運転免許不要
カタログを見る

  • トップ
  • スタイル
  • 簡単操作
  • 快適・安心
  • 主要諸元
  • オプション
  • 操作映像

  • 安全にお乗り頂くために
  • モンパル開発者インタビュー
  • よくある質問

安全にお乗り頂くために

モンパルは歩行者として扱われますので、運転免許は不要です。
交通ルール、マナー、走行上の注意を守って安全にご利用ください。

走行上の注意
安全にお乗りいただくために、以下のことをお守り下さい。
乗車時の注意   坂道での注意
走工事の注意   踏切での注意
降車時の注意   こんなときは慌てずに
交差点での注意    
 
モンパルなら、安心してお乗りいただけます。

モンパルを安全にご利用いただくために、正しい操作 方法や乗り方の講習を実施しています。 初めての方でも、モンパルを使用してわかりやすく、ていねいに指導しますから安心です。くわしくは、モンパル取扱店にお問い合わせください。

 
  再生ボタンをクリックすると、安全運転講習ビデオをご覧いただけます。
 
 
 
1. 乗車時の注意
 

・服装は目立つよう色にしましょう

・明るい色の服装
・長袖長ズボン
・運動靴
このような服装は安全・快適、また事故防止や疲労軽減にもつながります。また、季節によっては手袋の着用もお薦めします。

・点検しましょう

タイヤがすり減っていませんか?後方や周りは安全ですか?確認をしましょう。

・平坦な場所で乗車しましょう

平坦な場所で乗車してください。モンパルの右側に立ち、お尻から乗車しましょう。

・速度設定ノブを確認しましょう

速度設定ノブが2km/h以下になっていることを確認して、鍵を差し込んで右に回してください。

・バッテリー残量を確認しましょう

必ずバッテリーの残量を確認してください。ランプが残り1つになっていたら、充電をしてから走行しましょう。

 
 
2. 走行時の注意
 

・安全を確認してゆっくり発進しましょう

駐車ブレーキを解除し、後方の安全を確認してからゆっくりレバーを押し下げてください。

・歩道を走行しましょう

歩道のある道は歩道を走行してください。脱輪しないように、歩道の端から30センチメートル以上離れて走行しましょう。

・歩道のない道は右側を走りましょう

歩道のない道は、進行方向に向かって車道の右側を走るようにしましょう。

・走行時、速度設定ノブ操作は行わないでください

慣れるまで2km/h以下で走行しましょう。走行中に速度設定ノブの操作は行わないでください。

 
 
3. 降車時の注意
 

・平坦な場所で降車しましょう

降車時も平坦な場所で行いましょう。周囲の安全に気をつけて降車してください。

・鍵は必ず抜きましょう

降車したら、駐車ブレーキをかけて、鍵は必ず抜きましょう。

 
 
4. 交差点での注意
 

・信号に従って走行してください

信号のある交差点では必ず信号に従ってください。青は進んでも良い、それ以外は止まれです。歩行者信号の青信号が点滅していたら、次の青信号まで待ってください。

・必ず停止して安全を確認しましょう

信号のない交差点では、曲がり角の手前で必ず一旦停止してください。曲がり角でもう一度停止します。さらに車道の様子が見える場所でもう一度停車します。左右の安全をよく確認してください。

・車道と歩道の境目は直角に進入しましょう

車道から歩道に進入するとき、斜めに進入すると後輪が乗り上げて危険です。

・横断歩道をまっすぐに横断しましょう

道路を横断するときには必ず横断歩道を渡りましょう。道路を斜めに横断してはいけません。

 
 
5. 坂道での注意
 

・2km/hでまっすぐに走行しましょう

坂道では速度を2km/h以下にし、上りも下りも坂に対してまっすぐに走行しましょう。

・坂道では絶対に立ち上がらないでください

坂道を走行中に立ち上がると転倒の恐れもあり大変危険です。絶対にやめましょう。

 
 
6. 踏切での注意
 

・中央寄りを直角に渡ってください

踏切では一時停止をして左右の安全を確認します。そして、中央寄りを、線路に対して直角になるよう注意しながら渡ってください。

・介助者に同行してもらいましょう

複線踏切の横断には時間がかかります。介助者に同行してもらいましょう。

 
 
7. こんなときは慌てずに
 

・もしもバッテリーが切れてしまったら

まず電源を切り、駐車ブレーキをかけます。後方のクラッチレバーを「手押し」の位置にし、駐車ブレーキを解除したら、手で押せるようになります。そして、周囲の人の助けを借りましょう。

・もしも脱輪してしまったら

あわてずに、電源スイッチを切り、駐車ブレーキをかけましょう。そして周囲の人の助けを借りましょう。