Hondaホームページへmotor-roots vfr750r

解説
RVFの技術をそのまま市販車にフィードバックしようと考えられたワークスレーサーレプリカがRC30。市販車をプロダクションレースに使うというより、レーサーに保安部品をつけたと考えたほうがわかりやすい。VFR750Fの180度クランクを360度クランクに変更し、チタンコンロッドやカムギアトレーン、片持ちプロアームなど、コストを度外視したパーツを1台ずつ手作りで生産された。 VFR750R
仕様
全長:2045mm 全幅:700mm 全高:1100mm 軸距:1410mm シート高:785mm 車重:180kg(乾) 水冷4ストロークV型4気筒748cc 最高出力:77ps/9500rpm 最大トルク:7.1kg-m/7000rpm タイヤ:F=120/70-17、R=170/60-18 発売当時価格('87):148万円
コメント
「開発チームの主張と営業の主張とが過去に例を見ないほど大きく隔たっていたモデルだ。あのときもし本多主研の直訴がなかったら、また川本社長の決断がなかったらこの世に生まれてこなかったバイクだったかも」
閉じる


フッタ
ホームへ 検索へ お客様窓口へ ご意見・ご感想へ マップへ ホットニュースへ ホームへ