スタイル、乗りやすさ、使いやすさ、耐久性、経済性…。すべてにおいて「お客様の満足第一」を求めたそのバイクは、オートバイでもスクーターでもない、まさしく新しい時代の乗り物として日本はおろか、世界中の人々に受け入れられていった。

1962年 カタログ
1962年 カタログ (注)
1958年 カタログ
1958年 カタログ

スーパーカブの普及に貢献した広告。

「スーパーカブは、そば屋に向いている」。本田宗一郎の言葉をもとに、今も現存する東京のそば屋「兵隊家」さんの協力で、「働くカブ」を題材に1960年(昭和35年)に制作された週刊誌広告がある。バイクの製品広告として初めて一般の週刊誌等に掲載され、配達用のバイクとしてそば屋さんをはじめとする全国の商店に普及するきっかけのひとつとなった。
また広告では、アメリカでのバイクのイメージを一新し、お洒落な乗り物として広く認知されることを狙った「ナイセストピープル」キャンペーンも有名である。アメリカへ進出したばかりのHondaを躍進させ、それまで決して良いイメージではなかったバイクという乗り物の社会的地位までも向上させたのだ。

1960年 週刊誌広告
1960年 週刊誌広告 (注)
1960年 週刊誌広告
1960年 週刊誌広告 (注)
米国LIFE誌広告
米国LIFE誌広告 (注)

世界最多の累計6,000万台を達成。

今やカブシリーズは世界15ヵ国で生産、のべ160ヵ国以上の人々に愛用されており、2008年4月には実に生産累計台数6,000万台(Honda調べ)を達成。この数字は、基本設計を変えていないエンジン付きの乗り物で世界最多の記録である。誕生して50年が経つスーパーカブ。少しずつ成長しながら、これからも世界の道を走り続けることだろう。

2008年 カタログ
2008年 カタログ

資料提供は、全て < (株)東京グラフィックデザイナーズ >のご協力によるものです。
写真、資料の無断転載に付きましては、固く断り申し上げます。
※値段、スペック、諸元は、全て発表当時の数値です。